【京都競馬場】特徴と馬券傾向データ

京都競馬場
画像引用:JRA
京都競馬場の馬券傾向データを距離別に、血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質の視点でまとめています。

京都競馬場の距離別の特徴と傾向を確認する

京都競馬場で行われる主な重賞・リステッド一覧

京都競馬場のコースの特徴

コースは右回りを使用。芝コースは内回りと外回りのコース形態を有しており、同じ距離(例えば1600m)でも内回りと外回りで直線距離などが異なるので注意が必要です。

芝コースの高低差は外回りが4.3mで内回りが3.1m。主に同競馬場の名物である3コーナーの上り坂と4コーナーの下り坂が高低差の要因の一つです。特に外回りの4コーナーは下り坂で加速がつく分、インコースが開くことがありイン突きが決まることがあります。

また芝コースの幅員が広い(最大38m)ことによりAからDコースの4つのコース形状を取れるのは東京競馬場と京都競馬場だけとなる点は覚えておきましょう。

ダートコースは1周距離が1,607.6mで東京コースに次ぐ大きさとなっていますが、直線距離は329.1mと1周距離と比較するとそこまで長くないのがポイントです。

芝(外)
全周 1,894.3m4位(全10場)
直線    403.7m5位(全10場)
高低差  4.3m2位(全10場)
ダート全周 1,607.6m2位(全10場)
直線    329.1m5位(全10場)
高低差  3.0m4位(全10場)

※Aコース時。芝コースで内・外回りがあるコースについては数字の大きい方を比較対象として利用
京都競馬場
京都競馬場
京都競馬場
画像引用:JRA

(芝コースの画像は上が内回りで下が外回りです)コースの高低差は芝コース、ダートコースとも3〜4コーナーの起伏が主なアップダウンでそれ以外はほぼ平坦のコースです。

画像から分かるように3~4コーナーの起伏が勝負を分けるポイントの一つで、ここのポジション取りが馬券に大きく影響を与えます。

京都競馬場の馬券(配当)の特徴

券種京都競馬場(n=71)全競馬場(n=371)
単勝986円1,137円
馬連5,866円6,951円
馬単11,170円13,898円
3連複20,692円29,114円
3連単125,177円184,261円

京都競馬場改修前の2019年~2020年途中までの馬券傾向です(リステッド競走以上をカウント)。全体平均の傾向と比べて順当傾向と言えます。3~4コーナー以外はほぼ平坦コースですので、人気馬が力を出しやすいということが要因の一つかと思います。

京都競馬場の距離別のコース解説

芝1200mのコース解説

淀短距離SやシルクロードSなどで使われるコースです。スタート地点は向こう正面の中間点。スタートから3コーナーまで上り坂であることや、3コーナーまでの距離も短いため、序盤のポジション取りは厳しめのコースです。コースは内回りを使用するため、前残りに注意。

▶︎京都芝1200mの解説はこちら

芝1400m(内)のコース解説

外回りと異なり重賞が開催されないコースです。京都芝1400m(内回り)のスタート地点は2コーナー付近のポケット地点。直線部分が長く取られており序盤のポジション取りはし易いコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、外回りより短い約328mとなっております。

▶︎京都芝1400m(内)の解説はこちら

芝1400m(外)のコース解説

スワンSやファンタジーSなどが行われるコースです。京都芝1400m(外回り)のスタート地点は向こう正面左手の2コーナー付近。直線部分が長く取られており、序盤のポジション取りはし易いコース。最後の直線も長く、近年では牝馬の有力馬が使ってくるコースの一つになっています。

▶︎京都芝1400m(外)の解説はこちら

芝1600m(内)のコース解説

外回りと異なり重賞が開催されないコースです。京都芝1600m(内回り)のスタート地点は2コーナー奥のポケット地点。直線部分が長く取られており、序盤のポジション取りはし易いコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。最後の直線は平坦で、外回りより短い約328mとなっております。

