中山ダート1800mの傾向データと特徴[2021年版]

中山競馬場|ダート1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

中山ダート1800mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【中山競馬場】ダート1800mのコース概要

【中山】ダート1800mコースイメージ

スタート地点はスタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでおよそ375mと序盤のポジション取りはやや厳しめ。スタート後に急坂があります。

最後の直線は約308mと中央開催のダートとしては短くなっております。

中山ダート1800mで行われる重賞レース一覧

アンタレスステークス
マーチステークス

中山ダート1800m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ20%33%44%
先行16%33%46%
差し4%8%15%
追込1%2%3%

中山ダート1800mは前有利です。逃げ馬・先行馬が序盤にポジション取りが厳しいコースですが、最後の直線も短いことから後ろが間に合わないケースが目立ちます。またコーナー4つで減速することを加味すると基本的には前に行ける馬から狙いたいコースです。

中山ダート1800m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気37%54%66%
2番人気15%37%50%
3番人気13%29%45%
4番人気9%18%28%
5番人気8%15%28%

人気順については、上位人気がそれなりに活躍しています。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

中山ダート1800m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠6%13%18%
2枠7%12%18%
3枠5%12%20%
4枠7%13%18%
5枠7%14%22%
6枠9%15%22%
7枠7%15%24%
8枠7%15%21%

枠順別のデータです。コース形態的に序盤のポジション取りが厳しいのですが、傾向としては外枠有利に出ています。1コーナーまでに外から内に切れ込むのでゴチャつきやすいというのもあるかもしれません。

中山ダート1800m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
ルメール32%48%56%
田辺裕信11%23%37%
大野拓弥9%16%27%
石橋脩13%19%31%
三浦皇成9%22%31%
戸崎圭太15%23%33%
内田博幸7%15%20%
横山典弘19%33%45%

中山芝1800mの勝利数が多い騎手一覧です。ルメール騎手が他の中山ダートとは異なり好成績。他の顔ぶれは美浦のリーディング上位騎手が順当にというところでしょうか。

中山ダート1800m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
ゴールドアリュール12%20%29%
キングカメハメハ15%34%40%
クロフネ11%18%27%
ハーツクライ12%20%29%
アイルハヴアナザー8%19%26%
ヘニーヒューズ10%21%32%
ブラックタイド10%17%29%
ヴィクトワールピサ11%17%27%

中山ダート1800mで勝ち星が多い種牡馬です。ダート中距離に強いゴールドアリュールが首位。ダート中距離に強い種牡馬が上位ですね。

中山ダート1800mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス37.439.138.61:55.1
2勝クラス37.038.138.71:53.8
準OP・OP36.838.237.71:52.7
重賞36.237.737.81:51.7

クラス別のラップの傾向です。3分の1でラップを区切るとやや前傾ラップですが、中盤に緩むこともあり前後半ではイーブンラップと捉えることもできます。中盤に緩むこともあり、前が優勢になりやすいコースです。

中山ダート1800m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離が短く、序盤のポジション争いはタイト。ただコーナー4つで自然とラップが落ち、中盤が緩むラップになることが多いので結果的には逃げ・先行馬が有利。内枠はゴチャつきやすいのか外枠が優勢のコースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です