【2023年】東海ステークスの過去傾向データと馬券予想

東海ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に東海テレビ杯東海ステークス(東海S)が開催されます。このページでは東海ステークス(東海S)の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】東海ステークスの概要と馬券のポイント

【中京】ダート1800mコースイメージ

名称東海ステークス(とうかいすてーくす/東海S)
格付けGII(G2)
コース中京ダート1800m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 5,500万円

東海ステークスは中京ダート1800mで行われる別定戦です。フェブラリーステークスへのステップレースの一つとして位置付けられ、近年ではGI級の馬の参戦も目立ちます。

東海ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1番人気の信頼度は高い。
  2. 前後半のラップはイーブンラップになりやすい
  3. 枠の影響は少ないので馬の実力で選ぼう

東海ステークスのコース解説

中京ダート1800mのスタート地点はスタンド前の中間点。最初のコーナーまでの距離が短いため序盤のポジション取りは厳しめ。3~4コーナーはスパイラルカーブが採用されており、下り坂です。最後の直線は380m地点から220m地点まで高低差1.8mの上り坂で、ラストは平坦です。

最後の直線は約410mと東京競馬場に次ぐ長さとなっております。

中京ダート1800mの詳細データはこちら

【2023年】東海ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022スワーヴアラミス牡71:51.7
2021オーヴェルニュ牡51:49.2
2020エアアルマス牡51:50.2
2019インティ牡51:49.8
2018テイエムジンソク牡61:51.3
2017グレンツェント牡41:53.2
2016アスカノロマン牡51:51.9
2015コパノリッキー牡51:50.9
2014ニホンピロアワーズ牡71:50.4
2013グレープブランデー牡51:51.0

東海ステークスの過去10年の勝ち馬です。2012年以降は京都から中京に開催場所が変わり時計が早くなってきています。基本的には次に大一番を控えている馬が多いので、人気馬のコンディションを中心に馬券を検討するレースです。

【2023年】東海ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-1-3-150%60%90%
2番人気3-2-0-627%45%45%
3番人気0-1-3-60%10%40%

東海ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。GIIの別定戦と言うことで人気馬が比較的安定しています。データ面で見ても上位人気が優勢です。1番人気の複勝率は非常に高いので軸もしくは相手筆頭になりえますね。

東海ステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
20221,570円4,490円39,750円
2021620円59,670円244,160円
2020380円1,390円8,950円
2019150円750円1,610円
2018130円14,690円49,170円
2017260円88,830円465,440円
2016670円1,120円8,200円
2015250円7,690円50,080円
2014160円5,670円15,380円
2013660円4,430円33,790円
平均485円18,873円91,653円

数年に一度大きく波乱になりますが、おおむね頭は固めの傾向です。傾向から読み解くに軸馬として人気馬は信頼しやすく、紐を工夫するとより良いと言えます。

中京競馬場の配当傾向

東海ステークスが行われる中京競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】東海ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳1-1-2-136%12%24%
5歳6-3-3-2019%28%38%
6歳1-1-5-382%4%16%
7歳2-4-0-276%18%18%
8歳0-1-0-120%8%8%
9歳~0-0-0-60%0%0%

馬齢別で見ると率では5歳馬が優勢。まずは5歳馬から馬券検討を始めるレースです。

【2023年】東海ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-0-160%0%0%
2枠 0-1-2-140%6%18%
3枠 1-2-2-136%17%28%
4枠 5-0-1-1326%26%32%
5枠 1-1-1-175%10%15%
6枠 1-2-0-175%15%15%
7枠 1-2-3-145%15%30%
8枠 1-2-1-165%15%20%

枠順別のデータを見るとどの枠も問題ない成績ですね。4枠は異常値が出ていますが、コース形態的に4枠が得すると言う訳ではないのでイレギュラーでしょう。枠よりも馬の力やコンディション、展開を優先して検討材料としたいレースです。

中京競馬場|ダート1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京ダート1800mの傾向データと特徴[2022年版]

【2023年】東海ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F11.3秒
3F12.7秒
4F12.4秒
5F12.2秒
6F12.3秒
7F12.5秒
8F12.1秒
9F12.7秒

東海ステークスのラップ傾向です。他の競走とあまり傾向差がなく、前半と後半がイーブンに近いラップになります。また中盤のラップが遅くなる傾向です。前半の時計が早くならない限りは、先行〜中盤から脚を使える馬が良いでしょう。

【2023年】東海ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ハーツクライSligo Bay
2着スマートファルコンタニノギムレット
3着キンサシャノキセキストーミングホーム
20211着スマートファルコンタニノギムレット
2着アイルハヴアナザーフジキセキ
3着エスポワールシチーキャプテンスティーヴ
20201着Majestic WarriorEmpire Maker
2着カジノドライヴスペシャルウィーク
3着ケイムホームNorthern Afleet

東海ステークスの近3年の傾向です。ミスプロの血を持っている馬がやや目立ちます。

【2023年】東海ステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中京競馬場|ダート1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京ダート1800mの傾向データと特徴[2022年版] 若駒ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】若駒ステークスの過去傾向データと馬券予想 アメリカジョッキークラブカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】アメリカジョッキークラブカップの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です