【2023年】阪神大賞典の過去傾向データと馬券予想

阪神大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年3月に阪神大賞典が開催されます。このページでは阪神大賞典の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】阪神大賞典の概要と馬券のポイント

【阪神】芝3000mコースイメージ

名称阪神大賞典(はんしんだいしょうてん)
格付けGII
コース阪神 芝3000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 6,700万円

阪神大賞典は阪神芝3000mで行われるGIIの重賞競走です。天皇賞・春のステップレースの一つとして、春の大レースに向けたGIを目指す馬の力試しのレースとして位置付けられています。

阪神大賞典の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気+人気薄の決着が多い
  • 外枠がやや優勢
  • 菊花賞活躍馬の血

阪神大賞典のコース解説

阪神芝3000mのスタート地点は向こう正面の直線入り口付近。内回りコースのみを使用するコース形態です。コーナーは6つあり、コースを1周半回ります。

最後の直線は約356mとなっており、高低差1.8mの急坂があります。

阪神芝3000mの詳細データはこちら

【2023年】阪神大賞典の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ディープボンド牡53:05.0
2021ディープボンド牡43:07.3
2020ユーキャンスマイル牡53:03.0
2019シャケトラ牡63:06.5
2018レインボーライン牡53:03.6
2017サトノダイヤモンド牡43:02.6
2016シュヴァルグラン牡43:05.8
2015ゴールドシップ牡63:05.9
2014ゴールドシップ牡53:06.6
2013ゴールドシップ牡43:05.0

阪神大賞典過去10年の勝ち馬です。タイムは道中のペースにより様々です。勝ちタイムで見ると3秒くらいは差が出ます。勝ちタイムというよりラップのバランスが重要かと思います。

【2023年】阪神大賞典の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気7-0-1-270%70%80%
2番人気1-2-0-710%30%30%
3番人気2-1-4-320%30%70%

阪神大賞典の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気の馬券内の信頼度は比較的高いレースです。一方で2番人気は少し悪いですが、3番人気の信頼度は高め。人気馬を中心に1席分の馬券内に人気薄という組み合わせを念頭に馬券を考慮したいレースです。

阪神大賞典の配当傾向

単勝3連複3連単
2022120円1,680円3,930円
20211,030円25,170円120,400円
2020590円7,550円40,140円
2019220円27,560円87,820円
2018560円760円6,530円
2017110円470円740円
2016300円810円3,310円
2015160円2,050円8,090円
2014170円1,120円4,060円
2013110円1,880円3,010円
平均337円6,905円27,803円

10年で見るとかなり順当決着になっている状況です。冒頭の通り長距離路線のステップということで適性が問われるからでしょうね。

阪神競馬場の配当傾向

阪神大賞典が行われる阪神競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】阪神大賞典の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-3-3-1020%35%50%
5歳4-4-3-1814%28%38%
6歳2-3-3-197%19%30%
7歳0-0-1-150%0%6%
8歳0-0-0-80%0%0%
9歳~0-0-0-50%0%0%

馬齢別データを見ていきます。4~6歳に集中していますね(当たり前ですが)。基本的には高齢馬はオミットして、少しでも若い馬から買うレースです。

【2023年】阪神大賞典の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-2-710%10%30%
2枠 0-1-2-70%10%30%
3枠 0-1-2-70%10%30%
4枠 0-1-2-90%8%25%
5枠 1-1-0-108%17%17%
6枠 1-4-1-97%33%40%
7枠 3-1-1-1317%22%28%
8枠 4-1-0-1520%25%25%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると外枠が優勢です。一般的にコース形態的に外枠は不利になりやすいレースではありますが、この傾向から展開による道中の位置取りのウェイトの方が大きいことがわかります。枠を気にする必要がないという理解でいいと思います。

【2023年】阪神大賞典のラップ傾向

ハロンタイム
1F13.0秒
2F11.6秒
3F12.1秒
4F12.3秒
5F12.6秒
6F12.4秒
7F12.4秒
8F13.1秒
9F12.6秒
10F12.3秒
11F12.3秒
12F12.1秒
13F11.9秒
14F11.9秒
15F12.6秒

阪神大賞典のラップ傾向です。テンからしばらく下り坂ということもあり、序盤のラップは3000mと考えると早い方でしょうか。コース全体で2回の坂超えがありますので、道中はそのペースのまま中盤も12秒台のラップを刻みます。

中盤でかなり緩んだ後に持続的な加速が求められます。そして最後の坂でラップがガクッと落ちます。道中で持続的な脚を使って残せるタイプであることが重要なレースです。

【2023年】阪神大賞典の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着キズナキングヘイロー
2着オルフェーヴルRoyal Anthem
3着オルフェーヴルトニービン
20211着キズナキングヘイロー
2着キングカメハメハダンスインザダーク
3着ディープブリランテKingmambo
20201着キングカメハメハダンスインザダーク
2着ディープインパクトHawk Wing
3着ディープインパクトフレンチデピュティ

阪神大賞典の近3年の傾向です。菊花賞を現役の時に勝利している血統がいいですかね。そのほかのハーツクライやステイゴールド、ロベルト系を見ても菊花賞に向いている血統で考えていいと思います。

【2023年】阪神大賞典の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝3000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝3000mの傾向データと特徴[2022年版] フラワーカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】フラワーカップの過去傾向データと馬券予想 ファルコンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ファルコンステークスの過去傾向データと馬券予想 若葉ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】若葉ステークスの過去傾向データと馬券予想 スプリングステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】スプリングステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です