【2023年】淀短距離ステークスの過去傾向データと馬券予想

淀短距離ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に淀短距離ステークス(淀短距離S)が開催されます。このページでは淀短距離ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】淀短距離ステークスの概要と馬券のポイント

【京都】芝1200mコースイメージ

名称淀短距離ステークス(よどたんきょりすてーくす/淀短距離S)
格付けリステッド(L)
コース京都 芝1200m中京 芝1200m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 2,500万円

淀短距離ステークスは京都芝1200mで行われる別定戦です。翌月に春の大一番向けたステップレースのシルクロードステークスがありますので、このレースはそのレースよりも1枚格が落ちる馬が集まりやすいレースです。京都競馬場の改修の影響で中京競馬場での開催となります。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝1200mの傾向データと特徴[2022年版]

淀短距離ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1~3番人気の信頼度は低い。近10年で半分が馬券外に。
  2. ラップは近年前半が遅くなっているので注意。
  3. 枠の影響は少ないので馬の実力で選ぼう。

淀短距離ステークスのコース解説

京都芝1200mのスタート地点は向こう正面の中間点。スタートから3コーナーまで上り坂であることや、3コーナーまでの距離も短いため、序盤のポジション取りは厳しめのコースです。コースは内回りを使用し、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約328mと比較的短くなっております。

京都芝1200mの詳細データはこちら

【2023年】淀短距離ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022スマートクラージュ牡51:07.9
2021トゥラヴェスーラ牡61:08.2
2020アイラブテーラー牝41:09.6
2019ナインテイルズ牡81:09.1
2018ラインスピリット牡71:08.8
2017セイウンコウセイ牡41:08.0
2016ローレルベローチェ牡51:07.8
2015エイシンブルズアイ牡41:08.5
2014レディオブオペラ牝41:07.4
2013アイラブリリ牝41:10.2

淀短距離ステークスの過去10年の勝ち馬です。2013年の重馬場を除くと時計は早めの傾向です。ただ近年はテンのラップが遅く、決着時計も遅いという傾向が続いていますので注意が必要です。

【2023年】淀短距離ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-1-0-450%60%60%
2番人気0-4-1-50%40%50%
3番人気1-1-2-610%20%40%

淀短距離ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬は半分しか馬券になっていません。人気馬の信頼度は低いので人気馬を逆転できそうな馬を探したいレースです。

淀短距離ステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022270円3,480円12,120円
2021640円16,460円90,880円
2020200円15,080円60,740円
2019910円19,100円95,060円
2018850円2,590円16,500円
20171,010円15,750円85,350円
2016300円2,820円10,690円
2015310円12,020円44,730円
2014170円1,610円3,560円
2013940円34,670円208,310円
平均560円12,358円62,794円

単勝が1,000円以下ですが3連複と3連単は万馬券ということで、紐荒れの傾向が続いていますね。平均化すると3連単こそ10万円に届きませんが、人気馬の信頼度は低いレースです。

【2023年】淀短距離ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳5-2-3-1619%27%38%
5歳2-4-0-208%23%23%
6歳1-3-5-352%9%20%
7歳1-1-1-254%7%11%
8歳1-0-0-137%7%7%
9歳~0-0-1-30%0%25%

馬齢別で見ると率では4歳馬が優勢。まずは4歳馬から馬券検討を始めるレースです。また参加メンバーが低調と言うことも影響して、今までは一つ上のレベルで戦っていた高齢馬が参戦して馬券になるケースもあります。

【2023年】淀短距離ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-2-2-116%19%31%
2枠2-0-1-1412%12%18%
3枠1-3-1-126%24%29%
4枠1-1-0-156%12%12%
5枠0-0-1-170%0%6%
6枠1-1-3-145%11%26%
7枠3-3-1-1315%30%35%
8枠1-0-1-195%5%10%

枠順別のデータを見るとどの枠も問題ない成績ですね。2枠と7枠は異常値が出ていますが、コース形態的に2枠と7枠だけが得すると言う訳ではないのでイレギュラーでしょう。枠よりも馬の力やコンディション、展開を優先して検討材料としたいレースです。

【2023年】淀短距離ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.2秒
2F10.9秒
3F11.2秒
4F11.4秒
5F11.2秒
6F11.7秒

淀短距離ステークスのラップ傾向です。全体時計としては平均的な芝1200mの準OP・OPクラスのラップと遜色ありませんが、このレースの傾向として、まれにテンがかなり遅くなる年もあるのでメンバーの脚質に注目です。

【2023年】淀短距離ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ディープインパクトキングヘイロー
2着キズナフレンチデピュティ
3着ベーカバドブライアンズタイム
20211着ドリームジャーニーアドマイヤコジーン
2着ゴールドアリュールブライアンズタイム
3着ロードカナロアフレンチデピュティ
20201着トーセンラーダンスインザダーク
2着ロードカナロアネオユニヴァース
3着ローエングリンアグネスタキオン

淀短距離ステークスの近3年の傾向です。2021年はコースが中京に変わりましたが、継続してノーザンダンサー系の血を持っている馬がやや目立ちます。

【2023年】淀短距離ステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
シンザン記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】シンザン記念の過去傾向データと馬券予想 ニューイヤーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ニューイヤーステークスの過去傾向データと馬券予想 すばるステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】すばるステークスの過去傾向データと馬券予想 フェアリーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】フェアリーステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です