【2023年】中山金杯の過去傾向データと馬券予想

中山金杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に日刊スポーツ賞・中山金杯が開催されます。このページでは中山金杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】中山金杯の概要

【中山】芝2000コースイメージ

名称中山金杯(なかやまきんぱい)
格付けGIII(G3)
コース中山芝2000m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 4,300万円

中山金杯は中山芝2000mで行われるハンデ戦です。年明け初戦の重賞ということで有馬記念から競馬を我慢していた競馬ファンが待ち望んでいる重賞です。競馬ファンも年末年始で休むように、競馬関係者も休みがありますので変則的な調教パターンになります。冬場で馬体も増えやすいので、各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

また、平日開催になることが多く、競馬ファン側も普段と参加者が異なるというもの特徴でしょうか。

中山金杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 頭は上位人気が多い。紐荒れに警戒を
  • 外枠は不振。内枠〜真ん中くらいの枠を狙いましょう
  • 軽ハンデの馬は不振。実績馬の取捨選択を

中山金杯のコース解説

中山金杯が行われる中山芝2000mはスタート直後に坂があり、コースを1周回る設計で名物の急坂(高低差2.2m)を2回上る。1~2コーナーは上り坂になっており、平坦の向こう正面を走った後、3~4コーナーからは緩い下り坂になっています。

最後の直線は約310mと中央開催としてはかなり短く設計されております。

▶︎中山芝2000mの詳細データを見る

【2023年】中山金杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022レッドガラン牡72:00.1
2021ヒシイグアスセ62:00.9
2020トリオンフセ61:59.5
2019ウインブライト牡51:59.2
2018セダブリランテス牡41:59.8
2017ツクバアズマオー牡62:00.6
2016ヤマカツエース牡42:01.4
2015ラブリーデイ牡51:57.8
2014オーシャンブルー牡62:00.1
2013タッチミーノット牡71:59.5

中山金杯の過去10年の勝ち馬一覧を見ていきましょう。タイムは冬場の開催らしく、このクラスでも2分ぐらいとやや時計がかかっています。基本的には時計がかかるレースとして捉えておきましょう。また年末に有力馬や有力厩舎の馬は大舞台を終えたばかりということを考えると、年明け1週目のこのレースは必然とメンバーレベルが低くくなりがちと言えます。

中山金杯の歴代の勝ち馬一覧

中山金杯の歴代の勝ち馬については以下のタブ内に一覧でまとめています。過去20年、過去30年、歴代と勝ち馬から傾向を確認したい場合は、以下のタブを開いて確認できます。

