【中京競馬場】特徴と馬券傾向データ

中京競馬場
画像引用:JRA
中京競馬場の馬券傾向データを距離別に、血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質の視点でまとめています。

中京競馬場の距離別の特徴と傾向を確認する

中京競馬場で行われる主な重賞・リステッド一覧

中京競馬場のコースの特徴

コースは左回りを使用。敷地を拡張して大規模なコース改修工事により芝コースの1周距離は1,705.9m、直線の長さは412.5mにそれぞれ延伸し、ローカルとは思えないような競馬場に生まれ変わりました。実際に京都競馬場が改修工事で使えない際に主要な代替コースとして利用されております。

芝コースの高低差は3.5m、ダートコースの高低差は3.4mと高低差は大きく、直線コースには高低差約2mの坂があります。コーナーは3~4コーナーがスパイラルカーブになっており、短い距離のレースですとこのコーナー辺りが勝負所になることが多いコースです。

ダートコースは1周距離が1,530mで直線の長さ410.7mとこちらもJRAのコースでは広い方のコースです。

芝(外)
全周 1,705.9m6位(全10場)
直線    412.5m4位(全10場)
高低差  3.5m3位(全10場)
ダート全周 1,530.0m3位(全10場)
直線    410.7m2位(全10場)
高低差  3.4m3位(全10場)

※Aコース時。芝コースで内・外回りがあるコースについては数字の大きい方を比較対象として利用
中京競馬場
中京競馬場
画像引用:JRA

コースの高低差は芝コース、ダートコースともアップダウンのあるコースでJRA全10場の中でも3番目に起伏が大きいコースです。向こう正面から下って、3~4コーナーのスパイラルカーブで加速がついた状態で最後の直線の坂を迎えるため、タフなコース設計となっております。

ただ全体的にタフになる関係で、後続馬の脚も坂を上がった時点で残っていないというシーンもあり、意外と先行馬が粘る場面も。

中京競馬場の馬券(配当)の特徴

券種中京競馬場(n=17)全競馬場(n=371)
単勝1,895円1,137円
馬連9,398円6,951円
馬単19,946円13,898円
3連複82,074円29,114円
3連単516,283円184,261円

中京競馬場の近2年の馬券傾向です(リステッド競走以上をカウント)。全体平均の傾向と比べて波乱傾向が強いです。私の個人的意見としてはもっとも3連単が荒れやすいコースとして認識しております。理由としては京都の代替開催で使った2021年のリステッド競走以上のレースだけで100万馬券が3回も飛び出しているからです。

中京競馬場の距離別のコース解説

芝1200mのコース解説

CBC賞や高松宮記念んなどが施行される中京芝1200mのスタート地点は向こう正面の中間点。最初のコーナーまで距離がありませんので序盤のポジション取りは厳しめ。スタート後から緩やかに上り坂を上った後に下り坂に転じます。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。直線の半ばで約2mの急坂があるが、最後の240mはほぼ平坦。

最後の直線は約412mと長く取られております。

▶︎中京芝1200mの解説はこちら

芝1300mのコース解説

コース設定こそありますが、開催がされていない中京芝1300m。スタート地点は向こう正面の中間点。最初のコーナーまで距離がありませんので序盤のポジション取りは厳しめ(のはずです)。スタート後から緩やかに上り坂を上った後に下り坂に転じます。

▶︎中京芝1300mの解説はこちら

芝1400mのコース解説

ファルコンSなど重賞でも使われるコースです。最近では新馬などでも評判馬が集まる条件になっています。中京芝1400mのスタート地点は向こう正面の中間点。最初のコーナーまであまり距離がありませんので序盤のポジション取りは厳しめ。スタート後から緩やかに上り坂を上った後に下り坂に転じます。3~4コーナーはスパイラルカーブにより、差し・追い込みも競馬がしやすいコース。

▶︎中京芝1400mの解説はこちら

芝1600mのコース解説

中京記念が開催されるコースで、新馬戦などでも芝1400mと同様に評判馬がこの距離を求めて新馬を使うなど、有力なコースの一つです。中京芝1600mのスタート地点は1~2コーナー中間の右手のポケット地点。スタート後にすぐにコーナーがあるので序盤のポジション取りは厳しめ。向こう正面の中間あたりから緩やかに上り坂を上った後に下り坂に転じます。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。最後の直線が400m以上あるのも人気あるコースの要因です。

▶︎中京芝1600mの解説はこちら

芝2000mのコース解説

愛知杯や金鯱賞など重賞条件でも使われるコースです。中京芝2000mのスタート地点はスタンド前の中間のやや左寄りの地点。上り坂の途中からスタートしてコースを1周するコース形態です。

▶︎中京芝2000mの解説はこちら

芝2200mのコース解説

重賞の開催こそないものの、特別戦などではよく使われるコースです(代替開催では重賞が組まれています)。中京芝2200mのスタート地点は4コーナーにあるポケット地点。最初のコーナーまでおよそ500mほどあり、序盤はポジション取りがしやすくなっています。

▶︎中京芝2200mの解説はこちら

芝3000mのコース解説

代替開催の万葉Sなどで使われましたがあまり施行されていない条件です。中京芝3000mのスタート地点は向こう正面の直線入り口付近。コースを1周半回ります。

▶︎中京芝3000mの解説はこちら

ダート1200mのコース解説

重賞開催はありませんが、中京ダート1200mのスタート地点は向こう正面の入り口。スタート後に流やかな上り坂が続きます。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂です。最後の直線は380m地点から220m地点まで高低差1.8mの上り坂で、ラストは平坦です。最後の直線は約410mと東京競馬場に次ぐ長さとなっております。

▶︎中京ダート1200mの解説はこちら

ダート1400mのコース解説

プロキオンSが開催される中京ダート1400m。スタート地点は2コーナー奥のポケット地点で芝スタートです。芝スタートの部分が長く200mほどは芝コースを走ります。

▶︎中京ダート1400mの解説はこちら

ダート1800mのコース解説

チャンピオンズカップが行われる中京ダート1800m。平場でも数多く開催されております。スタート地点はスタンド前の中間点。最初のコーナーまでの距離が短いため序盤のポジション取りは厳しめ。3~4コーナーはスパイラルカーブが採用されております。

▶︎中京ダート1800mの解説はこちら

ダート1900mのコース解説

スタート地点はスタンド前の中間〜4コーナー付近。最初のコーナーまでの距離が短いため序盤のポジション取りは厳しめですが、同じ競馬場のダート1800mほどではありません。上級条件の開催こそ少ないですが、ダート1800mよりもこちらのコースの方がフェアかと思います。

▶︎中京ダート1900mの解説はこちら

ダート2500mのコース解説

中京ダート2500mのスタート地点は向こう正面の中間やや左手付近。坂の頂上付近。2回スパイラルカーブと直線の坂を上るコースですので、タフなコース設計になっています。

▶︎中京ダート2500mの解説はこちら