【2022年】ニュージーランドトロフィーの過去傾向データと馬券予想

ニュージーランドトロフィーの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月にニュージーランドトロフィーが開催されます。このページではニュージーランドトロフィーの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】ニュージーランドトロフィーの概要と馬券のポイント

【中山】芝1600コースイメージ

レース名ニュージーランドトロフィー(ニュージーランドT・NZT)
格付けGII
コース中山 芝1600m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・馬齢
1着賞金5,400万円

ニュージーランドトロフィーは阪神芝1800mで行われるGIIの重賞競走です。NHKマイルのステップレースの一つとして最近は出走馬のレベルが高いレースです。春のマイル路線のGIを目指す馬の力試しのレースとして位置付けられています。賞金も高いのでここ数年はノーザンファームの使い分け対象のレースにもなっているように見えます。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝320円460円1,080円
馬連920円1,770円2,770円
馬単1,590円2,910円5,650円
3連複8,190円8,880円4,540円
3連単26,790円34,500円29,230円

3年で見ると波乱傾向と言っていいでしょう。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は低い
  • 内枠優勢
  • ラップは持続ラップで進む

【2022年】ニュージーランドトロフィーの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021バスラットレオン牡31:33.1
2020ルフトシュトローム牡31:33.0
2019ワイドファラオ牡31:34.2
2018カツジ牡31:34.2
2017ジョーストリクトリ牡31:36.0
2016ダンツプリウス牡31:33.9
2015ヤマカツエース牡31:34.8
2014ショウナンアチーヴ牡31:33.3
2013エーシントップ牡31:34.8
2012カレンブラックヒル牡31:33.2

ニュージーランドトロフィー過去10年の勝ち馬です。タイムは1分34秒位で見ておけばいいでしょう。そこまで時計は速くなりませんので絶対的なスピードが必要というレースではありません。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-2-0-620%40%40%
2番人気4-2-2-240%60%80%
3番人気0-2-1-70%20%30%

ニュージーランドトロフィーの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。2番人気の馬券内の信頼度が高いですが、総じて人気馬が良いとは言えないレースです。基本的に人気薄が紛れてくるレースと考えておいた方がいいでしょう。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-0-1-156%6%12%
2枠1-4-3-125%25%40%
3枠4-0-2-1420%20%30%
4枠1-1-0-185%10%10%
5枠0-2-0-170%11%11%
6枠2-0-1-1710%10%15%
7枠1-1-0-195%10%10%
8枠0-2-3-160%10%24%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると10年で1~4枠の内枠が19頭、5~8枠の外枠が11頭と顕著に有利です。まずは内枠から馬券検討を開始しましょう。

【2022年】ニュージーランドトロフィーのラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.4秒
2F11.1秒
3F11.5秒
4F11.9秒
5F12.0秒
6F11.8秒
7F11.7秒
8F11.7秒

ニュージーランドトロフィーのラップ傾向です。テンからやや下るということもあり、序盤のラップが上がる傾向です。その後コーナーでラップが落ちますがそれでも12秒前半と早い時計で進みます。

コーナーから直線では坂までは加速ラップで行きますが坂で最後は横ばい〜やや止まるという傾向です。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着キズナNew Approach
2着ロードカナロアアドマイヤベガ
3着エピファネイアフジキセキ
20201着キンシャサノキセキキングカメハメハ
2着エピファネイアゼンノロブロイ
3着スクリーンヒーローサクラユタカオー
20191着ヘニーヒューズアグネスタキオン
2着ダイワメジャーキングカメハメハ
3着ルーラーシップディープインパクト

ニュージーランドトロフィーの近3年の傾向です。ディープインパクト内包が目につきます。父ディープは数年しか使えないデータかもしれませんが見つけたら狙いましょう。続いてケアすべきはキングカメハメハ系。やや広いですがケアしましょう。もしかしたらロードカナロアが今後優勢になる可能性がありますね。

【2022年】ニュージーランドトロフィーの注目馬

調査中

中山競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中山芝1600mの傾向データと特徴[2021年版] 桜花賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】桜花賞の過去傾向データと馬券予想 忘れな草賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】忘れな草賞の過去傾向データと馬券予想 春雷ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】春雷ステークスの過去傾向データと馬券予想 阪神牝馬Sの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】阪神牝馬Sの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です