【2022年】弥生賞の過去傾向データと馬券予想

弥生賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年3月に開催される報知弥生賞ディープインパクト記念のデータについて、予想の根拠とするために見ていきましょう。

【2022年】弥生賞の概要と馬券のポイント

【中山】芝2000コースイメージ

レース名報知弥生賞ディープインパクト記念/皐月賞トライアル
格付けGII
コース中山 芝2000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
1着賞金5,400万円

弥生賞は中山芝2000mで行われるGIIの重賞競走です。皐月賞トライアルとして、春の大レースに向けたGI級を目指す馬の権利確保・力試しのレースとして位置付けられています。

【2022年】弥生賞の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝1,790円280円3,910円
馬連5,060円370円32,600円
馬単13,600円690円69,140円
3連複810円420円38,960円
3連単23,580円1,510円457,370円

3年で見るととても順当な結果です。単純に堅いとも言えます。少頭数が多いので人気馬が力を出しやすく順当な傾向のレースです。

【2022年】弥生賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は平均的。ただ1~2番人気の連は信頼
  2. ラップは後傾ラップになりやすい
  3. 血統傾向は父ディープインパクトが優勢

【2022年】弥生賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021タイトルホルダー牡32:02.0
2020サトノフラッグ牡32:02.9
2019メイショウテンゲン牡32:03.3
2018ダノンプレミアム牡32:01.0
2017カデナ牡32:03.2
2016マカヒキ牡31:59.9
2015サトノクラウン牡32:01.8
2014トゥザワールド牡32:01.4
2013カミノタサハラ牡32:01.0
2012コスモオオゾラ牡32:03.9

弥生賞の過去10年の勝ち馬です。タイムはスローで流れることもあってあまり早い時計の決着にはなりません。ただし上がり上位が馬券になっているように、それなりに末脚は必要ですので速い上がりを使えるというのはマスト条件と認識した方が良いでしょう。

【2022年】弥生賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-1-1-530%40%50%
2番人気3-2-2-330%50%70%
3番人気0-2-2-60%20%40%

弥生賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気と2番人気の連絡みの信頼度は高いですね。一方で10年で30頭が馬券対象となりますが、1~3番人気の占有率は50%ということで4番人気以下もそれなりに馬券に絡んでいます。

【2022年】弥生賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2022年】弥生賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-0-910%10%10%
2枠0-1-2-80%9%27%
3枠1-0-4-69%9%45%
4枠2-1-2-717%25%42%
5枠0-2-0-130%13%13%
6枠1-0-0-166%6%6%
7枠1-5-1-135%30%35%
8枠4-1-1-1420%25%30%

枠順別のデータを見ると8枠が異常値が出ていますが、内枠と外枠で大きな差は感じません。馬個体の力差が大きいレースだと思いますので枠はそこまで気にする必要はないでしょう。

【2022年】弥生賞のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.2秒
3F12.3秒
4F12.7秒
5F12.9秒
6F12.5秒
7F12.3秒
8F12.0秒
9F11.6秒
10F12.0秒

弥生賞のラップ傾向です。他の競走比べて中盤が緩むレースです。その分、速い上がりがレースラップでも出ています。この事から、速い上がりを使えるタイプが活躍しやすいレースです。

【2022年】弥生賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ドゥラメンテMotivator
2着KingmanSoldier Hollow
3着ジャスタウェイDansili
20201着ディープインパクトNot For Sale
2着ハーツクライOratorio
3着オルフェーヴルシンボリクリスエス
20191着ディープインパクトフレンチデピュティ
2着ハーツクライMonsun
3着ヴィクトワールピサホワイトマズル

弥生賞の近3年の傾向です。父ディープインパクトが優勢なレースです。ただディープインパクトの産駒は残りが限られていますので、今後の傾向は間違いなく変わるでしょう。第一候補はもちろんハーツクライです。

またフレンチデピュティの血を持っている馬が10年で4頭馬券になっています。ただその4頭全て父ディープインパクトですので父系の影響の可能性もありそうですが、一応は注目すべきポイントです。

【2022年】弥生賞の注目馬

調査中です。

中山競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝2000mの傾向データと特徴[2021年版] チューリップ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】チューリップ賞の過去傾向データと馬券予想 オーシャンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】オーシャンステークスの過去傾向データと馬券予想 大阪城ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】大阪城ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です