【2023年】京成杯オータムハンデキャップの過去傾向データと馬券予想

京成杯オータムハンデキャップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年9月に京成杯オータムハンデキャップ(京成杯AH)が開催されます。このページでは京成杯オータムハンデキャップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの概要と馬券のポイント

【中山】芝1600コースイメージ

名称京成杯オータムハンデキャップ(京成杯AH/けいせいはいおーたむはんできゃっぷ)
格付けGIII
コース中山 芝1600m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 4,100万円

京成杯オータムハンデキャップは中山芝1600mで行われるGIIIの重賞競走です。実質的にマイルCSへの賞金加算のチャンスということもありマイル路線へ向かう3歳馬もチャレンジしてくるレースです。またサマーマイルシリーズの最終戦ということで、ポイント加算を狙う馬も参戦してきます。

京王杯オータムハンデキャップの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の成績はやや悪い
  • ハンデがとても効いているレース
  • 5枠が異常値というほど好走

京王杯オータムハンデキャップのコース解説

中山芝1600mのスタート地点は1コーナー左奥のポケット地点。スタート後にすぐにコーナーに差し掛かりますので、外枠の先行馬は内に急に切れ込むようにポジションを取ることになります。一般的には外枠不利と言われますが、近年は騎手側もそれを織り込んだ位置取りをしており、以前よりも枠の有利・不利は是正されてきております。

中山芝1600mの詳細データはこちら

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022ファルコニア牡51:33.6
2021カテドラル牡51:32.0
2020トロワゼトワル牝51:33.9
2019トロワゼトワル牝41:30.3
2018ミッキーグローリー牡51:32.4
2017グランシルク牡51:31.6
2016ロードクエスト牡31:33.0
2015フラアンジェリコ牡71:33.3
2014クラレント牡51:33.3
2013エクセレントカーブ牝41:31.8

京成杯オータムハンデキャップについては、中山の野芝の開幕週ということでかなり早い時計の決着が多いですね。まずは早い時計が使えるかどうかを注視しましょう。

また、前傾ラップになりやすく以前は上がり3位以内の馬が必ず馬券内に入っておりましたが、近年は上がり上位がなかなか馬券に絡めず。いずれもハイペースによるものと捉えるか、傾向変化と捉えるかがポイントです。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-0-2-530%30%50%
2番人気2-1-1-620%30%40%
3番人気1-2-0-710%30%30%

京成杯オータムハンデキャップの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。数字を見る限り、人気馬の複勝率は「やや悪い」という判断でいいと思います。複勝圏というと合格点は2番人気の数字ぐらいとも言えるのでフラットに馬券を検討した方がいいレースです。

京王杯オータムハンデキャップの配当傾向

単勝3連複3連単
2022470円40,450円235,180円
20211,540円24,750円238,060円
2020720円23,350円85,330円
2019720円39,070円180,560円
2018330円1,280円5,960円
2017300円13,920円68,880円
2016280円3,940円19,430円
20156,270円268,440円2,227,820円
2014490円40,530円153,480円
2013540円6,860円28,410円
平均1,166円46,259円324,311円

10年で見ると波乱傾向でしょうか。上位人気の活躍はそれなりに良いので、どちらかというと紐が難解だったりします。

中山競馬場の配当傾向

京王杯オータムハンデが行われる中山競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れやすい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-1-3-155%10%25%
4歳2-0-2-228%8%15%
5歳6-5-3-4111%20%25%
6歳0-4-2-340%10%15%
7歳1-0-0-109%9%9%
8歳0-0-0-10%0%0%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別は若めの馬が有利な傾向になっています。昨年は4歳馬が勝利しました。3歳馬もサンプルがそれなりにあるので、判断は迷うところです。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-3-136%6%24%
2枠 1-2-1-146%17%22%
3枠 1-1-1-175%10%15%
4枠 0-1-1-180%5%10%
5枠 4-2-0-1420%30%30%
6枠 2-1-1-1610%15%20%
7枠 1-1-2-165%10%20%
8枠 0-1-2-170%5%15%

枠順別のデータを見ると5枠が異常に強いです。基本的には、前が早くなるの少しバラけます。しかし5~6枠が強いということを考えると、実質的な外枠は5~6枠でそれより外はないのかなという印象です。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.0秒
3F11.3秒
4F11.5秒
5F11.5秒
6F11.5秒
7F11.5秒
8F11.8秒

京成杯オータムハンデキャップのラップ傾向です。3F目から早いラップが続きますので全体時計は早くなりがちです。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップのハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ3頭
53.0~53.5キロ4頭
54.0~54.5キロ2頭
55.0~55.5キロ7頭
56.0~56.5キロ8頭
57.0~57.5キロ2頭
58キロ〜3頭

ハンデ戦ですが、これだけ幅広い斤量の馬が来るのは珍しいですね。重いとか軽いとかどちらかに偏る傾向があるわけではないので、実力と斤量が見合っていれば嫌う必要はないでしょう。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ディープインパクトHawk Wing
2着ディープブリランテDansili
3着オルフェーヴルGiant’s Causeway
20211着ハーツクライRock of Gibraltar
2着ディープインパクトHalling
3着FrankelHarlington
20201着ロードカナロアハーツクライ
2着ディープインパクトDistorted Humor
3着ダイワメジャーサクラローレル
20191着ロードカナロアハーツクライ
2着ディープインパクトMontjeu
3着Kitten’s JoySunday Silence

近4年の血統傾向です。赤字はノーザンダンサー系の馬です(そのうち、やや欧州系が優勢か)。ディープがマイルで強いのはわかるのですが、ハーツクライが少し気になります。ロードカナロアが今後どう推移するか次点で注目です。

【2023年】京成杯オータムハンデキャップの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
中山競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝1600mの傾向データと特徴[2022年版] エニフステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】エニフステークスの過去傾向データと馬券予想 紫苑ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】紫苑ステークスの過去傾向データと馬券予想 セントウルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】セントウルステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です