京都芝1800mの傾向データと特徴[2021年版]

京都競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

京都芝1800mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【京都競馬場】芝1800mのコース概要

【京都】芝1800mコースイメージ

スタート地点は正面左手の2コーナー付近ポケット地点。3コーナーまでの距離は900mほどあり、途中から3コーナーまで上り坂だが序盤のポジション取りはし易いコース。外回りコースを使用し、3コーナーの頂上から直線まで下り坂で勾配は内回りよりはキツく取られています。(外回りの高低差は4.3m、対して内回りの高低差は3.1m)

最後の直線は約403mと内回りコースよりは長く取られております。直線は平坦。

※直線距離はAコース時

京都芝1800mで行われる重賞レース一覧

きさらぎ賞

京都芝1800m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ14%24%32%
先行13%27%37%
差し7%14%23%
追込4%7%13%

京都芝1800mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が平坦を利して成績を上げています。ただ他の芝中距離コースと比べて差し馬の値が非常に高く出ているコースです。レース映像を見る限りは4コーナーで内回りと外回りの合流地点を利用した内差しが効いているようです。

京都芝1800m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気41%65%73%
2番人気16%31%53%
3番人気16%31%47%
4番人気8%24%37%
5番人気8%18%35%

人気順については、上位人気がそれなりに活躍しています。特に1番人気は強い値です。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

京都芝1800m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠9%17%27%
2枠5%11%19%
3枠9%16%24%
4枠10%19%28%
5枠6%14%26%
6枠10%17%25%
7枠9%21%27%
8枠8%15%21%

枠順別のデータです。傾向値だけ見ると内も外もそこまで数値の差がないため、フラットに考えて良いと思います。

京都芝1800m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
川田将雅30%49%59%
福永祐一24%38%54%
デムーロ24%47%64%
松山弘平11%20%28%
藤岡佑介14%33%39%
池添謙一13%23%33%
武豊15%30%48%
北村友一14%25%39%

京都芝1800mの勝利数が多い騎手一覧です。川田騎手が非常に高い値となっております。目立つところでは池添騎手も良い値ですね。

京都芝1800m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト18%33%45%
ハーツクライ10%23%30%
キングカメハメハ14%29%42%
ルーラーシップ9%19%34%
ステイゴールド11%16%23%
オルフェーヴル7%19%33%
ハービンジャー5%8%14%
ダイワメジャー8%17%28%

京都芝1800mで勝ち星が多い種牡馬です。ディープインパクトのお膝元のコースの一つです。そのほかもリーディング上位の馬が順当に成績を残しています。。

京都芝1800mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞35.336.535.71:47.5
1勝クラス35.337.135.11:47.5
2勝クラス35.436.834.91:47.1
準OP・OP35.236.235.21:46.6
重賞35.135.534.91:45.5

クラス別のラップの傾向です。前半・後半は意外とイーブンに近いラップです。コース形態的に中盤が緩む傾向にあります。直線が平坦で長いため早い脚は必要となります。

京都芝1800m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離が長く紛れが少ないため、有力馬が力を発揮し易いコース。最後の直線は平坦コースであるため、適正なペースで進めた場合は逃げ・先行馬が有利。ただし他の芝中距離コースよりも差し・追込み馬の勝率などが高く出ており要注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です