【中山競馬場】特徴と馬券傾向データ

中山競馬場
画像引用:JRA
中山競馬場の馬券傾向データを距離別に、血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質の視点でまとめています。

中山競馬場の距離別の特徴と傾向を確認する

中山競馬場で行われる主な重賞・リステッド一覧

中山競馬場のコースの特徴

コースは右回りを使用。芝コースは内回りコースと外回りコースが存在します。内回りコースはカーブがタイトなため小回り、外回りコースは大回りで「おにぎり」のようなコース体系となっております。

コース全体の高低差は内回り、外回りとも5.3mとJRA全10場の中でも最大の高低差となっており、中山巧者というのは実は高低差があるコースの巧者とも言えるかもしれません。

ダートは標準的なコースではありますが、起伏構成は芝コースとほぼ同じで全体の高低差は4.5mとかなり起伏が厳しいコースです。

ゴール前に設定されているコース名物の「心臓破りの坂」は残り200mを切ってから約100mの間に上り坂の高低差2.2mと文字通り急坂となっており、ここでガラッと着順が入れ替わることがあります。

芝(外)
全周 1,839.7m5位(全10場)
直線    310.0m6位(全10場)
高低差  5.3m1位(全10場)
ダート全周 1,493.0m5位(全10場)
直線    308.0m6位(全10場)
高低差  4.5m1位(全10場)

※Aコース時。芝コースで内・外回りがあるコースについては数字の大きい方を比較対象として利用

中山競馬場
中山競馬場
中山競馬場
画像引用:JRA

(芝は上の画像が外回り、下の画像が内回りです)コースの高低差は芝コース、ダートコースともアップダウンのあるコースです。高低差は5.3mとJRA全10場の中でも最大の高低差であることに加え、芝・ダートともに最後の直線に名物の急坂が存在(高低差2.2m)。直線距離が短いので基本的には前有利の考え方で良いとは思いますが急坂でガラリ一変という場面もあるのがこのコースの特徴でもあります。

余談ですが、前後半のアップダウンがこれだけ違いますので「中山コースで安易に前後半を比較したラップ」というのはあまり信用できない事は頭の片隅に入れておいて差し支えないかと。

中山競馬場の馬券(配当)の特徴

券種中山競馬場(n=68)全競馬場(n=371)
単勝1,010円1,137円
馬連6,105円6,951円
馬単11,938円13,898円
3連複16,957円29,114円
3連単109,813円184,261円

中山競馬場の近2年の馬券傾向です(リステッド競走以上をカウント)。全体平均と比べて順当傾向と言えるのではないでしょうか。この事象の要因分析は難しいですが、クラシックのトライアルなど比較的順当傾向にあるレースが多く組まれている事が要因でしょうか。