【2023年】オーシャンステークスの過去傾向データと馬券予想

オーシャンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月に開催される夕刊フジ賞オーシャンステークスのデータについて、予想の根拠とするために見ていきましょう。

【2023年】オーシャンステークスの概要と馬券のポイント

【中山】芝1200mコースイメージ

名称夕刊フジ賞オーシャンステークス(オーシャンS)
格付けGIII
コース中山 芝1200m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 4,300万円

オーシャンステークスは中山芝1200mで行われる別定戦の重賞競走です。あまり春の大舞台に直結はしていませんが、勝ち馬には後に香港スプリントを制したダノンスマッシュがいます。同馬のように上に行くきっかけを掴みたい馬が参戦してくる印象です。

オーシャンステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は平均的で紐が紛れるレース
  2. 前傾ラップとなるため、先行馬が崩れる可能性あり
  3. 重ハンデの馬が台頭。相対的に斤量に恵まれた馬を狙おう

オーシャンステークスのコース解説

中山芝1200mはスタート直後から4コーナーまで約4.4mの下り坂で、3コーナーまでおよそ250m。逃げ先行有利なコースではありますが、序盤のポジション取りはかなり厳しく、オーバーペースのリスクもあります。

最後の直線は名物の急坂があり、コース全体の高低差は5.3mあり最も高低差のあるコースとなっています。

中山芝1200mの詳細データはこちら

【2023年】オーシャンステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ジャンダルム牡71:07.9
2021コントラチェック牝51:08.4
2020ダノンスマッシュ牡51:07.4
2019モズスーパーフレア牝41:07.1
2018キングハート牡51:08.3
2017メラグラーナ牝51:08.3
2016エイシンブルズアイ牡51:07.5
2014サクラゴスペル牡71:08.7
2013スマートオリオン牡41:08.9
2012サクラゴスペル牡51:08.5

オーシャンステークスの過去10年の勝ち馬です。タイムは早い傾向にあります。特に2019年・2020年についてはGI級の馬が参戦していたこともありかなり早い時計での決着になっています。今後も出走馬のレベル次第ですが、少なくとも1分8秒台前半で戦える馬を選ぶ必要がありそうです。

【2023年】オーシャンステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-1-330%60%70%
2番人気2-2-1-520%40%50%
3番人気1-2-0-710%30%30%

オーシャンステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の成績は平均的に良いですが、2~3着が紛れるというところでしょうか。3連系馬券の相手は工夫したいレースです。

オーシャンステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022540円7,050円38,290円
20213,340円18,650円168,680円
2020200円370円1,990円
2019310円2,870円10,140円
20183,130円13,740円134,890円
2017230円1,930円5,350円
20161,100円26,680円146,540円
20151,330円9,740円59,500円
2014850円102,480円572,550円
2013430円3,100円13,000円
平均1,146円18,661円115,093円

10年で見ると、基本的にはやや波乱傾向でしょうか。紛れが生じやすい時期・コースと言えるかもしれません。

中山競馬場の配当傾向

オーシャンステークスが行われる中山競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】オーシャンステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳2-1-2-237%11%18%
5歳6-2-5-3114%18%30%
6歳0-5-1-280%15%18%
7歳2-2-0-1610%20%20%
8歳0-0-2-180%0%10%
9歳~0-0-0-110%0%0%

馬齢別の成績です。4~5歳が勝ち馬まで考えれば優勢。ただ高齢馬も他の重賞競走と比べると馬券に絡んでいる印象です。紛れが生じるとレースと捉えておいた方が良いでしょう。

【2023年】オーシャンステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-2-1-1411%21%26%
2枠 0-2-2-160%10%20%
3枠 0-1-1-180%5%10%
4枠 4-0-1-1520%20%25%
5枠 1-1-1-175%10%15%
6枠 2-2-0-1610%20%20%
7枠 1-1-2-165%10%20%
8枠 0-1-2-170%5%15%

枠順別のデータを見ると1枠は優勢ですが基本的にはイーブンで考えておいていいレースだと思います。

【2023年】オーシャンステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F11.8秒
2F10.6秒
3F10.9秒
4F11.4秒
5F11.3秒
6F12.0秒

オーシャンステークスのラップ傾向です。他の中山1200mの競走と前半が遅いラップになる傾向です。そのため、基本的には後ろからの馬には辛いレースですが、GI級なら馬券絡みが可能です。

【2023年】オーシャンステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着Kitten’s JoySunday Silence
2着ゴールドアリュールブライアンズタイム
3着キズナサクラバクシンオー
20211着ディープインパクトHalling
2着ロードカナロアクロフネ
3着キズナサクラバクシンオー
20201着ロードカナロアHard Spun
2着ダイワメジャーMore Than Ready
3着Raven’s PassDalakhani

オーシャンステークスの近3年の傾向です。リピーターが多いレースというこで傾向は難しいです。強いて言えば短距離に強いミスプロ系でしょうか。

【2023年】オーシャンステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝1200mの傾向データと特徴[2022年版] チューリップ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】チューリップ賞の過去傾向データと馬券予想 弥生賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】弥生賞の過去傾向データと馬券予想 大阪城ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】大阪城ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です