【2023年】京都金杯の過去傾向データと馬券予想

京都金杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年1月にスポーツニッポン賞・京都金杯が開催されます。このページでは京都金杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】京都金杯の概要

【京都】芝1600(外)コースイメージ

名称京都金杯(きょうときんぱい)
格付けGIII(G3)
コース京都(外)芝1600m中京 芝1600m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 4,300万円

京都金杯は芝1600mで行われるハンデ戦ですが、京都競馬場の改修に伴い中京1600mに条件変更となっております。年明け初戦の重賞ということで有馬記念やホープフルSから競馬を我慢していた競馬ファンが待ち望んでいる重賞です。

競馬ファンも年末年始で休むように、競馬関係者も休みがありますので変則的な調教パターンになります。冬場で馬体も増えやすいので、各馬のコンディションを見極めるのが重要なレースです。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝1600mの傾向データと特徴[2022年版]

京都金杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  • 前後半のラップはイーブンラップになりやすい
  • 軽ハンデの馬は不振。実績馬の取捨選択を

京都金杯のコース解説

京都芝1600m(外回り)のスタート地点は正面左手の2コーナー付近ポケット地点。3コーナーまでの距離は700mほどあり、ポジション取りはしやすいコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

▶︎京都芝1600m(外)の詳細データを見る

【2023年】京都金杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ザダル牡61:32.9
2021ケイデンスコール牡51:33.1
2020サウンドキアラ牝51:34.0
2019パクスアメリカーナ牡41:34.9
2018ブラックムーン牡61:34.3
2017エアスピネル牡41:32.8
2016ウインプリメーラ牝61:33.0
2015ウインフルブルーム牡41:32.8
2014エキストラエンド牡51:32.5
2013ダノンシャーク牡51:33.5

京都金杯の過去10年の勝ち馬です。タイムは近年時計がかかっています。2021年と2022年は中京で開催されました。勝ち馬からうける印象ですがGIIIクラスで転戦している(もしきはこれから転戦する)タイプがハンデを利して優勝するという印象でしょうか。

【2023年】京都金杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-1-1-530%40%50%
2番人気1-2-1-610%30%40%
3番人気1-1-0-810%20%20%

京都金杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。ハンデ戦で年始のレースということで波乱をイメージしますが、このデータで見ても上位人気が10年の馬券内の30頭のうち11頭しか入線していませんので、波乱傾向のイメージ通りでいいでしょう。

京都金杯の配当傾向

単勝3連複3連単
20221,390円25,310円194,320円
20214,330円135,900円1,228,010円
2020550円21,910円83,460円
2019220円34,980円98,580円
2018640円1,720円11,480円
2017180円3,260円11,040円
2016610円63,710円347,310円
2015710円69,520円69,520円
20141,010円8,490円55,260円
2013360円11,990円62,550円
平均1,000円37,679円216,153円

2021年は京都から中京に開催が変わったこともあり、大きく配当が跳ね上がりました。全体感として3連複・3連単の配当が万馬券という傾向から、やはり波乱になりやすいレースと捉えて良いでしょう。

【2023年】京都金杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-2-2-328%13%18%
5歳4-3-1-2512%21%24%
6歳3-2-4-377%11%20%
7歳0-2-2-270%6%13%
8歳0-1-1-40%17%33%
9歳~0-0-0-80%0%0%

京都金杯の過去10年の馬齢別で見ると率では4~6歳馬が優勢。まずは高齢馬よりも4~6歳馬から馬券検討を始めるレースです。これはあくまで個人的印象ですが、古馬との力差が測りにくい4歳馬よりも5~6歳馬のハンデが恵まれる印象があります。ただそれでも4歳の率が悪くないので、それだけハンデキャッパーも力差が測りにくいということでしょうか。

【2023年】京都金杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-2-1-1217%28%33%
2枠2-2-0-1511%21%21%
3枠1-2-2-145%16%26%
4枠2-0-3-1411%11%26%
5枠0-0-3-170%0%15%
6枠2-1-0-1710%15%15%
7枠0-1-1-210%4%9%
8枠0-2-0-230%8%8%

京都金杯の過去10年の枠順別のデータを見ると内枠〜真ん中の枠が優勢。外枠は厳しいレースです。まずは内枠〜真ん中枠から頭を検討し、外枠の馬は紐に回すというのが基本的な考え方でしょうか。

【2023年】京都金杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.3秒
2F11.0秒
3F11.5秒
4F12.1秒
5F11.8秒
6F11.6秒
7F11.4秒
8F11.8秒

京都金杯の過去10年の京都金杯のラップ傾向です。他の競走とあまり傾向差がなく、前半と後半がイーブンに近いラップになります。ただ京都開催が2年ほどありませんので参考程度に。

【2023年】京都金杯のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ3頭
54.0~54.5キロ5頭
55.0~55.5キロ4頭
56.0~56.5キロ7頭
57.0~57.5キロ9頭
58キロ〜2頭

京都金杯の過去10年(中京開催含む)の京都金杯のハンデ傾向です。ハンデが重たい馬の馬券絡みが目立ちます。馬券絡みは下は53キロまでで上は58キロまでですが、基本的には55キロ以上から選んだ方が期待値は高いでしょう。

【2023年】京都金杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着トーセンラーLemon Drop Kid
2着キングカメハメハサンデーサイレンス
3着ロードカナロアSmart Strike
20211着ロードカナロアハーツクライ
2着ジャングルポケットアグネスデジタル
3着ディープインパクトサクラバクシンオー
20201着ディープインパクトアグネスデジタル
2着ロードカナロアサンデーサイレンス
3着ダイワメジャーサクラローレル

京都金杯の近3年の傾向です。2021年の中京開催では京都と比べると重厚感のある血統(ジャングルポケットなど)が馬券に絡みましたが、基本的には京都・中京のどちらでもマイルに強いディープインパクト・ハーツクライ・ロードカナロアで良いと思います。

【2023年】京都金杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山金杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】中山金杯の過去傾向データと馬券予想 ジュニアカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ジュニアカップの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です