【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去傾向データと馬券予想

ダービー卿チャレンジトロフィーの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月にダービー卿チャレンジトロフィーが開催されます。このページではダービー卿チャレンジトロフィーの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの概要と馬券のポイント

【中山】芝1600コースイメージ

レース名ダービー卿チャレンジトロフィー(ダービー卿CT)
格付けGIII
コース中山 芝1600m
条件サラ系4歳(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金3,900万円

ダービー卿チャレンジトロフィーは中山芝1600mで行われるGIIIの重賞競走です。安田記念までの期間がちょうどいいこともあり、マイル戦で賞金を加算したい馬が出てくるケースが多く勝ち馬の名前を見てもその時点で素質が高そうな馬や後のGI馬などを排出しています。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝630円1,020円600円
馬連2,220円22,560円2,350円
馬単3,860円38,750円4550円
3連複5,210円69,040円13,120円
3連単26,010円419,280円59,280円

3年で見ると波乱傾向と言っていいでしょう。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気は不振
  • 枠は5枠より内側を狙おう
  • Danzig系を狙いたい

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021テルツェット牝41:32.6
2020クルーガー牡81:32.8
2019フィアーノロマーノ牡51:31.7
2018ヒーズインラブ牡51:32.2
2017ロジチャリス牡51:34.7
2016マジックタイム牝51:32.8
2015モーリス牡41:32.2
2014カレンブラックヒル牡51:34.6
2013トウケイヘイロー牡41:32.6
2012ガルボ牡51:33.5

過去10年の勝ち馬です。タイムは道中のペースによりかなりバラつきが生じます。ただし近年は時計が早い傾向が続いていますので、良馬場開催の場合は最低でも1分32秒前半の時計で走れることが条件になると思います。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-2-0-710%30%30%
2番人気1-0-3-610%10%40%
3番人気2-1-0-720%30%30%

ダービー卿チャレンジトロフィーの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気の信頼度は低いと言っていいでしょう。10年で30頭馬券に絡むうち、1~3番人気の占有率は33%(10頭)となっており基本的には人気を見ないで買うレースです。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-4-1-308%18%21%
5歳6-2-7-2714%19%36%
6歳0-3-1-300%9%12%
7歳0-1-1-220%4%8%
8歳1-0-0-137%7%7%
9歳~0-0-0-40%0%0%

馬齢別データを見ていきます。率や数でいうと5歳優勢です。ハンデ次第で高齢馬が馬券に絡むケースも目立ちます。総論としては年齢が若い馬からで良いとは思いますが、ハンデ次第の要素も大きいので年齢だけで消すアプローチは避けた方がいいレースです。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-1-1710%10%15%
2枠2-1-1-1610%15%20%
3枠0-3-2-150%15%25%
4枠1-0-1-185%5%10%
5枠4-2-3-1120%30%45%
6枠0-2-0-180%10%10%
7枠1-1-1-185%10%14%
8枠0-1-1-180%5%10%

枠順別のデータを見ると内枠が有利と考えて差し支えないでしょう。5枠より内側の馬を狙いたいレースです。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーのラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.4秒
2F11.1秒
3F11.4秒
4F11.4秒
5F11.5秒
6F11.6秒
7F11.8秒
8F11.8秒

ダービー卿チャレンジトロフィーのラップ傾向です。スタート後からかなり早いペースを刻み、最後まであまりペースが落ちません。ペースの緩急も生まれにくいレースですので持続的な脚を使える馬が良いと思います。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーのハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ2頭
54.0~54.5キロ3頭
55.0~55.5キロ11頭
56.0~56.5キロ6頭
57.0~57.5キロ7頭
58キロ〜1頭

ダービー卿チャレンジトロフィーのハンデ傾向です。極端に軽すぎるような馬よりは一定程度の斤量を背負った馬の方が優勢ですね。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ディープインパクトDanehill Dancer
2着ハーツクライRock of Gibraltar
3着ダイワメジャーサクラローレル
20201着キングカメハメハDiktat
2着ダイワメジャーサクラローレル
3着キングカメハメハシンボリクリスエス
20191着FastnetRockLionHeart
2着ディープインパクトFastnetRock
3着ハーツクライフォーティナイナー

ダービー卿チャレンジトロフィーの近3年の血統傾向です。特注はDanzig系です。日本に頭数も多くありませんが異なる父馬(母父)で複数馬券絡みをしておりますので、見つけたら注目しましょう。

【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの注目馬

調査中

中山競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝1600mの傾向データと特徴[2021年版] コーラルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】コーラルステークスの過去傾向データと馬券予想 大阪杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】大阪杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です