【2023年】ブラジルカップの過去傾向データと馬券予想

ブラジルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年10月にブラジルカップ(ブラジルC)が開催されます。このページではブラジルカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】ブラジルカップの概要と馬券のポイント

【東京】ダート2100mコースイメージ

名称ブラジルカップ(ブラジルC/ぶらじるかっぷ)
格付けリステッド
コース東京 ダート2100m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 2,300万円

ブラジルカップは東京ダート2100mで行われるリステッド競走です。ダート2100mのハンデ戦ということでこの距離を求めた馬が集まるレースです。

ブラジルカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1番人気はやや優勢
  2. 枠はやや内有利
  3. イーブンラップになる傾向

ブラジルカップのコース解説

東京ダート2100mのスタート地点はスタンド前中間点。最初の1コーナーまでおよそ240mと序盤のポジション取りはかなり厳しめ。その影響からか、基本的には前有利ですが、逃げ馬が他のコースと比べると少し数値を落としています。

東京ダート2100mの詳細データはこちら

【2023年】ブラジルカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022グレートタイム牡62:09.4
2021グレートタイム牡62:09.4
2020ハヤヤッコ牡42:08.8
2019サトノティターン牡62:08.0
2018ラインルーフ牡62:10.4
2017メイショウウタゲ牡62:08.1
2016ミツバ牡42:08.9
2015ドコフクカゼ牡52:10.6
2014マイネルバイカ牡52:12.0
2013ベルシャザール牡52:08.3

過去10年分の勝馬です。この時期の開催ということもあり、雨の影響が残る馬場で行われたのが約半数と当日の馬場状態に注目が必要なレースです。雨の影響がなければおよそ2分9~10秒での決着、雨の場合は2分8〜9秒の決着となっております。また2100mの左回りという施行条件が特別なのでリピーターも頭に入れておきましょう。

【2023年】ブラジルカップの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-0-2-530%30%50%
2番人気3-1-3-330%40%70%
3番人気2-0-1-720%20%30%

ブラジルカップの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気がやや優勢。2~3番人気は平均的です。人気馬が大きく崩れるレースとは言いにくく、平均的なレースですね。

ブラジルカップの配当傾向

単勝3連複3連単
2022280円7,540円38,320円
2021580円11,130円70,050円
2020600円4,070円22,330円
2019220円11,160円41,010円
2018700円47,170円281,300円
20171,150円3,390円30,210円
2016710円11,200円81,390円
2015380円36,730円146,560円
20143,430円3,770円52,500円
2013280円4,130円25,650円
平均833円14,029円78,932円

10年で見ると3連系は波乱傾向と言えます。上位人気の信頼度はイマイチ良くないので、紐も含め難解だったりします。

東京競馬場の配当傾向

ブラジルカップが行われる東京競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】ブラジルカップの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-1-2-40%14%43%
4歳2-0-2-1710%10%19%
5歳4-6-3-368%20%27%
6歳4-2-1-3510%14%17%
7歳0-1-2-150%6%17%
8歳0-0-0-60%0%0%
9歳~0-0-0-10%0%0%

馬齢別で見ると4歳馬優勢です。4歳馬が出ている場合は積極的に馬券に絡めたいですね。3歳馬と5歳馬も注意を払いたいところです。

【2023年】ブラジルカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-1313%13%13%
2枠 0-3-3-120%17%33%
3枠 2-1-2-1311%17%28%
4枠 0-1-0-170%6%6%
5枠 1-1-1-165%11%16%
6枠 1-2-2-155%15%25%
7枠 2-1-1-1610%15%20%
8枠 2-1-1-1610%15%20%

枠順別のデータを見ると内枠が気持ち優勢ですね。ただ外もダメというわけではないので、枠順による有利不利は少ないレースと考えて良いかもしれません。

【2023年】ブラジルカップのラップ傾向

ハロンタイム
1F7.1秒
2F11.1秒
3F12.3秒
4F12.5秒
5F12.4秒
6F12.5秒
7F12.3秒
8F12.3秒
9F12.2秒
10F12.2秒
11F12.6秒

ブラジルカップのラップ傾向です。イーブンラップになりやすい傾向が出ております。

【2023年】ブラジルカップのハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ3頭
54.0~54.5キロ6頭
55.0~55.5キロ10頭
56.0~56.5キロ6頭
57.0~57.5キロ5頭
58キロ〜0頭

ハンデ戦ですが、幅広いハンデの馬が絡んでいますので、あまりハンデを強く意識する必要はないかと思います。

【2023年】ブラジルカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着オルフェーヴルキングカメハメハ
2着キングカメハメハネオユニヴァース
3着キズナフレンチデピュティ
20211着キングカメハメハフジキセキ
2着トゥザグローリークロフネ
3着ジャスタウェイサクラバクシンオー
20201着キングカメハメハクロフネ
2着キングカメハメハフジキセキ
3着ハーツクライKingmambo
20191着シンボリクリスエスDeputy Minister
2着カネヒキリカコイーシーズ
3着キャプテントゥーレブライアンズタイム

過去3年で馬券内に入った馬の血統です。デピュティミニスター系内包馬が優勢です。キングマンボ系が2020年と2021年、そして2022年に固め打ちしたので、今後は傾向変化があるか注目です。

【2023年】ブラジルカップの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
東京競馬場|ダート2100mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京ダート2100mの傾向データと特徴[2022年版] アイビーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】アイビーステークスの過去傾向データと馬券予想 富士ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】富士ステークスの過去傾向データと馬券予想 菊花賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】菊花賞の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です