【2023年】フラワーカップの過去傾向データと馬券予想

フラワーカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年3月にフラワーカップが開催されます。このページではフラワーカップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】フラワーカップの概要と馬券のポイント

【中山】芝1800mコースイメージ

名称フラワーカップ(フラワーC)
格付けGIII
コース中山 芝1800m
条件サラ系3歳牝馬(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 3,700万円

フワラーカップは中山芝1800mで行われるGIIIの重賞競走です。桜花賞のステップレースの一つとして、春の大レースに向けたGIを目指す馬の力試しのレースとして位置付けられています。また関東馬の出走馬が多いレースですが、この時期にわざわざ遠征をしてくる関西馬の方が馬券に絡みやすい点も覚えておきましょう。

フラワーカップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気+人気薄の決着が多い
  • 馬券内は外枠、勝ち馬は内外枠でイーブン
  • ディープインパクト系と欧州系ノーザンダンサーに注目

フラワーカップのコース解説

中山芝1800mのスタート地点はスタンド前中間点。ゲートを出た後にすぐに急坂があることから1ハロン目の時計は遅めの傾向。最初のコーナーまでおよそ205mとかなり短いため、外枠先行馬の序盤のポジション取りはかなり厳しめ。それでもコーナー4つで息も入りやすいことから、基本的には逃げ・先行有利のコースです。

中山芝1800mの詳細データはこちら

【2023年】フラワーカップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022スタニングローズ牝31:48.5
2021ホウオウイクセル牝31:49.2
2020アブレイズ牝31:48.2
2019コントラチェック牝31:47.4
2018カンタービレ牝31:49.2
2017ファンディーナ牝31:48.7
2016エンジェルフェイス牝31:49.3
2015アルビアーノ牝31:49.4
2014バウンスシャッセ牝31:51.3
2013サクラプレジール牝31:50.0

フラワーカップ過去10年の勝ち馬です。タイムは道中のペースにより様々ですが基本的には12秒台のラップを刻む平均的な流れになるレースです。

【2023年】フラワーカップの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-2-2-330%50%70%
2番人気3-2-1-430%50%60%
3番人気1-2-0-710%30%30%

フラワーカップの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~2番人気の馬券内の信頼度は比較的高いレースです。一方で3番人気はやや低め。人気馬+人気薄という組み合わせを念頭に馬券を考慮したいレースです。

フラワーカップの配当傾向

単勝3連複3連単
2022440円4,350円32,150円
2021930円2,880円19,570円
20207,930円32,610円340,910円
2019280円1,400円4,850円
2018340円2,870円12,440円
2017130円13,990円36,520円
2016290円24,920円82,600円
2015320円14,380円83,850円
2014680円7,750円20,220円
2013360円8,080円28,720円
平均1,170円11,323円62,309円

10年で見ると波乱と堅実決着を繰り返している状況です。冒頭の通り関東馬が多いのですが、勝負気配の東上が読みやすいことも要因かもしれません。

中山競馬場の配当傾向

フラワーカップが行われる中山競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】フラワーカップの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2023年】フラワーカップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-1214%14%14%
2枠 1-1-0-127%14%14%
3枠 1-1-2-126%13%25%
4枠 2-1-1-1511%16%21%
5枠 2-3-1-1410%25%30%
6枠 0-1-2-170%5%15%
7枠 1-1-4-145%10%30%
8枠 2-1-0-1710%15%15%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると外枠が優勢です。一方で勝ち馬で考えるとイーブン。枠順の有利不利という意味ではこのような理解でいいと思います。

【2023年】フラワーカップのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.7秒
2F11.8秒
3F12.2秒
4F12.4秒
5F12.2秒
6F12.1秒
7F12.1秒
8F11.5秒
9F12.1秒

フラワーカップのラップ傾向です。テンからしばらく上り坂ということもあり、あまり序盤のラップは早くなりません。そのペースのまま中盤も12秒台のラップを刻みます。

ここの中盤でペースが上がらないとしは先行有利となります。器用に動ける馬がいない場合は道中の序列が非常に重要なレースになります。

【2023年】フラワーカップの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着キングカメハメハクロフネ
2着エピファネイアアグネスタキオン
3着ロードカナロアアグネスタキオン
20211着ルーラーシップスペシャルウィーク
2着ディープインパクトStorm Cat
3着ゴールドシップロージズインメイ
20201着キズナジャングルポケット
2着キングカメハメハディープインパクト
3着エピファネイアゼンノロブロイ

フラワーカップの近3年の傾向です。ディープインパクトの血を持つ馬が優勢。今後ディープインパクトの直子がいなくなった際にディープ系もしくは母父ディープが強くなるのか、過去にこのレースに強かったロベルト系が復権するかは注目ポイント。

【2023年】フラワーカップの馬券傾向馬まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝1800mの傾向データと特徴[2022年版] ファルコンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ファルコンステークスの過去傾向データと馬券予想 若葉ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】若葉ステークスの過去傾向データと馬券予想 スプリングステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】スプリングステークスの過去傾向データと馬券予想 阪神大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】阪神大賞典の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です