【2023年】大阪城ステークスの過去傾向データと馬券予想

大阪城ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月に開催される大阪城ステークスのデータについて、予想の根拠とするために見ていきましょう。

【2023年】大阪城ステークスの概要と馬券のポイント

【阪神】芝1800mコースイメージ

名称大阪城ステークス(大阪城S)
格付けリステッド
コース阪神 芝1800m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 2,600万円

大阪城ステークスは阪神芝1800mで行われるハンデ戦です。重賞だと少し足りないかG3で惜敗している馬、もしくは3勝クラスから上がってきた馬が選択するレースとなっております。

大阪城ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 人気の信頼度は低いレース
  2. ディープインパクトを狙いたい
  3. ハンデはあまり気にしなくて良いレース

大阪城ステークスのコース解説

阪神芝1800mのスタート地点は2コーナー付近のポケット地点。スタートから最初のコーナーまで600mほどあります、早々にポジションが固まりやすいコースです。大きく緩やかな3~4コーナーが特徴的なコースとなっております。

最後の直線は約473mとなっており、高低差1.8mの急坂があります。

阪神芝1800mの詳細データはこちら

【2023年】大阪城ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022アルサトワ牡51:44.8
2021ヒンドゥタイムズ牡51:46.1
2020レッドガラン牡51:46.9
2019スピリッツミノル牡71:46.1
2018トリコロールブルー牡41:45.3
2017アストラエンブレム牡41:47.1
2016テイエムイナズマ牡61:45.2
2015ヒストリカル牡61:48.1
2014スマートレイアー牝41:45.7
2013エアソミュール牡41:46.7

大阪城ステークスの過去10年の勝ち馬です。タイムは良馬場であれば1分45秒台に突入することもあり早い時計への対応力が求められるレースです。また勝ち馬の名前だけ見てもGIII級の能力は有している馬が多いので、重賞でもやれそうな馬を選べるかがポイントです。

【2023年】大阪城ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-1-330%60%70%
2番人気1-2-0-710%30%30%
3番人気1-0-2-710%10%30%

大阪城ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。ハンデ戦ということもあり勝ち馬で見ると1~3番人気の勝利は4勝と少なめ。人気薄の台頭を考えた方が良さそうなレースです。

大阪城ステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
20221,170円2,730円18,660円
2021270円108,920円427,710円
2020440円6,950円42,930円
201910,980円57,230円589,240円
2018510円3,230円21,320円
2017250円66,770円369,800円
20162,210円77,010円522,440円
20151,190円47,710円256,230円
2014260円4,120円12,890円
2013560円2,600円13,650円
平均1,784円37,727円227,487円

10年で見ると波乱傾向です。リステッドのハンデ戦ということで紛れやすいというレースの質からも波乱傾向となりやすいのでしょうね。

阪神競馬場の配当傾向

阪急杯が行われる阪神競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】大阪城ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-0-2-2015%15%23%
5歳3-7-3-238%28%36%
6歳2-2-2-286%12%18%
7歳1-1-1-273%7%10%
8歳0-0-2-90%0%18%
9歳~0-0-0-80%0%0%

馬齢別の成績です。4~6歳が馬券に多く絡んでいますね。ハンデ戦ということもあってか高齢馬でも馬券に絡んでいますが、基本的には4~6歳の中から選びたいところです。

【2023年】大阪城ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-0-146%13%13%
2枠 4-0-1-1224%24%29%
3枠 0-2-1-140%12%18%
4枠 1-1-0-156%12%12%
5枠 1-1-2-165%10%20%
6枠 0-1-2-170%5%15%
7枠 2-1-3-1410%15%30%
8枠 1-3-1-155%20%25%

枠順別のデータを見るとやや内枠が優勢でしょうか。外枠も悪くはありませんので内枠がやや優勢ということは念頭に起きつつも、外枠を嫌う必要はありません。

【2023年】大阪城ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.2秒
3F11.6秒
4F12.1秒
5F12.0秒
6F11.8秒
7F11.4秒
8F11.2秒
9F12.3秒

大阪城ステークスのラップ傾向です。後傾のラップになりやすい傾向にあります。直線ではそれなりの末脚が求められるレースです。全体時計の早さも踏まえて馬券検討をしましょう。

【2023年】大阪城ステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ1頭
53.0~53.5キロ1頭
54.0~54.5キロ9頭
55.0~55.5キロ8頭
56.0~56.5キロ8頭
57.0~57.5キロ3頭
58キロ〜0頭

大阪城ステークスのハンデ傾向です。重たい斤量の馬の成績が良いですね。基本的に斤量は気にしなくて良いレースかと思います。

【2023年】大阪城ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ルーラーシップダイワメジャー
2着ルーラーシップゼンノロブロイ
3着ドゥラメンテケイムホーム
20211着ハービンジャーディープインパクト
2着エイシンフラッシュリンカーン
3着ヴィクトワールピサロージズインメイ
20201着ロードカナロアシンボリクリスエス
2着ゼンノロブロイDistorted Humor
3着ディープインパクトRedoute’s Choice

大阪城ステークスの近3年の傾向です。特に強い傾向は感じません。フラットに見ていいと思います。

【2023年】大阪城ステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1800mの傾向データと特徴[2022年版] チューリップ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】チューリップ賞の過去傾向データと馬券予想 弥生賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】弥生賞の過去傾向データと馬券予想 オーシャンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】オーシャンステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です