【凡例】回数・日時・開催条件・勝ち馬・性齢・タイム・騎手・調教師・馬主

第1回1952年1月20日 中山 芝2600mサチフサ(牡4) 2:46.4
蛯名武五郎/藤本冨良/東北牧場
第2回1953年1月18日 中山 芝2600mアサトモ(牡4) 2:47.4
古山良司/望月与一郎/手塚栄一
第3回1954年1月17日 中山 芝2600mガイセイ(牡4) 2:53.8
保田隆芳/尾形藤吉/岩崎利明
第4回1955年1月16日 中山 芝2600mハクリヨウ(牡5) 2:45.4
保田隆芳/尾形藤吉/西博
第5回1956年1月22日 中山 芝2600mクリチカラ(牡6) 2:57.4
森安弘明/尾形藤吉/栗林友二
第6回1957年1月20日 中山 芝2600mホマレモン(牡4) 2:44.2
山本勲/尾形藤吉/永田雅一
第7回1958年1月19日 中山 芝2600mオンワードゼア(牡4) 2:48.2
野平好男/二本柳俊夫/樫山純三
第8回1959年1月18日 中山 芝2600mトサオー(牡4) 2:47.6
野平祐二/松山吉三郎/溝本儀三男
第9回1960年1月17日 中山 芝2600mカネチカラ(牡4) 2:48.1
森安弘明/阿部正太郎/金指吉昭
第10回1961年1月3日 中山 芝2000mヤマニンモアー(牡4) 2:05.8
藤本勝彦/藤本冨良/土井宏二
第11回1962年1月3日 中山 芝2000mオンスロート(牡5) 2:03.3
山岡忞/中村広/荒木政司
第12回1963年1月3日 中山 芝2000mカネツセーキ(牡4) 2:03.4
伊藤竹男/久保田金造/清水正紀
第13回1964年1月3日 中山 芝2000mトースト(牝5) 2:04.1
保田隆芳/尾形藤吉/永田雅一
第14回1965年1月3日 中山 芝2000mアサホコ(牡5) 2:04.2
加賀武見/藤本冨良/手塚栄一
第15回1966年1月3日 東京 芝2000mヤマドリ(牡5) 2:03.8
森安弘明/森末之助/清水友太郎
第16回1967年1月3日 中山 芝2000mヒガシソネラオー(牡5) 2:06.1
伊藤竹男/久保田金造/坂本清五郎
第17回1968年1月3日 中山 芝2000mオンワードヒル(牡5) 2:04.8
牧野三雄/中村広/樫山純三
第18回1969年1月5日 中山 芝2000mハクセツ(牝4) 2:04.4
岡部幸雄/高橋英夫/中村勝五郎
第19回1970年1月4日 東京 芝2000mスイートフラッグ(牝6) 2:03.8
野平祐二/野平省三/和田共弘
第20回1971年1月5日 東京 ダ2100mコウジョウ(牡5) 2:12.0
吉永正人/松山吉三郎/佐藤守宏
第21回1972年4月30日 福島 芝2000mコーヨー(牡4) 2:01.6
川上征雄/川上武一/佐藤欣治
第22回1973年1月7日 東京 芝2000mクリイワイ(牡4) 2:04.8
郷原洋行/大久保勝之/栗林友二
第23回1974年1月6日 東京 芝2000mイナボレス(牡5) 2:01.4
宮田仁/大久保末吉/稲富稜人
第24回1975年1月6日 東京 芝2000mウエスタンダッシュ(牡4) 2:03.1
伊藤正徳/尾形藤吉/西川商事(株)
第25回1976年1月5日 東京 芝2000mアイフル(牡5) 2:03.1
菅原泰夫/仲住芳雄/藤本義昭
第26回1977年1月5日 東京 芝2000mハーバーヤング(牡5) 2:02.0
岡部幸雄/稲葉秀男/(株)ハーバー
第27回1978年1月5日 東京 ダ2100mシマノカツハル(牡5) 2:09.7
小島太/古山良司/高橋勝治
第28回1979年1月5日 東京 芝2000mシービークロス(牡4) 2:00.6
吉永正人/松山吉三郎/千明牧場
第29回1980年1月5日 中山 芝2000mヨシノスキー(牡4) 2:08.4
的場均/佐藤征助/吉沢操子
第30回1981年1月5日 中山 芝2000mドロッポロード(牡4) 2:02.0
中野栄治/荒木静雄/瀧村修蔵
第31回1982年1月5日 中山 芝2000mエイティトウショウ(牝4) 2:04.4
中島啓之/奥平真治/トウショウ産業
第32回1983年1月5日 中山 芝2000mヨロズハピネス(牡4) 2:02.2
伊藤正徳/尾形充弘/アイ・ケイ・テイ・オーナーズ
第33回1984年1月5日 中山 芝2000mドウカンヤシマ(牡4) 2:01.8
大塚栄三郎/田中朋次郎/新井興業
第34回1985年1月6日 中山 芝2000mスズパレード(牡4) 2:00.4
田村正光/富田六郎/小紫芳夫
第35回1986年1月5日 中山 芝2000mクシロキング(牡4) 2:01.6
岡部幸雄/中野隆良/阿部昭
第36回1987年1月5日 中山 芝2000mトチノニシキ(牝5) 2:02.6
