【2023年】紅梅ステークスの過去傾向データと馬券予想

紅梅ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に紅梅ステークス(紅梅S)が開催されます。このページでは紅梅ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】紅梅ステークスの概要と馬券のポイント

【京都】芝1400(外)コースイメージ

名称紅梅ステークス(こうばいすてーくす/紅梅S)
格付けリステッド(L)
コース京都(外) 芝1400m中京 芝1400m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 2,000万円

紅梅ステークスは京都の外回り芝1400mで行われる3歳牝馬限定のリステッド競走です。年明けの牝馬のレースとなるとシンザン記念に向かったり、フェアリーステークスに向かったり、翌月のエルフィンに流れたりと有力馬がバラけるケースが多いですが、過去の連対馬にはシンハライト、メイショウマンボなどの出世馬がおります。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝1400mの傾向データと特徴[2022年版]

紅梅ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は高め。
  2. 枠順の傾向もあまりない。
  3. 血統傾向は偏りが少ないレースか

紅梅ステークスのコース解説

京都芝1400m(外回り)のスタート地点は向こう正面左手の2コーナー付近。直線部分が長く取られており、序盤のポジション取りはし易いコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝1400m(外)の詳細データはこちら

【2023年】紅梅ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2022フォラブリューテ牝31:21.8
2021ソングライン牝31:20.6
2020ヒルノマリブ牝31:24.8
2019メイショウケイメイ牝31:22.8
2018モルトアレグロ牝31:22.7
2017アロンザモナ牝31:22.4
2016シンハライト牝31:21.5
2015コンテッサトゥーレ牝31:21.9
2014アドマイヤビジン牝31:23.9
2013レッドオーヴァル牝31:23.5

紅梅ステークスの過去10年の勝ち馬です。タイムについてはメンバーレベルによるところが大きいと思います。また通常のイーブンラップの芝1400mというよりは、桜花賞を見据えて各馬ゆっくり入って末脚を伸ばすレースになりやすいので、この傾向は続くと思います。

【2023年】紅梅ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-1-0-450%60%60%
2番人気2-2-3-320%40%70%
3番人気0-2-1-70%20%30%

紅梅ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~2番人気が安定して馬券になっているので、まずは上位人気を馬券の検討対象に。3番人気はやや不振ですので4~5番人気にも目を配りましょう。

紅梅ステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022200円880円3,240円
2021290円6,250円26,000円
2020340円3,960円17,730円
20191,470円4,390円37,610円
2018410円9,090円48,190円
2017720円6,770円31,870円
2016300円3,870円15,240円
2015320円33,430円106,820円
2014590円9,760円49,460円
2013270円2,410円13,990円
平均491円8,081円35,015円

単勝配当は低めの傾向ですが3連単はほぼ万馬券ということで、3頭のうち1〜2頭人気薄が絡む傾向が続いていますね。

京都競馬場の配当傾向

紅梅ステークスが行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】紅梅ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2023年】紅梅ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-0-99%18%18%
2枠 0-2-1-80%18%27%
3枠 1-0-2-98%8%25%
4枠 1-0-2-117%7%21%
5枠 2-2-1-1013%27%33%
6枠 3-1-0-1219%25%25%
7枠 1-1-2-136%12%24%
8枠 1-3-2-145%20%30%

枠順別のデータを見るとあまり枠の影響はなさそうです。最後の直線の脚比べのような末脚を伸ばす展開になりやすいのでこういう傾向なのでしょう。

【2023年】紅梅ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.3秒
2F11.2秒
3F11.8秒
4F12.0秒
5F11.9秒
6F11.6秒
7F11.9秒

紅梅ステークスのラップ傾向です。ゆっくり入って最後の直線で末脚を伸ばすレースになりやすく後半3ハロンが早くなっています。

【2023年】紅梅ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着エピファネイアアドマイヤベガ
2着Dark AngelRoderic O’Connor
3着スクリーンヒーローマンハッタンカフェ
20211着キズナシンボリクリスエス
2着ミッキーアイルタニノギムレット
3着ディスクリートキャットシンボリクリスエス
20201着ゴールドアリュールシアトルダンサー2
2着ShacklefordCombat Ready
3着ディープインパクトMarju

紅梅ステークスの近3年の血統傾向です。あまり顕著な傾向は出ていません。馬の個体値・能力優先で馬券検討に入るレースかと思います。

【2023年】紅梅ステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
愛知杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】愛知杯の過去傾向データと馬券予想 京成杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京成杯の過去傾向データと馬券予想 日経新春杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】日経新春杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です