【2022年】フェアリーステークスの過去傾向データと馬券予想

フェアリーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年1月にフェアリーステークスが開催されます。このページではフェアリーステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】フェアリーステークスの概要と馬券のポイント

【中山】芝1600コースイメージ

レース名フェアリーステークス(フェアリーS)
格付けGIII
コース中山 芝1600m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,500万円

フェアリーステークスは芝1600mで行われる3歳限定のGIIIです。年明け初戦の3歳牝馬重賞ということで、年末年始を挟んだ各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

【2022年】フェアリーステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝550円840円760円
馬連6,970円4,510円2,890円
馬単9,640円8,320円5,410円
3連複24,370円15,040円9,490円
3連単120,220円92,230円54,740円

単勝が1,000円以下ですが3連単は少し大きめの万馬券ということで、紐荒れの傾向が続いていますね。

【2022年】フェアリーステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  2. 後傾ラップになりやすいレース。
  3. 血統傾向は偏りが少ないレースか

 

【2022年】フェアリーステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ファインルージュ牝31:34.4
2020スマイルカナ牝31:34.0
2019フィリアプーラ牝31:36.0
2018プリモシーン牝31:34.6
2017ライジングリーズン牝31:34.7
2016ビービーバーレル牝31:34.3
2015ノットフォーマル牝31:35.2
2014オメガハートロック牝31:36.3
2013クラウンロゼ牝31:34.7
2012トーセンベニザクラ牝31:35.5

フェアリーステークスの過去10年の勝ち馬です。タイムはこの時期の中山らしく時計がかかる傾向にあります。

【2022年】フェアリーステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-0-1-810%10%20%
2番人気1-0-1-810%10%20%
3番人気5-0-1-450%50%60%

フェアリーステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気はそこまで信頼度が高くないですね。10年で30頭馬券内に入りますが1~3番人気が11頭しか馬券内にいないと考えると・・・穴狙いをしたくなるレースです。

【2022年】フェアリーステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2022年】フェアリーステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-2-1610%10%20%
2枠1-2-2-155%15%25%
3枠1-2-2-165%14%24%
4枠3-2-1-1415%25%30%
5枠1-1-0-185%10%10%
6枠0-1-0-190%5%5%
7枠1-0-3-165%5%20%
8枠1-3-0-165%20%20%

枠順別のデータを見ると内枠やや優勢。他の枠が悪いとは言えませんが・・・

【2022年】フェアリーステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.3秒
2F10.6秒
3F11.1秒
4F11.1秒
5F12.0秒
6F12.2秒
7F11.9秒
8F12.5秒

フェアリーステークスのラップ傾向です。特徴的なのが、他の中山1600mと違い、後半の上がりが速いレースです。かといって前半〜中盤が特別早いという訳でもありません。ただ先行勢だけの決着というパターンは少なく逃げ先行が1頭程度残り、基本的には後ろからの馬が台頭するレースです。

【2022年】フェアリーステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着キズナボストンハーバー
2着ルーラーシップスペシャルウィーク
3着エピファネイアネオユニヴァース
20201着ディープインパクトDistorted Humor
2着ハーツクライStreet Cry
3着ハーツクライOrpen
20191着ハービンジャーサンデーサイレンス
2着マツリダゴッホHenrythenavigator
3着ディープブリランテファルブラヴ

フェアリーステークスの近3年の傾向です。あまり顕著な傾向は出ていませんが、ノーザンダンサー系を少しケアしたほうがいいくらいでしょうか。あとはディープインパクトやハーツクライなどリーディング上位の種牡馬が順当に強いレースです。

【2022年】フェアリーステークスの注目馬

調査中です。

淀短距離ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】淀短距離ステークスの過去傾向データと馬券予想 ニューイヤーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ニューイヤーステークスの過去傾向データと馬券予想 すばるステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】すばるステークスの過去傾向データと馬券予想 シンザン記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】シンザン記念の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です