【2022年】根岸ステークスの過去傾向データと馬券予想

根岸ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年1月に開催される根岸ステークスが開催されます。このページでは根岸ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】根岸ステークスの概要と馬券のポイント

【東京】ダート1400mコースイメージ

レース名根岸ステークス(根岸S)
格付けGIII
コース東京ダート1400m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,800万円

根岸ステークスは東京ダート1400mで行われる別定戦です。フェブラリーステークスの前哨戦の一つとして位置付けられ、近年はメンバーレベルも高く、GI級の馬の力比べのレースになっています。

【2022年】根岸ステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝250円990円430円
馬連5,370円1,400円1,250円
馬単7,030円3,300円2,360円
3連複8,110円14,510円5,220円
3連単44,160円69,270円18,930円

単勝が3年連続百円台と人気馬が頭できています。しかし3連単は万馬券ということで紐がやや荒れる、もしくは組み合わせが難しいと言えます。

【2022年】根岸ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1~3番人気の信頼度は低い。近10年で半分以上が馬券外に。
  2. ミスプロ系の台頭が目立つレース。
  3. 枠の影響は少ないので馬の実力で選ぼう。

【2022年】根岸ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021レッドルゼル牡51:22.3
2020モズアスコット牡61:22.7
2019コパノキッキングセ41:23.5
2018ノンコノユメセ61:21.5
2017カフジテイク牡51:23.0
2016モーニン牡41:22.0
2015エアハリファ牡61:23.4
2014ゴールスキー牡71:23.4
2013メイショウマシュウ牡51:23.7
2012シルクフォーチュン牡51:23.5

根岸ステークスの過去10年の勝ち馬です。近3年はかなりメンバーが揃ったレースになっており時計も少し早くなっています。1分22秒台は想定してた方が良いでしょう。

【2022年】根岸ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-3-0-340%70%70%
2番人気1-1-2-610%20%40%
3番人気1-2-0-710%30%30%

根岸ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬は10年で半分以下(14/30頭)しか馬券になっていません。人気馬の信頼度は低いので人気馬を逆転できそうな馬を探したいレースです。

【2022年】根岸ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳2-2-0-817%33%33%
5歳3-3-1-2011%22%26%
6歳4-2-4-359%13%22%
7歳1-1-1-303%6%9%
8歳0-2-4-180%8%25%
9歳~0-0-0-130%0%0%

馬齢別で見ると率では4歳馬が優勢です。一方で高齢馬も複勝圏内という意味では他の重症と比べると高い複勝率と言えます。

【2022年】根岸ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-2-3-140%11%26%
2枠2-1-0-1611%16%16%
3枠2-3-1-1311%26%32%
4枠1-1-2-165%10%20%
5枠1-2-0-175%15%15%
6枠2-0-1-1710%10%15%
7枠0-1-3-160%5%20%
8枠2-0-0-1611%11%11%

枠順別のデータを見るとどの枠も問題ない成績ですね。枠順よりは馬の力を比較するレースです。

【2022年】根岸ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.0秒
3F11.5秒
4F12.1秒
5F12.0秒
6F11.8秒
7F12.1秒

根岸ステークスのラップ傾向です。下級クラスと比べて前半4ハロンの時計が早いのが特徴です。逃げ馬は不振なレースですが番手の馬はよく馬券絡みをしますので、先行馬でもこれくらいのラップで走れることが重要です。

【2022年】根岸ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ロードカナロアフレンチデピュティ
2着スタチューオブリバティマヤノトップガン
3着ハーツクライブライアンズタイム
20201着FrankelHennessy
2着Spring At LastGold Halo
3着サウスヴィグラススキャターザゴールド
20191着Spring At LastGold Halo
2着キングカメハメハフジキセキ
3着パイロクロフネ

根岸ステークスの近3年の傾向です。5年位前までは父サンデー系が強いレースだったのですが、近年は父サンデー系以外の馬の台頭が目立ちます。これは1400mという距離と近年レベルが高いメンバーが揃っていることからかと思います。

【2022年】根岸ステークスの注目馬

調査中です。

白富士ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】白富士ステークスの過去傾向データと馬券予想 クロッカスステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】クロッカスステークスの過去傾向データと馬券予想 シルクロードステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】シルクロードステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です