【2023年】フィリーズレビューの過去傾向データと馬券予想

フィリーズレビューの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月にフィリーズレビューが開催されます。このページではフィリーズレビューの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】フィリーズレビューの概要と馬券のポイント

【阪神】芝1400mコースイメージ

名称フィリーズレビュー(ふぃりーずれびゅー)/桜花賞トライアル
格付けGII
コース阪神(内)芝1400m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 5,200万円

フィリーズレビューは阪神芝1400mで行われるGIIの重賞競走です。桜花賞トライアルとして、春の大レースに向けたGI級を目指す馬の権利確保・力試しのレースとして位置付けられています。ただアネモネステークスなどとメンバーが分かれるので近年は波乱傾向です。

フィリーズレビュー の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  • 内枠有利
  • カレンブラックヒルやモーリスなの新世代種牡馬に注目

フィリーズレビューのコース解説

阪神芝1400mのスタート地点は2コーナー出口付近のポケット地点。内回りコースを使用。3コーナーまでの距離は443mとやや長めに取られていますのでポジション取りはしやすいコース形態です。

最後の直線は約356mとなっており、高低差1.8mの急坂があります。

阪神芝1400mの詳細データはこちら

【2023年】フィリーズレビューの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2021サブライムアンセム牝31:19.9
2020エーポス牝31:21.0
2019ノーワン/プールヴィル牝31:22.0
2018リバティハイツ牝31:21.5
2017カラクレナイ牝31:21.0
2016ソルヴェイグ牝31:22.1
2015クイーンズリング牝31:22.5
2014ベルカント牝31:22.3
2013メイショウマンボ牝31:22.1
2012アイムユアーズ牝31:22.8

フィリーズレビューの過去10年の勝ち馬です。タイムは1分22秒中盤ぐらいが基本線として考えてけば良いでしょう。勝ち馬の名前だけで判断すると1200m~1400mに後の適性を求める馬が多いように思います。

【2023年】フィリーズレビューの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-3-0-610%40%40%
2番人気3-3-2-230%60%80%
3番人気1-1-0-810%20%20%

フィリーズレビューの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気の馬券内の信頼度はあまり高い方ではないですね。2番人気は馬券内ということでしたら、そこそこの信頼度はあります。一方で上位人気全体的に馬券の占有率はそこまで高い訳ではありませんので、穴馬の台頭も期待したいレースです。

フィリーズレビュー の配当傾向

単勝3連複3連単
2022790円1,690円11,440円
20211,390円22,730円109,810円
20201,380円22,190円119,820円
20192,050円
350円
60,300円264,800円
153,980円
20182,230円9,140円56,610円
2017380円2,220円9,570円
20162,720円4,950円47,890円
2015360円4,790円23,720円
2014560円253,310円1,705,040円
2013440円22,770円96,300円
平均1,150円40,409円236,271円

10年で見るととても波乱決着になっている状況です。冒頭の通りアネモネステークスとメンバーが割れるのと、経験少ない牝馬のレースということで、こういう傾向になるのはしょうがないですかね。

阪神競馬場の配当傾向

フィリーズレビューが行われる阪神競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】フィリーズレビューの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2023年】フィリーズレビューの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-1-1-1416%21%26%
2枠 1-1-0-185%10%10%
3枠 3-1-1-1515%20%25%
4枠 0-2-2-160%10%20%
5枠 1-2-1-165%15%20%
6枠 0-1-0-190%5%5%
7枠 0-2-4-210%7%22%
8枠 2-0-1-247%7%11%

枠順別のデータを見るとインコース有利と言って差し支えないと思います。コース形態を考えても外よりもまずは内枠を念頭に馬券を検討したいレースです。

【2023年】フィリーズレビューのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.1秒
2F10.7秒
3F11.4秒
4F11.8秒
5F11.6秒
6F11.7秒
7F12.2秒

フィリーズレビューのラップ傾向です。テンから2F目まではかなりのハイラップ。これはスタート直後の平坦コースを利用して最初のコーナーまでのポジション取りが激しくなるためです。ここまでにポジションを取れないとコーナーに入ってしまうため、外枠は距離損となります。

一方で直線は内回りということもあり短いです。最後は坂の影響もありラップは急減速します。またコーナーから直線までやや下坂となるので、ペースは緩みません。この傾向からコーナーでのポジション取りと直線での決め脚がポイントとなるレースです。

【2023年】フィリーズレビューの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ロードカナロアシンボリクリスエス
2着ミッキーアイルStorm Cat
3着キズナウォーエンブレム
20211着モーリスHigh Chaparral
2着スクワートルスクワートDanehill Dancer
3着ミッキーアイルPetionville
20201着ジャスタウェイSmart Strike
2着ロードカナロアグラスワンダー
3着スクリーンヒーローBlu Air Force

フィリーズレビューの近3年の傾向です。傾向としてはグラスワンダー→スクリーンヒーロー、ハーツクライ→ジャスタウェイ、キングカメハメハ→ロードカナロアと親〜孫世代に活躍がいち早く移りつつあるところでしょうか。そのため、モーリス産駒や今まで有力だったダイワメジャー系のカレンブラックヒル産駒などは注目したいところです。

【2023年】フィリーズレビューの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝1400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1400mの傾向データと特徴[2022年版] 中山牝馬ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】中山牝馬ステークスの過去傾向データと馬券予想 昇竜ステークスの過去傾向データと馬券予想【2022年】昇竜ステークスの過去傾向データと馬券予想 アネモネステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】アネモネステークスの過去傾向データと馬券予想 東風ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】東風ステークスの過去傾向データと馬券予想 金鯱賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】金鯱賞の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です