【2023年】愛知杯の過去傾向データと馬券予想

愛知杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に愛知杯が開催されます。このページでは愛知杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】愛知杯の概要と馬券のポイント

【中京】芝2000コースイメージ

名称愛知杯(あいちはい)
格付けGIII
コース中京 芝2000m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)牝馬限定戦・ハンデ戦
賞金1着 3,800万円

愛知杯は中京芝2000mで行われるハンデ戦です。年明け初戦の重賞ということで、年末年始を挟んだ各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

愛知杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低いレース
  2. レースの開催時期により馬齢別の傾向が異なる
  3. 軽ハンデの馬が台頭。相対的に斤量に恵まれた馬を狙おう

愛知杯のコース解説

中京芝2000mのスタート地点はスタンド前の中間のやや左寄りの地点。上り坂の途中からスタートしてコースを1周するコース形態です。3~4コーナーはスパイラルカーブで下り坂。直線の半ばで約2mの急坂があるが、最後の240mはほぼ平坦。

最後の直線は約412mと長く取られております。

中京芝2000mはスタート直後に登り坂の途中からスタートします。その為、最初の1ハロン(特に100m)のラップが上がりにくく、コース全体としては前有利です。

中京芝2000mの詳細データはこちら

【2023年】愛知杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ルビーカサブランカ牝52:01.0
2021マジックキャッスル牝41:58.7
2020デンコウアンジュ牝72:01.1
2019ワンブレスアウェイ牝62:00.0
2018エテルナミノル牝52:00.1
2017マキシマムドパリ牝52:01.4
2016バウンシャッセ牝51:58.8
2014ディアデラマドレ牝42:04.4
2013フーラブライド牝42:02.1
2012エーシンメンフィス牝42:03.6

愛知杯の過去10年の勝ち馬です。タイムは冬場の開催らしく、このクラスでも2分ぐらいと、やや時計がかかっている印象です。あとは年末・もしくは年始に開催される牝馬限定のハンデ戦ということで一流牝馬が出てくることは少なく、そもそものレベル的な問題もあるかと思います。

【2023年】愛知杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-1-1-522%33%44%
2番人気1-1-0-711%22%22%
3番人気0-1-0-80%11%11%

愛知杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の成績はよくありません。基本的に上位人気の信頼度は低いので人気薄の馬の台頭に注意を払うべきレースです。勝ち馬の項で説明したように、レベルの低さというのも一因だと思います。

愛知杯の配当傾向

単勝3連複3連単
20221,270円21,540円124,940円
2021630円19,070円79,590円
20202,460円91,350円598,880円
20193,180円9,010円99,140円
20181,160円16,650円121,160円
2017500円20,920円120,440円
20162,190円48,950円345,200円
2015-円-円-円
2014410円11,060円40,420円
20134,370円744,520円4,712,080円
平均1,797円109,230円693,539円

2020年は小倉開催です。単勝から3連単まで波乱傾向。3連単は波乱と呼べる配当です。3連複と3連単の比較を見ると人気薄+人気馬の組み合わせが良さそうです。

【2023年】愛知杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-110%0%0%
4歳3-3-3-278%17%25%
5歳4-4-2-457%15%18%
6歳1-2-3-293%9%17%
7歳1-0-1-711%11%22%
8歳0-0-0-20%0%0%
9歳~0-0-0-00%0%0%

馬齢別は注意が必要です。愛知杯は開催時期がコロコロ変わります。12月の開催ですと3歳馬の出走は可能ですが1月の開催ですと3歳馬の出走は不可能です。

また、12月の開催ですとサンデーRなどの主要クラブ馬が6歳3月で引退するので、6歳の馬のレベルが低くなり下の世代の台頭が目立つレースになります。1月の開催ですと6歳3月に引退するサンデーRなどのクラブ馬が最後の一稼ぎするレースになるので、他のレースと比べるとクラブ馬の6歳馬が活躍するケースが目立ちます。

【2023年】愛知杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-127%13%20%
2枠 1-1-2-136%12%24%
3枠 2-2-0-1411%22%22%
4枠 1-1-2-146%11%22%
5枠 1-0-1-166%6%11%
6枠 1-0-1-166%6%11%
7枠 1-3-0-185%18%18%
8枠 1-1-2-194%9%17%

枠順別のデータを見ると内枠〜真ん中の枠が優勢。外枠はやや厳しいレースです。

【2023年】愛知杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.3秒
3F12.5秒
4F12.5秒
5F12.1秒
6F12.1秒
7F12.1秒
8F12.0秒
9F11.7秒
10F12.0秒

愛知杯のラップ傾向です。他の中京2000mの競走と比べて中盤のラップが落ち、少し上がりが速いという傾向です。実際に2014年以降から上がり1位の馬が馬券に絡んでいます。

【2023年】愛知杯のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ4頭
52.0~52.5キロ3頭
53.0~53.5キロ6頭
54.0~54.5キロ6頭
55.0~55.5キロ5頭
56.0~56.5キロ6頭
57.0~57.5キロ0頭
58キロ〜0頭

愛知杯のハンデ傾向です。50~52キロあたりの軽量馬が他のハンデ戦と比べても好走しています。レベルが低くなりやすいレースですので、相対的にハンデが恵まれている馬がいないかを念頭に馬柱を見てみましょう。

【2023年】愛知杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着キングカメハメハダンスインザダーク
2着クロフネディープインパクト
3着ディープインパクトLe Havre
20211着ディープインパクトシンボリクリスエス
2着ディープインパクトシンボリクリスエス
3着ルーラーシップフジキセキ
20201着メイショウサムソンマリエンバード
2着ドリームジャーニーネオユニヴァース
3着ハービンジャーサンデーサイレンス

愛知杯の近3年の傾向です。(2020年は小倉開催のため参考程度)2021年はディープインパクトがワンツー。今後の傾向変化に気をつけたいレースです。

【2023年】愛知杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
紅梅ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】紅梅ステークスの過去傾向データと馬券予想 京成杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京成杯の過去傾向データと馬券予想 日経新春杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】日経新春杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です