【2023年】クロッカスステークスの過去傾向データと馬券予想

クロッカスステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に開催されるクロッカスステークス(クロッカスS)が開催されます。このページではクロッカスステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】クロッカスステークスの概要と馬券のポイント

【東京】芝1400mコースイメージ

名称クロッカスステークス(クロッカスS)
格付けリステッド
コース東京 芝1400m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 2,000万円

クロッカスステークスは東京芝1400mで行われる3歳限定のリステッド競走です。今までは少し重賞だと足りない馬が多かったイメージなのですが、2020年の勝ち馬からGI馬のラウダシオンを排出するなど今後傾向が変わる可能性があるレースです。

クロッカスステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度はそれなりに高いレース。
  2. 枠順の傾向はあまりない。
  3. 血統傾向Unbridled’s Song系に注目

クロッカスステークスのコース解説

クロッカスステークスが行われる東京芝1400mのスタート地点は、向こう正面の真ん中付近。スタートから3コーナーまで緩やかに上って、その後直線手前まで下り坂です。直線には2.1mの上り坂があり、最後の直線は約525mと日本で2番目に長い。そのため差し・追い込み勝率は他のコースよりは高いのですが、コーナー半周も大きく息が入りやすいため、逃げ・先行の値も高くなっています。

東京芝1400mの詳細データはこちら

【2023年】クロッカスステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022トウシンマカオ牡31:21.8
2021ストライプ牡31:22.2
2020ラウダシオン牡31:21.2
2019ディキシーナイト牡31:22.2
2018リョーノテソーロ牡31:22.3
2017タイムトリップ牡31:22.2
2016トウショウドラフタ牡31:21.7
2015ニシノラッシュ牡31:22.7
2014マイネルディアベル牡31:21.9
2013シーブリーズライフ牝31:21.7

クロッカスステークスの過去10年の勝ち馬です。冒頭で記載の通り2020年のラウダシオンを見てやや傾向が変わる気がしてきました。2019年も出走時にはそれなりに素質のありそうだったディキシーナイト・ルガールカルムのノーザン系ワンツー。近年ノーザンF系の使い分けのレースの一つになった気がするのでノーザン系の馬には注意を払いたいところ。

【2023年】クロッカスステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-0-2-440%40%60%
2番人気2-4-1-320%60%70%
3番人気2-1-4-320%30%70%

クロッカスステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~3番人気がそれなりに安定して馬券になっているので、まずは上位人気を馬券の検討対象にするレースです。

クロッカスステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022210円450円1,970円
2021220円720円2,580円
2020550円6,270円33,980円
2019340円1,180円5,450円
20181,520円3,600円28,080円
2017460円5,990円25,760円
2016460円1,370円9,900円
2015220円1,110円3,030円
2014410円2,720円15,970円
20131,630円4,550円52,870円
平均602円2,796円17,959円

単勝はやはり低めの傾向(人気馬が頭)できています。上位人気の成績もそれなりに良いので馬券もその傾向を反映していると言えます。3連系は順当の範囲で収まっておりますので、無理に大振りするようなレースでもないでしょう。

東京競馬場の配当傾向

クロッカスステークスが行われる東京競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】クロッカスステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2023年】クロッカスステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-0-1-630%30%40%
2枠 1-1-1-710%20%30%
3枠 1-0-2-89%9%27%
4枠 1-0-2-98%8%25%
5枠 0-4-2-70%31%46%
6枠 1-1-1-127%13%20%
7枠 1-2-1-165%15%20%
8枠 2-2-0-1511%21%21%

枠順別のデータを見ると内枠が率では優勢です。ただし外の枠がダメという傾向にはありませんので内枠だけにこだわるレースでもないでしょう。フラットに考えて良いレースだと思います。

東京競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1400mの傾向データと特徴[2022年版]

【2023年】クロッカスステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.3秒
3F11.8秒
4F12.1秒
5F11.5秒
6F11.3秒
7F11.6秒

クロッカスステークスのラップ傾向です。ラスト3Fが11秒台となる傾向です。3~4F目で緩むこともあり、末脚が良いタイプがいいでしょう。このレースの傾向として、まれにテンが遅くなる年もあるのでメンバーの脚質に特に注目です。

【2023年】クロッカスステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ビッグアーサースペシャルウィーク
2着イスラボニータFusaichi Pegasus
3着ダイワメジャーDubawi
20211着ルーラーシップダイワメジャー
2着モーリスキングカメハメハ
3着リーチザクラウングランデラ
20201着ラウダシオンSongandaprayer
2着ダイワメジャーSea The Stars
3着ジャスタウェイBertolini

クロッカスステークスの近3年の血統傾向です。ミスプロ系(特にUnbridled’s Song系)には注意を払いたいレースです。またDanzig系も悪くありません。

【2023年】クロッカスステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
東京競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1400mの傾向データと特徴[2022年版] 白富士ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】白富士ステークスの過去傾向データと馬券予想 根岸ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】根岸ステークスの過去傾向データと馬券予想 シルクロードステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】シルクロードステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です