蛯沢誠治/栗田博憲/早乙女光男
第37回1988年1月5日 中山 芝2000mアイアンシロー(牡6) 2:01.9
蓑田早人/森末之助/西山正行
第38回1989年1月5日 中山 芝2000mニシノミラー(牡5) 2:00.7
武藤善則/佐藤全弘/西山正行
第39回1990年1月5日 中山 芝2000mメジロモントレー(牝4) 2:00.4
横山典弘/奥平真治/メジロ牧場
第40回1991年1月5日 中山 芝2000mカリブソング(牡5) 2:00.4
柴田政人/加藤修甫/荻伏牧場レーシング・クラブ
第41回1992年1月5日 中山 芝2000mトウショウファルコ(牡6) 1:59.6
柴田政人/新関力/トウショウ産業
第42回1993年1月5日 中山 芝2000mセキテイリュウオー(牡4) 2:00.5
田中勝春/藤原敏文/新元観光
第43回1994年1月5日 中山 芝2000mヒダカハヤト(牡7) 2:00.7
大塚栄三郎/森安弘昭/清峰殖産
第44回1995年1月5日 中山 芝2000mサクラローレル(牡4) 2:00.5
小島太/境勝太郎/全尚烈
第45回1996年1月5日 東京 芝2000mベストタイアップ(牡4) 1:59.3
横山典弘/松山康久/吉田照哉
第46回1997年1月5日 中山 芝2000mベストタイアップ(牡5) 2:01.5
岡部幸雄/松山康久/吉田照哉
第47回1998年1月5日 中山 芝2000mグルメフロンティア(牡6) 2:01.4
岡部幸雄/田中清隆/石井政義
第48回1999年1月5日 中山 芝2000mサイレントハンター(牡6) 2:00.8
吉田豊/大久保洋吉/臼田浩義”
第49回2000年1月5日 中山 芝2000mジョービッグバン(牡5) 2:01.4
山田和広/坪正直/上田けい子
第50回2001年1月5日 中山 芝2000mカリスマサンオペラ(牝4) 2:01.2
中舘英二/崎山博樹/畔柳年言
第51回2002年1月5日 東京 芝2000mビッグゴールド(牡4) 1:59.0
柴田善臣/中尾正/ビッグ
第52回2003年1月5日 中山 芝2000mトーホウシデン(牡6) 2:00.0
田中勝春/田中清隆/東豊物産
第53回2004年1月5日 中山 芝2000mアサカディフィート(騸6) 1:59.2
中舘英二/鶴留明雄/浅川吉男
第54回2005年1月5日 中山 芝2000mクラフトワーク(牡5) 1:59.0
横山典弘/後藤由之/サンデーレーシング
第55回2006年1月5日 中山 芝2000mヴィータローザ(牡6) 1:59.4
柴山雄一/橋口弘次郎/サンデーレーシング
第56回2007年1月6日 中山 芝2000mシャドウゲイト(牡5) 2:02.4
田中勝春/加藤征弘/飯塚知一
第57回2008年1月5日 中山 芝2000mアドマイヤフジ(牡6) 2:00.7
川田将雅/橋田満/近藤利一
第58回2009年1月4日 中山 芝2000mアドマイヤフジ(牡7) 1:58.5
川田将雅/橋田満/近藤利一
第59回2010年1月5日 中山 芝2000mアクシオン(牡7) 2:00.8
藤田伸二/二ノ宮敬宇/中田徹
第60回2011年1月5日 中山 芝2000mコスモファントム(牡4) 1:59.8
松岡正海/宮徹/ビッグレッドファーム
第61回2012年1月5日 中山 芝2000mフェデラリスト(牡5) 1:59.4
蛯名正義/田中剛/社台レースホース
第62回2013年1月5日 中山 芝2000mタッチミーノット(牡7) 1:59.5
横山典弘/柴崎勇/吉田照哉
第63回2014年1月5日 中山 芝2000mオーシャンブルー(牡6) 2:00.1
F.ベリー/池江泰寿/青芝商事
第64回2015年1月4日 中山 芝2000mラブリーデイ(牡5) 1:57.8
F.ベリー/池江泰寿/金子真人ホールディングス
第65回2016年1月5日 中山 芝2000mヤマカツエース(牡4) 2:01.2
池添謙一/池添兼雄/山田和夫
第66回2017年1月5日 中山 芝2000mツクバアズマオー(牡6) 2:00.6
吉田豊/尾形充弘/荻原昭二
第67回2018年1月6日 中山 芝2000mセダブリランテス(牡4) 1:59.8
戸崎圭太/手塚貴久/シルクレーシング
第68回2019年1月5日 中山 芝2000mウインブライト(牡5) 1:59.2
松岡正海/畠山吉宏/ウイン
第69回2020年1月5日 中山 芝2000mトリオンフ(騸6) 1:59.5
M.デムーロ/須貝尚介/桑田牧場
第70回2021年1月5日 中山 芝2000mヒシイグアス(牡5) 2:00.9
松山弘平/堀宣行/阿部雅英
第71回2022年1月5日 中山 芝2000mレッドガラン(牡7) 2:00.1
斎藤新/安田隆行/東京ホースレーシング

