【2022年】チューリップ賞の過去傾向データと馬券予想

チューリップ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年3月にチューリップ賞が開催されます。このページではチューリップ賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】チューリップ賞の概要と馬券のポイント

【阪神】芝1600mコースイメージ

レース名チューリップ賞(チューリップしょう)/桜花賞トライアル
格付けGII
コース阪神(外)芝1600m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・別定戦
1着賞金5,200万円

チューリップ賞は阪神芝1600mで行われるGIIの重賞競走です。桜花賞トライアルとして、春の大レースに向けたGI級を目指す馬の権利確保・力試しのレースとして位置付けられています。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響

【2022年】チューリップ賞の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝110円
240円
1,530円130円
馬連910円2,680円1,080円
馬単560円
1,160円
6,860円1,310円
3連複1,990円740円4,330円
3連単2,710円
6,990円
13,180円10,890円

3年で見ると順当傾向と捉えて良いでしょう。2021年は1着が同着でした。

【2022年】チューリップ賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は高い。順当決着傾向
  2. 前後半のラップはイーブンラップになりやすい
  3. JF組と牡馬混合重賞以外の大敗からの巻き返しは少ない

【2022年】チューリップ賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021メイケイエール
エリザベスタワー
牝31:33.8
2020マルターズディオサ牝31:33.3
2019ダノンファンタジー牝31:34.1
2018ラッキーライラック牝31:33.4
2017ソウルスターリング牝31:33.2
2016シンハライト牝31:32.8
2015ココロノアイ牝31:37.7
2014ハープスター牝31:34.3
2013クロフネサプライズ牝31:34.9
2012ハナズゴール牝31:35.5

チューリップ賞の過去10年の勝ち馬です。タイムはスローで流れることもあってあまり早い時計の決着にはなりません。ただし、速い上がりは必要ですので速い上がりを使えるというのはマスト条件と認識した方が良いでしょう。

【2022年】チューリップ賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-1-2-250%60%80%
2番人気1-2-3-410%30%60%
3番人気2-2-0-620%40%40%

チューリップ賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気の馬券内の信頼度は高いですね。2番人気も馬券内ということでしたら、そこそこの信頼度はあります。一方で上位人気の占有率はそこまで高い訳ではありませんので、穴馬の台頭も期待したいレースです。

【2022年】チューリップ賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2022年】チューリップ賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-2-0-817%33%33%
2枠0-0-1-110%0%8%
3枠1-0-2-127%7%20%
4枠1-1-3-126%12%29%
5枠1-2-1-155%16%21%
6枠1-1-0-175%11%11%
7枠3-1-0-1615%20%20%
8枠1-3-3-145%19%33%

枠順別のデータを見ると外枠〜真ん中の枠が優勢。スローの外差しというのが決まり手として多いレースでスムーズな加速ができる外枠が良いということでしょうか。

【2022年】チューリップ賞のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.1秒
3F11.8秒
4F12.1秒
5F12.1秒
6F11.6秒
7F11.1秒
8F12.0秒

チューリップ賞のラップ傾向です。他の競走比べて中盤が緩むレースです。その分、速い上がりがレースラップでも出ています。この事から、速い上がりを使えるタイプが活躍しやすいレースです。

【2022年】チューリップ賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ミッキーアイルハービンジャー
1着KingmanDoyen
3着モーリスゼンノロブロイ
20201着キズナGrand Slam
2着ハーツクライGiant’s Causeway
3着ダイワメジャーLizard Island
20191着ディープインパクトNotForSale
2着ダイワメジャーHigh Chaparral
3着ディープインパクトDylanThomas

チューリップ賞の近3年の傾向です。父ディープインパクト系が優勢なレースです。また母父がアルファベット の馬(輸入馬・持ち込み)も良いですね。ノーザンファームやノースヒルズ、下河辺牧場あたりがこのレースに強いのですが、これらの牧場が牝系を充実させるために海外の馬を積極的に取り入れていることが要因かと。

【2022年】チューリップ賞の注目馬

調査中です。

阪神競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1600mの傾向データと特徴[2021年版] オーシャンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】オーシャンステークスの過去傾向データと馬券予想 弥生賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】弥生賞の過去傾向データと馬券予想 大阪城ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】大阪城ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です