【小倉競馬場】特徴と馬券傾向データ

小倉競馬場
画像引用:JRA
小倉競馬場の馬券傾向データを距離別に、血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質の視点でまとめています。

小倉競馬場の距離別の特徴と傾向を確認する

小倉競馬場で行われる主な重賞・リステッド一覧

小倉競馬場のコースの特徴

小倉競馬場はJRAで2番目に小さな競馬場です。右回りを使用。芝コースは全体のコースの小ささと対照的に直線距離は293mとまずまずの長さを有します。

芝コースは1,615.1mで、高低差は3mと高低差があります。最後の直線は平坦のため馬券購入者のイメージと反するかもしれません。また、コース幅が広いためA〜Cコースまでコースが取れますので馬場の痛みは実は他のローカル競馬場よりも平準化されているコースです。

ダートコースは1周距離が1,445.4mで平均よりも小さいコース形態となっており、高低差は2.9mとなっています。


全周 1,615.1m9位(全10場)
直線    293.0m7位(全10場)
高低差  3.0m7位(全10場)
ダート全周 1,445.4m9位(全10場)
直線    291.3m8位(全10場)
高低差  2.9m5位(全10場)

※Aコース時。芝コースで内・外回りがあるコースについては数字の大きい方を比較対象として利用

小倉競馬場
小倉競馬場
画像引用:JRA

ゴール板から2コーナーにかけて緩やかな上りが続きます。2コーナーから向正面はやや平坦で3コーナーにかけてわずかに上ります。この上った分を3コーナーから4コーナーにかけて下るという形態になっております。

この形態は逃げ・先行馬の息が入りやすく下りで加速もついて最後は平坦ということで逃げ先行馬に有利な形態となっておりますが、中長距離だと前半のペースが緩む分、まくりも効果的なコースです。

小倉競馬場の馬券(配当)の特徴

券種小倉競馬場(n=8)全競馬場(n=371)
単勝1,623円1,137円
馬連8,208円6,951円
馬単18,494円13,898円
3連複52,956円29,114円
3連単319,701円184,261円

小倉競馬場の近2年の馬券傾向です(リステッド競走以上をカウント)。全体平均の傾向と比べて波乱傾向と言えます。これは組まれているレースや時期が有力馬が集まりにくいレースであるためではないでしょうか。

小倉競馬場の距離別のコース解説

芝1000mのコース解説

使用頻度は高くないコースです。スタート地点は向こう正面の真ん中左寄り。3コーナーまでの距離は280mとやや短め。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。最後の直線は約293mと短く、ほぼ平坦です。

▶︎小倉芝1000mの解説はこちら

芝1200mのコース解説

小倉2歳Sや北九州記念が行われる小倉芝1200mは平場での使用頻度も高いコースです。スタート地点は向こう正面2コーナー付近のポケット地点です。3コーナーまでの距離は480mと1200m戦にしては長め。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂で直線は平坦です。

▶︎小倉芝1200mの解説はこちら

芝1700mのコース解説

あまり使用されないコースです。小スタート地点はスタンド前の中間点。最初のコーナーまでおよそ172mとかなり短くなっています。1~2コーナーは緩やかな上り坂。

▶︎小倉芝1700mの解説はこちら

芝1800mのコース解説

重賞の施行はありませんが、平場ではそれなりに使われているコースです。スタート地点はスタンド前の中間点。最初のコーナーまでおよそ272mとかなり短くなっています。1~2コーナーは緩やかな上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。最後の直線は約293mと短く、ほぼ平坦です。

▶︎小倉芝1800mの解説はこちら

芝2000mのコース解説

小倉記念が行われるコースで、平場での使用頻度も高めのコースです。スタート地点は4コーナーのポケット地点。最初のコーナーまでおよそ472mと小回りの競馬場としてはそれなりに距離があります。1~2コーナーは緩やかな上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂で、最後はほぼ平坦です。

▶︎小倉芝2000mの解説はこちら

芝2600mのコース解説

夏のローカルでよく見かける条件の芝2600m戦。スタート地点は向こう正面半ばよりやや左手。最初の3コーナーまでの距離はおよそ244mと短くなっています。コースを1周半する形態で1~2コーナーは上り坂で3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。

▶︎小倉芝2600mの解説はこちら

ダート1000mのコース解説

平場でよく施行されている条件で、スタート地点は向こう正面の左手。最初のコーナーまで約365mと平均的な距離は保たれています。3~4コーナーはスパイラルカーブです。

最後の直線は約291mと短く、若干ではありますが上り坂となっています。

▶︎小倉ダート1000mの解説はこちら

ダート1700mのコース解説

こちらも平場ではよく施行されている条件です。スタート地点は正面スタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでおよそ343mと序盤のポジション取りは平均的かやや厳しめ。コースを1周ちょっとする形態となっております。

▶︎小倉ダート1700mの解説はこちら

ダート2400mのコース解説

小倉ダート2400mのスタート地点は向こう正面2コーナー付近。最初のコーナーまでおよそ320mと序盤のポジション取りはやや厳しめ。コースを1周半します。コーナー6回のコースで自然とペースが落ちてしまいますが、最後の直線は約291mと短く、道中のポジション取りが重要です。

▶︎小倉ダート2400mの解説はこちら