【2023年】中山金杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-1-4-230%40%80%
2番人気2-1-0-720%30%30%
3番人気2-0-0-820%20%20%

中山金杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。ハンデ戦で年始のレースということで波乱をイメージしますが、頭という意味では3番人気以内の馬が10年中7年で勝利。要するに「紐荒れ」「組み合わせのよる波乱」が起こるレースということでしょう。過度な大振りは禁物なレースです。

中山金杯の配当傾向

単勝3連複3連単
20221,590円7,500円75,640円
2021310円18,300円64,390円
2020430円28,440円107,910円
2019840円42,070円216,370円
2018250円5,270円18,170円
2017280円2,360円10,430円
2016490円1,850円11,190円
2015610円3,630円16,690円
2014950円7,250円57,180円
2013460円1,810円9,400円
平均621円11,848円58,737円

中山金杯の配当傾向です。単勝が1,000円以下で比較的頭は順当と言えるかもしれませんが、3連複と3連単は万馬券ということで、紐荒れの傾向が続いていますね。それでも”金杯”という波乱のイメージよりは、実は順当な傾向と言えるのではないでしょうか。

中山競馬場の配当傾向

中山金杯が行われる中山競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】中山金杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳2-3-2-188%20%28%
5歳3-3-2-1812%23%31%
6歳3-4-3-337%16%23%
7歳2-0-3-345%5%13%
8歳0-0-0-190%0%0%
9歳~0-0-0-50%0%0%

中山記念は馬齢別で見ると率では4~5歳馬が優勢。まずは4~5歳馬から馬券検討を始めるレースです。昔の残存イメージで高齢馬が活躍するイメージがありましたが、近年は好走するとしても7歳馬までということで、残存イメージと実態の乖離に注意が必要です。

【2023年】中山金杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-3-136%11%28%
2枠1-4-1-126%28%33%
3枠3-0-1-1516%16%21%
4枠3-1-1-1515%20%25%
5枠1-1-1-175%10%15%
6枠1-1-2-165%10%20%
7枠0-0-0-200%0%0%
8枠0-2-1-220%8%12%

中山記念の枠順別のデータを見ると内枠〜真ん中の枠が優勢と言えます。馬券検討の際は内枠〜真ん中の枠から検討をしたいレースですね。一方で外枠にはかなり厳しいレースですので、外枠の馬は評価を下げる必要があるでしょう。

中山競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

【2023年】中山金杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.0秒
3F12.9秒
4F11.9秒
5F12.5秒
6F11.7秒
7F11.7秒
8F11.6秒
9F11.6秒
10F12.1秒

中山金杯のラップ傾向です。他の競走と比べて中盤での時計の落ちが少なく、息が入りにくいタフなレースです。しかし直線も短いので直線で好位から小足を使えるタイプが台頭しやすいレースです。

【2023年】中山金杯のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ2頭
54.0~54.5キロ4頭
55.0~55.5キロ5頭
56.0~56.5キロ10頭
57.0~57.5キロ6頭
58キロ〜3頭

中山金杯のハンデ傾向です。軽量馬は不振です。むしろハンデが重い方が良いですね。まずはハンデが重たい馬から馬柱を見るようにしたいレースです。こちらも金杯のイメージから乖離している部分と言えるかもしれません。

【2023年】中山金杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ロードカナロアシンボリクリスエス
2着ハーツクライクロフネ
3着キングカメハメハディープインパクト
20211着ハーツクライBernstein
2着エイシンフラッシュアグネスタキオン
3着マンハッタンカフェボストンハーバー
20201着タートルボウルダンスインザダーク
2着マンハッタンカフェボストンハーバー
3着TeofiloStreet Cry

中山金杯の近3年の血統傾向です。キングカメハメハなどの中距離もOKなミスプロ系も馬券絡み。ノーザンダンサー系も悪くないです。基本的には冬場の中山芝中距離コースということでパワーのいるレースと捉えておきましょう。

【2023年】中山金杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝2000mの傾向データと特徴[2022年版] 京都金杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京都金杯の過去傾向データと馬券予想 ジュニアカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ジュニアカップの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です