【2023年】日経新春杯の過去傾向データと馬券予想

日経新春杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月に日経新春杯が開催されます。このページでは日経新春杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】日経新春杯の概要と馬券のポイント

【京都】芝2400m(外)コースイメージ

名称日経新春杯(にっけいしんしゅんはい)
格付けGII
コース京都(外)芝2400m中京芝2200m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 5,700万円

日経新春杯は芝2400mで行われるハンデ戦ですが京都競馬場の改修に伴い中京芝2200mに条件が変更となっており明ます。春の大レースに向けたGI級以外の馬の力試しのレースとして位置付けられています。ここで初GII制覇だったり、前年の秋にGIで振るわなかった馬が新年に立て直しとするケースが目立ちます。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝2200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝2200mの傾向データと特徴[2022年版]

日経新春杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  2. 前後半のラップはイーブンラップになりやすい
  3. 軽ハンデの馬は不振。実績馬の取捨選択を

日経新春杯のコース解説

京都芝2400mのスタート地点は4コーナー奥のポケット地点。1コーナーまでの距離は約600m。ポジション取りはしやすいコース。向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝2400mの詳細データはこちら

【2023年】日経新春杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ヨーホーレイク牡42:11.7
2021ショウリュウイクゾ牡42:11.8
2020モズベッロ牡42:26.9
2019グローリーヴェイズ牡42:26.2
2018パフォーマプロミス牡62:26.3
2017ミッキーロケット牡42:25.7
2016レーヴミストラル牡42:25.9
2015アドマイヤデウス牡42:24.8
2014サトノノブレス牡42:24.4
2013カポーティースター牡42:25.0

日経新春杯の過去10年の勝ち馬です。タイムは道中のペースによってかなりマチマチですね。基本的には2分24秒以上になることが多いのであまり速い時計への対応力は求められないレースです。

【2023年】日経新春杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-4-0-330%70%70%
2番人気3-1-0-630%40%40%
3番人気1-0-1-810%10%20%

日経新春杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。ハンデ戦で年始のレースということで波乱をイメージしますが、データ面で見ても上位人気が優勢です。1番人気の複勝率70%は非常に高いので軸もしくは相手筆頭になりえますね。

日経新春杯の配当傾向

単勝3連複3連単
2022560円5,970円26,610円
20211,960円112,200円961,790円
2020490円29,380円110,680円
2019270円2,640円10,530円
2018370円9,240円37,240円
2017290円1,330円5,040円
2016470円1,400円6,550円
20151,210円35,650円200,130円
2014320円1,380円4,700円
20132,280円10,000円63,590円
平均822円20,919円142,686円

京都開催の時は順当な決着が続いていましたが、2021年に中京開催になってことで波乱になりました。基本的には1番人気の複勝率が高いレースですので、そこまで配当は跳ねない傾向のレースではあります。

京都競馬場の配当傾向

日経新春杯が行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】日経新春杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳8-3-0-1729%39%39%
5歳1-4-5-273%14%27%
6歳1-3-5-332%10%21%
7歳0-0-0-230%0%0%
8歳0-0-0-120%0%0%
9歳~0-0-0-70%0%0%

馬齢別で見ると率では4歳馬が優勢。まずは4歳馬から、若い馬から馬券検討を始めるレースです。

【2023年】日経新春杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠4-1-0-1125%31%31%
2枠 1-2-2-116%19%31%
3枠 0-4-3-110%22%39%
4枠 2-1-0-1511%17%17%
5枠 1-1-2-165%10%20%
6枠 1-1-1-175%10%15%
7枠 1-0-2-185%5%14%
8枠 0-0-0-210%0%0%

枠順別のデータを見ると内枠〜真ん中の枠が優勢。外枠は厳しいレースです。コース形態的には外が不利になる要素は少なめの形態なのですが、馬券としてはこう言う傾向が出ているので認識しておきましょう。

【2023年】日経新春杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F11.2秒
3F11.4秒
4F12.5秒
5F12.6秒
6F12.5秒
7F12.6秒
8F12.5秒
9F12.0秒
10F11.9秒
11F11.7秒
12F11.8秒

日経新春杯のラップ傾向です。他の競走とあまり傾向差がなく、前半と後半がイーブンに近いラップになります。前半の時計が早くならない限りは、先行〜中盤から脚を使える馬が良いでしょう。

【2023年】日経新春杯のハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ1頭
52.0~52.5キロ5頭
53.0~53.5キロ2頭
54.0~54.5キロ4頭
55.0~55.5キロ8頭
56.0~56.5キロ8頭
57.0~57.5キロ1頭
58キロ〜1頭

日経新春杯のハンデ傾向です。ハンデが軽い馬も重たい馬の馬券絡みが目立ちます。人気上位が強いレースですので背負っていても馬券絡みしますし、軽量馬も馬券に絡んでいるので斤量はフラットに考えた方が良いかもしれません。

【2023年】日経新春杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ディープインパクトフレンチデピュティ
2着バゴディープインパクト
3着キズナアグネスデジタル
20211着オルフェーヴルキングカメハメハ
2着タニノギムレットサンデーサイレンス
3着キングカメハメハタニノギムレット
20201着ディープブリランテHarlan’s Holiday
2着ディープインパクトSmart Strike
3着サマーバードアグネスタキオン

日経新春杯の近3年の傾向です。コースが変更となっておりますので参考程度に

【2023年】日経新春杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
愛知杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】愛知杯の過去傾向データと馬券予想 京成杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京成杯の過去傾向データと馬券予想 紅梅ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】紅梅ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です