【2023年】セントウルステークスの過去傾向データと馬券予想

セントウルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年9月に産経賞セントウルステークス(セントウルS)が開催されます。このページではセントウルステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】セントウルステークスの概要と馬券のポイント

【阪神】芝1200mコースイメージ

名称セントウルステークス(セントウルS)
格付けGII
コース阪神 芝1200m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 5,900万円

セントウルステークスは阪神芝1200mで行われるGIIの重賞競走です。サマースプリントステークスの最終戦ということもあり、このレースが目標の馬と次のスプリンターズステークスを目標にしている馬の2軸で馬券を考える必要があります。

セントウルステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1番人気の圧倒的に良い
  2. 外枠やや有利
  3. 6歳以上は不振

セントウルステークスのコース解説

阪神芝1200mのスタート地点は向こう正面半ば。内回りコースを使用します。3コーナーまでの距離は243mとかなり短くなっており、ポジション争いはタイトです。

最後の直線は約356mとなっており、高低差1.8mの急坂があります。

阪神芝1200mの詳細データはこちら

【2023年】セントウルステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2021レシステンシア牝41:07.2
2020ダノンスマッシュ牡51:07.9
2019タワーオブロンドン牡41:06.7
2018ファインニードル牡51:08.8
2017ファインニードル牡41:07.5
2016ビッグアーサー牡51:07.6
2015アクティブミノル牡31:07.8
2014リトルゲルダ牝51:07.4
2013ハクサンムーン牡41:07.5
2012エピセアローム牝31:07.4

セントウルSについては、時計が早いのがポイント。馬場が悪くならない限りは早い時計の馬を選びましょう。また、歴史的に見るとのちのGI馬、もしくはGI好走馬が好走しており、スプリンターズSへのステップとしての役割が大きいように思います。昔は牝馬も強かったのですが、年々牡馬の好走が目立つようになってきました。

早い時計に対応できる実績馬をメインとするレースと捉えておけばいいでしょう。

【2023年】セントウルステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気7-3-0-070%100%100%
2番人気1-3-2-410%40%60%
3番人気0-0-1-90%0%10%

セントウルSの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気が強すぎるレースです。2番人気まで含めると過去10年で1~2番人気のどちらかは必ず馬券になっておりますので、基本的には人気馬信頼のレースです。

【2023年】セントウルステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022170円4,120円13,980円
2021190円1,790円5,320円
2020300円13,680円88,430円
2019270円4,060円19,570円
2018340円4,010円15,660円
2017310円7,570円36,810円
2016210円5,050円15,990円
20154,800円40,700円405,590円
2014780円1,900円11,510円
2013440円430円2,420円
平均781円8,331円61,528円

10年で見ると順当寄りでしょうか。上位人気はそれなりに良いので、どちらかというと紐が難解だったりします。近年言わる格言としては「ロードカナロアが2年連続2着になるレース、ファインニードルが2連覇するレース」ですので、状態の見極めが重要です。

阪神競馬場の配当傾向

セントウルステークスが行われる阪神競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】セントウルステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-3-1-107%27%33%
4歳5-0-0-2020%20%20%
5歳4-4-4-2611%21%32%
6歳0-2-4-330%5%15%
7歳0-1-1-210%4%9%
8歳0-0-0-40%0%0%
9歳~0-0-0-10%0%0%

馬齢別で見ると3~5歳馬が優勢。極論を言えば6歳以上はオミットするのも手か。まずは3~5歳馬を最初にチェックするといいのではないでしょうか。

【2023年】セントウルステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-1115%15%15%
2枠 0-2-1-110%14%21%
3枠 1-0-0-156%6%6%
4枠 2-1-4-1310%15%35%
5枠 2-1-1-1610%15%20%
6枠 0-1-0-190%5%5%
7枠 0-1-3-160%5%20%
8枠 3-4-1-1414%32%36%

枠順別のデータを見ると8枠が良いですね。と言っても、人気馬は枠に関係なくきています。

3枠と6枠はだけ数字を見ると嫌ですが、それ以外は枠で嫌う必要はないでしょう。

【2023年】セントウルステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.0秒
2F10.5秒
3F10.8秒
4F11.0秒
5F11.2秒
6F12.0秒

セントウルステークスのラップ傾向です。2~3F目が10秒台とかなり前傾のラップになります。32~33秒台前半の流れについていける馬でないと対応が厳しいレースです。

【2023年】セントウルステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ミッキーアイルハービンジャー
2着ロードカナロアサクラバクシンオー
3着ダイワメジャージャングルポケット
20211着ダイワメジャーLizard Island
2着モーリスキングヘイロー
3着スクリーンヒーローディアブロ
20201着ロードカナロアHard Spun
2着メイショウサムソンマンハッタンカフェ
3着Scat DaddyDeputy Minister
20191着Raven’sPassDalakhani
2着ロードカナロアディープインパクト
3着ロードカナロアボストンハーバー

セントウルステークスの近3年の傾向です。阪神開催時はロードカナロアが目立ちますね。

【2023年】セントウルステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1200mの傾向データと特徴[2022年版] エニフステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】エニフステークスの過去傾向データと馬券予想 紫苑ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】紫苑ステークスの過去傾向データと馬券予想 京成杯オータムハンデキャップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京成杯オータムハンデキャップの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です