【2022年】ニューイヤーステークスの過去傾向データと馬券予想

ニューイヤーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年1月にニューイヤーステークスが開催されます。このページではニューイヤーステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】ニューイヤーステークスの概要と馬券のポイント

【中山】芝1600コースイメージ

レース名ニューイヤーステークス(ニューイヤーS)
格付けリステッド
コース中山 芝1600m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金2,500万円

ニューイヤーステークスは中山芝1600mで行われるリステッド戦です。京都金杯や東京新聞杯などのGIIIマイル戦にメンバーが流れることもあり、基本的には低調なメンバー構成になるレースです。

【2022年】ニューイヤーステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝9,110円540円680円
馬連40,740円9,120円1,680円
馬単101,890円16,240円3,540円
3連複104,070円12,380円102,910円
3連単1,266,630円92,540円478,220円

3連複と3連単は3年連続万馬券ということで、荒れる傾向が続いていますね。

【2022年】ニューイヤーステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. イメージとは異なり上位人気の信頼度は高い。
  2. 前後半のラップはイーブンラップになりやすい
  3. 内枠がやや優勢も外枠だからと言って嫌うほどではない

【2022年】ニューイヤーステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ミッキーブリランテ牡51:33.2
2020ジャンダルム牡51:35.8
2019ドーヴァー牡61:32.4
2018ダノンプラチナ牡61:34.5
2017マイネルアウラート牡61:33.5
2016ダイワリベラル牡51:34.3
2015コスモソーンパーク牡71:33.9
2014レッドアリオン牡41:33.4
2013ミトラセ51:33.5
2012コスモセンサー牡51:32.4

ニューイヤーステークスの過去10年の勝ち馬です。良馬場開催の時は1分32秒後半から33秒台の脚が使える馬から選びましょう。

【2022年】ニューイヤーステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-1-1-440%50%60%
2番人気0-2-3-50%20%50%
3番人気3-4-1-230%70%80%

ニューイヤーステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。低調なメンバーになることが多いレースですが上位人気の信頼度は高い方のレースです。レースのイメージとは異なりますので、頭の片隅にでも入れておきましょう。

【2022年】ニューイヤーステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳1-1-2-204%8%17%
5歳5-4-3-1519%33%44%
6歳3-2-2-328%13%18%
7歳1-1-3-313%6%14%
8歳0-2-0-140%13%13%
9歳~0-0-0-40%0%0%

馬齢別で見ると率では4~5歳馬が優勢。まずは4~5歳馬から馬券検討を始めるレースですが2016~2018年は6歳馬が3年連続勝利し、率が変わって来ています。

【2022年】ニューイヤーステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-3-2-126%22%33%
2枠1-2-0-146%18%18%
3枠1-2-0-156%17%17%
4枠1-0-0-176%6%6%
5枠1-0-1-156%6%12%
6枠3-0-2-1317%17%28%
7枠1-3-3-125%21%37%
8枠1-1-2-165%10%20%

枠順別のデータを見るとうちがやや有利ですが、外枠も悲観するほどではありません。コース形態的に外は不利というイメージがありますが、近年はやや是正されて来ていることもあり、このレースに関しても同じようなイメージで良いと思います。

【2022年】ニューイヤーステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.2秒
3F11.4秒
4F11.6秒
5F11.7秒
6F11.7秒
7F11.5秒
8F12.1秒

重賞以上になると前がかりになりますが、OPクラスですと前半と後半がイーブンに近いラップになります。前半の時計が早くならない限りは、先行〜中盤から脚を使える馬が良いでしょう。

【2022年】ニューイヤーステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ディープブリランテDansili
2着ディープインパクトTapit
3着LonhroTiznow
20201着Kitten’s JoySunday Silence
2着カンパニーサンデーサイレンス
3着ディープインパクトTapit
20181着ディープインパクトUnbridled’s Song
2着キンシャサノキセキKingmambo
3着ダイワメジャートニービン

ニューイヤーステークスの近3年の傾向です。元々高いレベルではないレースですので、2018年のダノンプラチナ(ディープインパクト×Unbridled’s Song)、2021年のアルジャンテ(ディープインパクト×Tapit)のような超王道血統の馬が出るということの方が稀です。基本的には主流から少しズレている血統の方が向くレースです。

【2022年】ニューイヤーステークスの注目馬

調査中です。

淀短距離ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】淀短距離ステークスの過去傾向データと馬券予想 シンザン記念の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】シンザン記念の過去傾向データと馬券予想 すばるステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】すばるステークスの過去傾向データと馬券予想 フェアリーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】フェアリーステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です