【東京競馬場】特徴と馬券傾向データ

東京競馬場
画像引用:JRA
東京競馬場の馬券傾向データを距離別に、血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質の視点でまとめています。

東京競馬場の距離別の特徴と傾向を確認する

東京競馬場で行われる主な重賞・リステッド一覧

東京競馬場のコースの特徴

コースは左回りを使用。芝の1周距離は2,083.1m、直線の長さは525.9mと新潟競馬場・阪神競馬場に次ぐ広さとなっており、幅員も最大41mと非常に広いため開催によりAコースからDコースまで設定が可能です。

コーナーも大きく、善太的な起伏も適度にあり最後の直線には坂もある・・・まさに王道的な作りになっています。日本ダービーやジャパンカップなど日本のチャンピオンを決めるコースとなっており、名実とも日本を代表するコースの一つで、非常に紛れが少ないコースです。

ダートコースは1周距離が1,899mで直線の長さが501.6mとこちらはJRAのコースで一番大きいコースとなっております。

芝(外)
全周 2,083.1m3位(全10場)
直線    525.9m2位(全10場)
高低差  2.7m6位(全10場)
ダート全周 1,899.0m1位(全10場)
直線    501.6m1位(全10場)
高低差  2.5m6位(全10場)

※Aコース時。芝コースで内・外回りがあるコースについては数字の大きい方を比較対象として利用
東京競馬場
東京競馬場
画像引用:JRA

コースの高低差は芝コース、ダートコースともアップダウンのあるコースですが高低差は2m中盤とJRA全10場の中でも平均的な起伏になっています。主な起伏の位置が向こう正面と直線に設けられているのも特徴的かと思います。芝・ダートともに最後の直線は長く、差し・追込み決着が他のコースと比べると多い。(注:ただし、まくりは決まりにくい)

4つ(A、B、C、D)のコースの使い分けと馬場の傷みの分散化により、他のコースよりは極端なトラックバイアスが生じにくいのですが、雨が降った場合は内側から乾くとよく言われている(公式発表はないです)点は覚えておきましょう。

東京競馬場の馬券(配当)の特徴

券種東京競馬場(n=118)全競馬場(n=371)
単勝1,105円1,137円
馬連6,501円6,951円
馬単12,805円13,898円
3連複30,364円29,114円
3連単195,976円184,261円

東京競馬場の近2年の馬券傾向です(リステッド競走以上をカウント)。全体平均の傾向と非常に近いことがわかります。これは今回カウント対象としたリステッド競走以上の3割程度が東京コースで行われていることが要因の一つですね。ただ馬券傾向としてはイメージよりも順当ではないですね。

東京競馬場の距離別のコース解説

芝1400mのコース解説

クロッカスSなどのリステッド競走からG2の京王杯SCなどの重賞にも使用されているコースで、コースの有利不利が少なく、スペシャリストが集まりやすい東京芝1400m。スタート地点は向こう正面の真ん中付近。スタートから3コーナーまで緩やかに上ってその後直線手前まで下り坂です。直線には2.1mの上り坂があります。コーナー半周も大きく息が入りやすいため、逃げ・先行の値も高くなっています。

▶︎東京芝1400mの解説はこちら

芝1600mのコース解説

ワンターンのマイルと言うことで新馬戦でも有力馬が集まる同コース。もちろんG1の安田記念など大レースでも人気のコースです。スタート地点はスタート地点は向こう正面の右奥地点。3コーナーまで542mあり序盤のポジション取りはしやすい。直線には2.1mの上り坂があります。最後の直線は約525mと日本で2番目に長く、差し・追い込み勝率は他のコースより相対的に高い。

▶︎東京芝1600mの解説はこちら

芝1800mのコース解説

毎日王冠がスーパーG2と呼ばれるようになったのはこの東京芝1800mのコース形態も一因でしょう。スタート地点は1~2コーナー付近のポケット地点。ポケット地点からコースに合流する2コーナーまでは150mほどしかなく序盤のポジション取りはタイト。その影響からか、逃げ馬の勝率が他のコースよりも悪いのが特徴。

▶︎東京芝1800mの解説はこちら

芝2000mのコース解説

同コースで開催される天皇賞・秋に代表されるように、有力馬の力比べに最適なコースの一つ。スタート地点は1コーナー奥のポケット地点。スタート後に100m進んだところで左に大きくカーブする形状となっています。最初にポジションを取れた場合はペースが落ち着くことが多く、意外と逃げ馬の勝率が高いコースです。

▶︎東京芝2000mの解説はこちら

芝2300mのコース解説

重賞の開催はなく、新緑賞の開催に主に使われるコースです。スタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ250mと序盤のポジション取りは東京芝コースとしては厳しめ。コースをほぼ1周する形態となっています。コース的にはやや前有利ですが、差し・追込み馬の勝率・連対率・複勝率も他のコースより高く出ています。

▶︎東京芝2300mの解説はこちら

芝2400mのコース解説

日本を代表するコースの東京芝2400m。日本ダービーやジャパンカップなどのチャンピオンを決めるレースのコースとして世界的にも有名。スタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ350mと序盤のポジション取りは東京芝コースとしてはやや厳しめ。コースをほぼ1周する形態となっています。コース的にはやや前有利ですが、差し・追込み馬の勝率・連対率・複勝率も他のコースより高く出ています。

▶︎東京芝2400mの解説はこちら

芝2500mのコース解説

目黒記念やアルゼンチン共和国杯などの条件で使用される東京芝2500m。スタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ450mと序盤のポジション取りは東京芝コースとしては平均的。コースをほぼ1周する形態となっています。坂を2回超えるコースとなっておりますので東京2400mよりタフです。

▶︎東京芝2500mの解説はこちら

芝3400mのコース解説

ダイヤモンドステークス以外に使用されていないため、コース傾向のサンプルは非常に少なくなっています。東京芝3400mのスタート地点は向こう正面中間点。最初のコーナーまでおよそ250mと序盤のポジション取りは厳しめ。コースを1周半する東京にしては珍しいコース。

▶︎東京芝3400mの解説はこちら

ダート1400mのコース解説

重賞では根岸ステークスに使われている東京ダート1400m。土日に東京開催があれば必ず言っていいほど組まれているコースでもあります。スタート地点は向こう正面の中間点。日本のダート1400mで芝スタートではない唯一のコースです。最初のコーナーまでおよそ440mと序盤のポジションの距離があるため、ポジション取りはしやすい方のコースで、逃げ・先行有利。

▶︎東京ダート1400mの解説はこちら

ダート1600mのコース解説

フェブラリーSに代表されるようにワンターンのダートマイルとして人気が高く、有力馬が集まりやすい条件です。スタート地点は2コーナー奥の芝部分。スタートから最初の150mは芝コースを走ります。内枠と外枠で約30m分の芝を走れる距離が異なります。最後の直線は約501mと日本のダートで最も長いコースとなっております。

▶︎東京ダート1600mの解説はこちら

ダート2100mのコース解説

以前はジャパンCダートで使われていたコースですが、近年では重賞開催には使われていないコースです。スタート地点はスタンド前中間点。最初の1コーナーまでおよそ240mと序盤のポジション取りはかなり厳しめ。その影響からか、基本的には前有利ですが、逃げ馬が他のコースと比べると少し数値を落としています。

▶︎東京ダート2100mの解説はこちら