【2022年】コーラルステークスの過去傾向データと馬券予想

コーラルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月にコーラルステークス(コーラルS)が開催されます。このページではコーラルステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】コーラルステークスの概要と馬券のポイント

【阪神】ダート1400mコースイメージ

レース名コーラルステークス(コーラルS)
格付けリステッド
コース阪神 ダート1400m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金2,300万円

コーラルステークスは阪神ダート1400mで行われるハンデ戦です。重賞だと少し足りないかG3で惜敗している馬、もしくは3勝クラスから上がってきた馬が選択するレースとなっております。

【2022年】コーラルステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝1,140円190円490円
馬連16,290円890円710円
馬単29,240円1,190円1,650円
3連複18,480円3,090円1,630円
3連単171,800円7,990円8,660円

3年で見ると2021年が波乱ですが、ハンデ戦でも基本的には波乱にはなりにくい傾向です。。

【2022年】コーラルステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 人気の信頼度は高いレース
  • 前傾ラップなのでテンについて来られる馬を
  • ハンデはあまり気にしなくて良いレース

【2022年】コーラルステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021リアンヴェリテ牡71:23.0
2020レッドルゼル牡41:22.5
2019スマートダンディー牡51:23.1
2018モーニン牡61:23.4
2017スマートアヴァロン牡51:22.3
2016ノボバカラ牡41:22.7
2015コーリンベリー牝41:22.5
2014エアハリファ牡51:23.4
2013アドマイヤサガス牡51:22.5
2012インラリオ牡71:21.5

コーラルステークスの過去10年の勝ち馬です。良馬場の場合は1分22秒後半〜1分23秒前半くらいに見ておけばいいでしょう。ただこのクラスですとこれくらいで走れる馬の方が多いですが。

【2022年】コーラルステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気4-2-1-340%60%70%
2番人気2-2-0-620%40%40%
3番人気2-1-3-420%30%60%

コーラルステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。ハンデ戦ですが勝ち馬で見ると1~3番人気の勝利は9勝と人気上位は信頼度が高めです。

【2022年】コーラルステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-2-1-1614%23%27%
5歳4-2-2-1815%23%31%
6歳1-3-2-452%8%12%
7歳2-1-2-316%8%14%
8歳0-2-3-140%11%26%
9歳~0-0-0-30%0%0%

馬齢別の成績です。4~5歳が優勢です。6歳の馬券内があまりよくありませんが8歳馬まで馬券に絡んでいるように6歳以上は一括りに考えてしまって、基本は4~5歳から本命を取るようにしたいレースです。

【2022年】コーラルステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-0-185%5%5%
2枠0-2-2-150%11%21%
3枠2-1-1-1610%15%20%
4枠1-4-0-155%25%25%
5枠2-0-1-1710%10%15%
6枠1-2-0-175%15%15%
7枠1-1-1-165%11%16%
8枠2-0-5-1310%10%35%

枠順別のデータを見るとやや外枠が優勢でしょうか。内枠も悪くはありませんので外枠がやや優勢ということは念頭に起きつつも、内枠を嫌う必要はありません。

【2022年】コーラルステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.2秒
2F10.6秒
3F11.4秒
4F11.9秒
5F12.0秒
6F12.0秒
7F12.7秒

コーラルステークスのラップ傾向の参考として極端に前傾のラップになりやすい傾向にあります。前半にそれなりについていけないと苦しくなります。ハンデ戦ということもあってか前だけで決まったり、前と後ろで決まったりと結構極端な傾向です。

【2022年】コーラルステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ0頭
54.0~54.5キロ2頭
55.0~55.5キロ10頭
56.0~56.5キロ8頭
57.0~57.5キロ5頭
58キロ〜5頭

コーラルステークスのハンデ傾向です。重たい斤量の馬の成績が良いですね。基本的に斤量は気にしなくて良いレースかと思います。

【2022年】コーラルステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着キズナCozzene
2着キングカメハメハサンデーサイレンス
3着キンサシャノキセキフレンチデピュティ
20201着ロードカナロアフレンチデピュティ
2着キンシャサノキセキジャングルポケット
3着キングカメハメハサンデーサイレンス
20191着エンパイアメーカーMrGreeley
2着ルーラーシップディープインパクト
3着シニスターミニスターキングヘイロー

コーラルステークスの近3年の傾向です。特に強い傾向は感じません。キングマンボ系を少し気にするくらいでフラットに見ていいと思います。

【2022年】コーラルステークスの注目馬

調査中

阪神競馬場|ダート1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神ダート1400mの傾向データと特徴[2021年版] ダービー卿チャレンジトロフィーの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ダービー卿チャレンジトロフィーの過去傾向データと馬券予想 大阪杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】大阪杯の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です