【2022年】京成杯の過去傾向データと馬券予想

京成杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年1月に京成杯が開催されます。このページでは京成杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】京成杯の概要と馬券のポイント

【中山】芝2000コースイメージ

レース名京成杯(けいせいはい)
格付けGIII
コース中山 芝2000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,800万円

京成杯は芝2000mで行われる3歳限定のGIIIです。年明け・中距離の3歳混合重賞ということで、年末年始を挟んだ各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

【2022年】京成杯の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝310円2,090円510円
馬連1,020円2,760円970円
馬単1,730円8,220円1,690円
3連複3,210円29,380円5,490円
3連単11,750円66,090円22,140円

3連単は万馬券ということで、紐あれの傾向が目立ちますね。

【2022年】京成杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  2. 逃げ馬には厳しいラップになりやすいレース。
  3. 父サンデー・ディープ系は不振のレースか

【2022年】京成杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021グラティアス牡32:03.1
2020クリスタルブラック牡32:02.2
2019ラストドラフト牡32:01.2
2018ジェネラーレウーノ牡32:01.2
2017コマノインパルス牡32:02.5
2016プロフィット牡32:01.4
2015ブラックバゴ牡32:02.3
2014プレイアンドリアル牡32:01.1
2013フェイムゲーム牡32:02.3
2012ベストディール牡32:00.6

京成杯の過去10年の勝ち馬です。タイムはおよそ2分1~2秒で決着するレースです。他の特徴としては牡馬優勢。これはシンザン記念やフェアリーSに有力な牝馬が流れる為かと思います。

【2022年】京成杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-1-330%60%70%
2番人気1-3-1-510%40%50%
3番人気1-0-1-810%10%20%

京成杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気はそこまで信頼度が高くないですね。昨年も1番人気のスカイグルーヴが2着に破れるなど人気上位馬の取りこぼしの多いレースです。

【2022年】京成杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2022年】京成杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-2-98%15%31%
2枠0-1-2-130%6%19%
3枠2-1-1-1213%19%25%
4枠1-1-1-136%13%19%
5枠2-1-1-1511%16%21%
6枠2-1-3-1410%15%30%
7枠0-0-0-200%0%0%
8枠2-4-0-1510%29%29%

枠順別のデータを見ると特に有利不利は感じないレースです。7枠だけ鬼門みたいですが・・・

【2022年】京成杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.0秒
3F12.8秒
4F12.2秒
5F12.8秒
6F12.4秒
7F12.1秒
8F11.9秒
9F11.8秒
10F12.2秒

京成杯のラップ傾向です。この時期の3歳馬と言うことで他の中山2000mのラップと違い、中盤が緩み、上がりもかかっています。しかしこれは他のレースと比べた相対的なもので、逃げ馬の馬券絡みは2010年のアドマイヤテンクウが最後と、中間の800mの12秒台連発はこの時期の3歳馬にとっては過酷です。

一方、番手から4角〜直線入り口あたりで逃げ馬を捉えた先行馬は好調。2021年のグラティアス、2020年のスカイグルーヴ、2019年のラストドラフト、2018年のジェネラーレウーノあたりが該当します。

【2022年】京成杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ハーツクライLizard Island
2着ロードカナロアアドマイヤベガ
3着モーリススペシャルウィーク
20201着キズナタイキシャトル
2着エピファネイアキングカメハメハ
3着ディープインパクトStreet Sense
20191着ノヴェリストディープインパクト
2着キングカメハメハディープインパクト
3着ハービンジャーディープインパクト

京成杯の近3年の傾向です。父系サンデー系が昨年は勝ちましたが2016年以降で見ると馬券内15頭のうち、父サンデー・ディープ系は5頭が馬券内とあまり父サンデー・ディープ系が強いレースとは言えません。2022年はその傾向で言うと、モーリスやリオンディーズなどの次世代の種牡馬に期待がかかるところ。

【2022年】京成杯の注目馬

調査中です。
紅梅ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】紅梅ステークスの過去傾向データと馬券予想 愛知杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】愛知杯の過去傾向データと馬券予想 日経新春杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】日経新春杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です