▶︎京都芝1600m(内)の解説はこちら

芝1600m(外)のコース解説

マイルCSなど重賞が複数開催されるコースです。京都芝1600m(外回り)のスタート地点は正面左手の2コーナー付近ポケット地点。3コーナーまでの距離は700mほどあり、ポジション取りはしやすいコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂で、直線は平坦。

▶︎京都芝1600m(外)の解説はこちら

芝1800mのコース解説

きさらぎ賞が開催されている京都芝1800m。重賞の開催は少ないですが新馬戦では人気のコースの一つです。スタート地点は正面左手の2コーナー付近ポケット地点。3コーナーまでの距離は900mほどあり、序盤のポジション取りはしやすいコースです。

▶︎京都芝1800mの解説はこちら

芝2000mのコース解説

秋華賞や京都2歳Sで使われているコースです。スタート地点はスタンド前中間点のメインスタンド前です。スタートして1コーナーまでの距離は約300m。向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。最後の直線は平坦で、約328mとなっております。

▶︎京都芝2000mの解説はこちら

芝2200mのコース解説

エリザベス女王杯や京都記念、京都新聞杯などの重賞で用いられるコースです。スタート地点はスタンド前右手の直線入り口付近。スタートして1コーナーまでの距離はおよそ400mあります。ポジション取りはしやすいコース。向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

▶︎京都芝2200mの解説はこちら

芝2400mのコース解説

京都芝2400mは京都大賞典などの重賞が行われているコースです。スタート地点は4コーナー奥のポケット地点。1コーナーまでの距離は約600m。ポジション取りはしやすいコース。向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂。3コーナーからは京都名物の直線まで下り坂です。

▶︎京都芝2400mの解説はこちら

芝3000mのコース解説

菊花賞が行われる京都芝3000mのスタート地点は向こう向こう正面の3コーナー付近。スタートしてから3コーナーまでおよそ200mしかなく、序盤のポジション取りはかなり厳しめ。スタート後3コーナーまで上り坂で、その後は直線あたりまで下り坂。コースを1周半回るレイアウトとなっています。

▶︎京都芝3000mの解説はこちら

芝3200mのコース解説

天皇賞・春で使われている京都芝3200m。スタート地点は向こう向こう正面の2コーナー付近。最初のコーナーまでおよそ400mと同じ京都の長距離の3000mに比べると序盤の距離は長め。スタート後3コーナーまで上り坂で、その後は直線あたりまで下り坂。コースを1周半回るレイアウトとなっています。

▶︎京都芝3200mの解説はこちら

ダート1200mのコース解説

重賞の開催こそないものの、京都ダート1200mは平場ではよく使われる条件です。スタート地点は2コーナーの出口付近。3コーナーまでの距離は約400mあります。スタートして200mほどすると高低差3mの上り坂を上ります。芝コースと同様に3コーナーから直線入り口にかけて下り坂で、直線は平坦になっております。

▶︎京都ダート1200mの解説はこちら

ダート1400mのコース解説

京都ダート1400mも重賞の開催こそありませんが、平場や特別戦でよく使われるコースです。スタート地点は2コーナー奥のポケット地点。芝スタートとなっています。3コーナーまでの距離は約460mあります。スタートして400mほどすると高低差3mの上り坂を上ります。

▶︎京都ダート1400mの解説はこちら

ダート1800mのコース解説

みやこSが行われる京都ダート1800m。こちらも平場ではよく使われる条件になっています。スタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ280mと序盤のポジション取りは厳しめ。1〜2コーナーは平坦。向こう正面半ばから緩やかに上り坂でそこから淀の名物の下り坂というコース形態です。

▶︎京都ダート1800mの解説はこちら

ダート1900mのコース解説

平安Sが行われるコースですが、平場では使用頻度が少ないコースです。スタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ380mと序盤のポジション取りは厳しめ。1〜2コーナーは平坦。向こう正面半ばから緩やかに上り坂。3コーナーを頂点に直線入り口にかけて下り坂という京都らしいコースです。

▶︎京都ダート1900mの解説はこちら