京都芝2000mの傾向データと特徴[2021年版]

京都競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

京都芝2000mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【京都競馬場】芝2000mのコース概要

【京都】芝2000m(内)コースイメージ

スタート地点はスタンド前中間点のメインスタンド前です。スタートして1コーナーまでの距離は約300m。1~2コーナーは平坦で向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂。バックストレッチはおよそ400mあります。

内回りコースを使用し、3コーナーから直線まで下り坂となっています。なお外回りコースより高低差は緩やか。(外回りの高低差は4.3m、対して内回りの高低差は3.1m)

最後の直線は約328mと中央場所としては比較的短くなっております。直線は平坦。

※直線距離はAコース時

京都芝2000mで行われる重賞レース一覧

秋華賞
京都2歳ステークス

京都芝2000m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ21%33%41%
先行14%26%37%
差し6%15%23%
追込2%7%13%

京都芝2000mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジションを取りがやや厳しいコースです。あまりここで厳しいラップになると辛いですが、コーナー4つで減速することを加味すると基本的には前に行ける馬から狙いたいコースです。

京都芝2000m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気27%53%68%
2番人気21%43%58%
3番人気12%23%38%
4番人気12%26%36%
5番人気10%16%29%

人気順については、上位人気がそれなりに安定して活躍しています。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

京都芝2000m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠9%16%24%
2枠5%14%24%
3枠9%18%28%
4枠11%22%31%
5枠7%16%25%
6枠8%16%25%
7枠10%19%26%
8枠9%19%26%

枠順別のデータです。傾向値だけ見ると内も外もそこまで数値の差がないため、フラットに考えて良いと思います。

京都芝2000m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
ルメール28%49%57%
川田将雅16%41%55%
デムーロ19%38%51%
福永祐一18%33%51%
浜中俊16%26%33%
北村友一15%27%47%
岩田康誠15%26%43%
武豊15%24%40%

京都芝2000mの勝利数が多い騎手一覧です。ルメール騎手が安定の好成績。その他の顔ぶれを見てもリーディング上位の騎手が順当に成績を上げているコースです。

京都芝2000m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ディープインパクト14%31%43%
ハービンジャー13%23%38%
ハーツクライ14%23%30%
ルーラーシップ8%16%26%
ステイゴールド12%24%31%
キングカメハメハ9%22%36%
キズナ15%24%34%
オルフェーヴル6%15%25%

京都芝2000mで勝ち星が多い種牡馬です。ディープインパクトが首位。その他ではハービンジャーやルーラーシップ、キズナの名前が目につきますね。

京都芝2000mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞37.050.035.02:02.0
1勝クラス36.149.635.22:00.9
2勝クラス36.849.234.62:00.6
準OP・OP35.848.734.81:59.3
重賞35.248.534.91:58.6

クラス別のラップの傾向です。前半〜中盤のペースが緩む傾向にあり上がり勝負の傾向です。ただし内回りコースということで直線部分は短いため、コーナーから加速できるタイプの馬の方が良いでしょう。

京都芝2000m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離が短く、序盤のポジション争いはややタイト。ただコーナー4つで自然とラップが落ちイーブンラップになることが多いので結果的には逃げ・先行馬が有利。枠や血統に特筆すべき傾向値はありませんが、ラップからは上がり勝負が見て取れます。ただし直線が短いのでコーナーからポジションを上げられる器用なタイプが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です