【2023年】中山牝馬ステークスの過去傾向データと馬券予想

中山牝馬ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月中山牝馬ステークスが開催されます。このページでは中山牝馬ステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】中山牝馬ステークスの概要と馬券のポイント

【中山】芝1800mコースイメージ

名称中山牝馬ステークス(中山牝馬S)
格付けGIII
コース中山 芝1800m
条件サラ系4歳以上牝馬(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 3,800万円

中山牝馬ステークスは中山芝1800mで行われるハンデ戦です。ハンデ戦であることや、最近では1流の牝馬は中山記念やドバイ、高松宮記念路線に流れますので、表現は適切ではないですが1流ではない牝馬が集まるレースとなってしまっています。

中山牝馬ステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 人気の信頼度はかなり低いレース
  • ディープインパクトを狙いたい
  • ハンデはあまり気にしなくて良いレース

中山牝馬ステークスのコース解説

中山芝1800mのスタート地点はスタンド前中間点。ゲートを出た後にすぐに急坂があることから1ハロン目の時計は遅めの傾向。最初のコーナーまでおよそ205mとかなり短いため、外枠先行馬の序盤のポジション取りはかなり厳しめ。それでもコーナー4つで息も入りやすいことから、基本的には逃げ・先行有利のコースです。

中山芝1800mの詳細データはこちら

【2023年】中山牝馬ステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022クリノプレミアム牝51:46.8
2021ランブリングアレー牝51:54.8
2020フェアリーポルカ牝41:50.2
2019フロンテアクイーン牝61:47.7
2018カワキタエンカ牝41:49.0
2017トーセンビクトリー牝51:49.4
2016シュンドルボン牝51:50.3
2015バウンスシャッセ牝41:47.5
2014フーラブライド牝51:48.5
2013マイネイサベル牝51:48.5

中山牝馬ステークスの過去10年の勝ち馬です。タイムは牝馬限定戦のハンデ戦ということあまり早くならないのが特徴です。

【2023年】中山牝馬ステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-2-3-410%30%60%
2番人気0-2-0-80%20%20%
3番人気2-1-0-720%30%30%

中山牝馬ステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の成績はあまり良くありません。この点からも人気馬だけに固執することなく、フラットに馬券検討をしたいですね。

中山牝馬の配当傾向

単勝3連複3連単
20229,740円145,880円1,737,720円
20211,110円19,250円147,950円
2020960円36,620円357,990円
20191,050円30,730円163,380円
2018820円11,120円50,360円
20171,250円6,300円41,260円
2016830円38,270円171,860円
2015520円4,410円20,190円
2014450円12,480円33,610円
20131,270円6,500円25,540円
47,930円
平均1,800円31,156円254,345円

10年で見るととても波乱決着になっている状況です。冒頭の通り1流ではない馬が集まる傾向に加えてハンデ戦ですのでこういう傾向になるのはしょうがないですかね。

中山競馬場の配当傾向

中山牝馬ステークスが行われる中山競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】中山牝馬ステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-2-1-367%12%14%
5歳6-5-6-4011%19%30%
6歳1-3-1-392%9%11%
7歳0-0-2-80%0%20%
8歳0-0-0-10%0%0%
9歳~0-0-0-00%0%0%

馬齢別の成績です。5歳が馬券に多く絡んでいますね。7歳以上は不振です。これは他の牝馬レースと同様にクラブ馬の牝馬は6歳3月で引退しますので手薄になる年代だからです。

またこのレースは3月開催なのでクラブ馬の最後のレースに選択されることも多く、それらの馬は最後の一稼ぎということで、しっかり仕上げてくることが多いです。

【2023年】中山牝馬ステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-1-160%0%6%
2枠 3-0-1-1417%17%22%
3枠 1-0-2-175%5%15%
4枠 0-2-1-170%10%15%
5枠 1-1-1-175%10%15%
6枠 1-2-1-165%15%20%
7枠 1-3-1-155%20%25%
8枠 3-2-2-1315%25%35%

枠順別のデータを見るとやや外枠が優勢でしょうか。内枠も悪くはありませんのでフラットに考えていいレースだと思います。

【2023年】中山牝馬ステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F12.0秒
3F12.2秒
4F12.3秒
5F12.0秒
6F12.0秒
7F12.1秒
8F11.8秒
9F12.3秒

中山牝馬ステークスのラップ傾向です。他の中山1800mの重賞ではイーブンラップになりやすいのですが、このレースに関しては前半が遅く後半勝負のラップを刻んでいますね。

【2023年】中山牝馬ステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ2頭
52.0~52.5キロ5頭
53.0~53.5キロ8頭
54.0~54.5キロ7頭
55.0~55.5キロ3頭
56.0~56.5キロ5頭
57.0~57.5キロ0頭
58キロ〜0頭

中山牝馬ステークスのハンデ傾向です。重たい斤量の馬の成績が良くありませんので基本的には軽い斤量の馬を狙いたいレースです。

【2023年】中山牝馬ステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着オルフェーヴルGiant’s Causeway
2着キズナジャングルポケット
3着キングズベストマンハッタンカフェ
20211着ディープインパクトシンボリクリスエス
2着ローズキングダムCaerleon
3着ルーラーシップアグネスタキオン
20201着ルーラーシップアグネスタキオン
2着モンテロッソメジロマックイーン
3着オルフェーヴルシンボリクリスエス

中山牝馬ステークスの近3年の傾向です。母父サンデーサイレンス系が優勢でしょうか(≒父がサンデー系じゃない)。キングマンボ系、オルフェーヴルも注意。

【2023年】中山牝馬ステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
昇竜ステークスの過去傾向データと馬券予想【2022年】昇竜ステークスの過去傾向データと馬券予想 アネモネステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】アネモネステークスの過去傾向データと馬券予想 東風ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】東風ステークスの過去傾向データと馬券予想 金鯱賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】金鯱賞の過去傾向データと馬券予想 フィリーズレビューの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】フィリーズレビューの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です