【2023年】京成杯の過去傾向データと馬券予想

京成杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に京成杯が開催されます。このページでは京成杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】京成杯の概要と馬券のポイント

【中山】芝2000コースイメージ

名称京成杯(けいせいはい)
格付けGIII
コース中山 芝2000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 4,000万円

京成杯は芝2000mで行われる3歳限定のGIIIです。年明け・中距離の3歳混合重賞ということで、年末年始を挟んだ各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

京成杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  2. 逃げ馬には厳しいラップになりやすいレース。
  3. 父サンデー・ディープ系は不振のレースか

京成杯のコース解説

中山芝2000mはスタート直後に坂があり、コースを1周回る設計で名物の急坂(高低差2.2m)を2回上る。1~2コーナーは上り坂になっており、平坦の向こう正面を走った後、3~4コーナーからは緩い下坂になっています。

最後の直線は約310mと中央開催としてはかなり短く設計されております。

中山芝2000mの詳細データはこちら

【2023年】京成杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2022オニャンコポン牡32:01.3
2021グラティアス牡32:03.1
2020クリスタルブラック牡32:02.2
2019ラストドラフト牡32:01.2
2018ジェネラーレウーノ牡32:01.2
2017コマノインパルス牡32:02.5
2016プロフィット牡32:01.4
2015ブラックバゴ牡32:02.3
2014プレイアンドリアル牡32:01.1
2013フェイムゲーム牡32:02.3

京成杯の過去10年の勝ち馬です。タイムはおよそ2分1~2秒で決着するレースです。他の特徴としては牡馬優勢。これはシンザン記念やフェアリーSに有力な牝馬が流れる為かと思います。

【2023年】京成杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-0-430%60%60%
2番人気0-3-1-60%30%40%
3番人気1-0-1-810%10%20%

京成杯の人気馬の着度数の傾向です。人気馬の信頼度は低く、わざわざ特別な理由がない限り人気馬から選ぶ必要なないかもしれません。例えば2020年も1番人気のスカイグルーヴが2着に破れるなど人気上位馬の取りこぼしの多いレースです。

京成杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

単勝3連複3連単
20221,320円56,610円323,010円
2021310円3,210円11,750円
20202,090円8,480円66,090円
2019510円5,490円22,140円
2018350円3,130円12,290円
2017380円4,660円23,040円
20161,130円11,280円78,050円
2015530円3,700円16,830円
2014730円7,430円43,250円
20131,260円27,420円166,910円
平均861円13,141円76,336円

京成杯の配当傾向です。単勝こそ大波乱とは言えませんが3連単は全て万馬券。やはり馬券的には難しいレースです。

【2023年】京成杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2023年】京成杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-2-88%17%33%
2枠 0-1-2-130%6%19%
3枠 2-1-1-1213%19%25%
4枠 0-1-1-140%6%13%
5枠 3-1-1-1515%20%25%
6枠 2-1-3-1410%15%30%
7枠 0-0-0-200%0%0%
8枠 2-4-0-1510%29%29%

枠順別のデータを見ると特に有利不利は感じないレースです。7枠だけ特に悪く鬼門みたいになっていますが、中山芝2000mのコース的にそのような傾向はありませんのでたまたまかなと。

中山競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

【2023年】京成杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F10.9秒
3F12.9秒
4F12.2秒
5F12.8秒
6F12.4秒
7F12.1秒
8F11.9秒
9F11.8秒
10F12.2秒

京成杯のラップ傾向です。この時期の3歳馬と言うことで他の中山2000mのラップと違い、中盤が緩み、上がりもかかっています。しかしこれは他のレースと比べた相対的なもので、逃げ馬の馬券絡みは2010年のアドマイヤテンクウが最後と、中間の800mの12秒台連発はこの時期の3歳馬にとっては過酷です。

一方、番手から4角〜直線入り口あたりで逃げ馬を捉えた先行馬は好調。2021年のグラティアス、2020年のスカイグルーヴ、2019年のラストドラフト、2018年のジェネラーレウーノあたりが該当します。

【2023年】京成杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着エイシンフラッシュヴィクトワールピサ
2着ジャングルポケットハービンジャー
3着エピファネイアゼンノロブロイ
20211着ハーツクライLizard Island
2着ロードカナロアアドマイヤベガ
3着モーリススペシャルウィーク
20201着キズナタイキシャトル
2着エピファネイアキングカメハメハ
3着ディープインパクトStreet Sense

京成杯の近3年の傾向です。2016年以降で見ると馬券内に入る馬は父サンデー・ディープよりもそれ以外の父系が多く占めており、あまり父サンデー・ディープ系が強いレースとは言えません。2023年はその傾向で言うと、エピファネイアやリオンディーズなどの次世代の種牡馬に期待がかかるところ。

【2023年】京成杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝2000mの傾向データと特徴[2022年版] 紅梅ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】紅梅ステークスの過去傾向データと馬券予想 愛知杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】愛知杯の過去傾向データと馬券予想 日経新春杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】日経新春杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です