【2022年】大阪杯の過去傾向データと馬券予想

大阪杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月に大阪杯が開催されます。このページでは大阪杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】大阪杯の概要と馬券のポイント

【阪神】芝2000mコースイメージ

レース名大阪杯(おおさかはい)
格付けGI
コース阪神 芝2000m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・定量戦
1着賞金13,500万円

大阪杯は阪神芝2000mで行われる重賞(GI)です。GIIの産経大阪杯からGIに昇格し、位置付けとしてはドバイや香港に行かない組の中距離路線馬にとっての春の大一番という位置付けでしょうか。このレースの後に天皇賞・春を視野に入れる馬、安田記念を視野に入れる馬がいるようにそれぞれの路線の馬が集まるレースです。

【2022年】大阪杯の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝1,220円410円2,220円
馬連19,080円1,110円3,680円
馬単37,610円1,970円10,940円
3連複7,240円1,350円10,740円
3連単106,210円7,810円93,560円

3年で見るとやや波乱傾向と言えるでしょうか。

【2022年】大阪杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 1番人気の信頼度は高い
  • 厳しいラップになりやすく底力勝負
  • ディープインパクトに注目

【2022年】大阪杯過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021レイパパレ牝42:01.6
2020ラッキーライラック牝51:58.4
2019アルアイン牡52:01.0
2018スワーヴリチャード牡41:58.2
2017キタサンブラック牡51:58.9
2016アンビシャス牡41:59.3
2015ラキシス牝52:02.9
2014キズナ牡42:00.3
2013オルフェーヴル牡51:59.0
2012ショウナンマイティ牡42:05.5

大阪杯の過去10年の勝ち馬です。GIに昇格した2017年以降は馬場の悪化した2019年を除き、1分58秒台の決着となっています。GIですので基本的にはこれくらいの時計の決着であることを念頭におくべきです。

大阪杯・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

大阪杯の過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2021レイパパレ牝42:01.6川田将雅
2020ラッキーライラック牝51:58.4松永幹夫
2019アルアイン牡52:01.0池江泰寿
2018スワーヴリチャード牡41:58.2庄野靖志
2017キタサンブラック牡51:58.9清水久詞
2016アンビシャス牡41:59.3音無秀孝
2015ラキシス牝52:02.9角居勝彦
2014キズナ牡42:00.3佐々木晶三
2013オルフェーヴル牡51:59.0池江泰寿
2012ショウナンマイティ牡42:05.5梅田智之
2011ヒルノダムール牡41:57.8昆貢
2010テイエムアンコール牡61:59.5柴田政見
2009ドリームジャーニー牡51:59.7池江泰寿
2008ダイワスカーレット牝41:58.7松田国英
2007メイショウサムソン牡42:01.4高橋成忠
2006カンパニー牡52:04.5音無秀孝
2005サンライズペガサス牡71:59.0石坂正
2004ネオユニヴァース牡41:59.6瀬戸口勉
2003タガノマイバッハ牡41:59.1松田博資
2002サンライズペガサス牡41:59.1石坂正
2001トーホウドリーム牡41:58.4田島良保
2000メイショウオウドウ牡52:00.8飯田明弘
1999サイレントハンター牡61:59.9大久保洋吉
1998エアグルーヴ牝52:01.3伊藤雄二
1997マーベラスサンデー牡52:02.0大沢真
1996タイキブリザード牡52:00.7藤沢和雄
1995インターマイウェイ牡51:59.3中村均
1994ネーハイシーザー牡42:01.2布施正
1993メジロマックイーン牡62:03.3池江泰郎
1992トウカイテイオー牡42:06.3松元省一
1991ホワイトストーン牡42:01.5高松邦男
1990スーパークリーク牡52:02.9伊藤修司
1989ヤエノムテキ牡42:01.4荻野光男
1988フレッシュボイス牡52:01.7境直行
1987ニシノライデン牡62:01.0伊藤修司
1986サクラユタカオー牡42:01.6境勝太郎
1985ステートジャガー牡42:01.4中村好夫
1984カツラギエース牡42:00.6土門一美

※大阪杯(旧:産経大阪杯)がGI競走に格上げされたのは2017年。

【2022年】大阪杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-2-3-230%50%80%
2番人気3-2-2-330%50%70%
3番人気0-0-0-100%0%0%

大阪杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気の馬券内の信頼度は高いですね。ただこれは産経大阪杯時代も含みます。GIになってから特段傾向が変わったようには見えませんが参考程度としてください。

【2022年】大阪杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳5-3-5-2214%23%37%
5歳5-5-2-2912%24%29%
6歳0-1-3-230%4%15%
7歳0-1-0-140%7%7%
8歳0-0-0-70%0%0%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別で見ると率では4歳と5歳馬が優勢で特にGI昇格後はより顕著です。まずは4~5歳馬から馬券検討を始めるレースです。4~5歳馬が強くなる理由としては主にクラブ法人の牝馬が6歳3月に引退するため、6歳世代が手薄(しかも抜けた直後)になるレースだからと言えます。

【2022年】大阪杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-1-0-100%9%9%
2枠0-0-2-90%0%18%
3枠2-4-1-813%40%47%
4枠2-1-2-1113%19%31%
5枠1-2-2-136%17%28%
6枠1-1-1-165%11%16%
7枠2-0-1-1511%11%17%
8枠2-1-1-1411%17%22%

枠順別のデータを見ると1枠は嫌ですね・・・ただ内外でいうとイーブンぐらいですので、1枠をイレギュラーと見るか傾向と見るかで景色が変わりそうです。

【2022年】大阪杯のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.3秒
3F12.3秒
4F12.2秒
5F12.0秒
6F12.3秒
7F11.7秒
8F11.5秒
9F11.5秒
10F12.2秒

大阪杯のラップ傾向です。直線の坂を2度上のでそこでラップは少し落ちますが、総じて12秒前半のラップが続く厳しいレースです。力が試されやすいレースと言えるので厳しい時計の決着で成績の良い馬を狙いたいところです。

【2022年】大阪杯で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
金鯱賞4頭
中山記念3頭
京都記念3頭
有馬記念2頭
神戸新聞杯1頭
チャレンジC1頭
ジャパンカップ1頭

GI昇格後に馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。最近は直行組が成績を残すことが多いですが、このレースに関していうと一度叩いた方が良いようです。。

・GI好走馬、前走GIの場合はは前走着順は無視してOK
・直行組はGI馬
・ステップレースを経由する場合は前走上位人気であること
・前走GIIIからの馬券内はなし

【2022年】大阪杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ディープインパクトクロフネ
2着ディープブリランテHarlan’s Holiday
3着ディープインパクトUnbridled’s Song
20201着オルフェーヴルFlower Alley
2着バゴクロフネ
3着ディープインパクトStorm Cat
20191着ディープインパクトEssence of Dubai
2着ルーラーシップディープインパクト
3着ディープインパクトキングカメハメハ

大阪杯の近3年の傾向です。ディープインパクトが優勢なレースです。まずディープインパクトの取捨から馬券検討を始めるレースです。

【2022年】大阪杯の注目馬

調査中

阪神競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝2000mの傾向データと特徴[2021年版] ダービー卿チャレンジトロフィーの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去傾向データと馬券予想 コーラルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】コーラルステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です