中京ダート1800mの傾向データと特徴[2021年版]

中京競馬場|ダート1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)

どうも、スダケイバtwitterです。

中京ダート1800mの傾向と特徴について、データを元に分析していきますので馬券検討にお役立ていただければと思います。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【中京競馬場】ダート1800mのコース概要

【中京】ダート1800mコースイメージ

スタート地点はスタンド前の中間点。最初のコーナーまでの距離が短いため序盤のポジション取りは厳しめ。1~2コーナーはほぼ平坦ですが、向こう正面から3コーナー手前にかけて緩やかに上り坂で、その後は下り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブ。最後の直線は380m地点から220m地点まで高低差1.8mの上り坂でラストは平坦です。

最後の直線は約410mと東京競馬場に次ぐ長さとなっております。

中京ダート1800mで行われる重賞レース一覧

チャンピオンズカップ
東海ステークス

中京ダート1800m脚質傾向データ

脚質勝率連対率複勝率
逃げ15%32%44%
先行14%27%40%
差し6%12%18%
追込2%4%7%

中京ダート1800mはやはり前有利です。逃げ馬・先行馬から馬券検討を開始したいのですが、外枠が不利なため、外枠に逃げ・先行馬が偏ると差し・追込み馬が台頭しやすくなります。

中京ダート1800m人気別傾向データ

人気勝率連対率複勝率
1番人気30%47%60%
2番人気21%32%47%
3番人気18%34%45%
4番人気3%18%30%
5番人気11%23%36%

人気順については、上位人気がそれなりに活躍しています。まずは上位人気から検討して良いでしょう。

中京ダート1800m枠順傾向データ

枠順勝率連対率複勝率
1枠7%16%24%
2枠5%15%25%
3枠8%11%17%
4枠6%14%21%
5枠9%15%27%
6枠9%15%22%
7枠10%17%22%
8枠6%13%19%

枠順別のデータです。2020年のチャンピオンズカップで周知されましたが、外枠が不利なコースで内枠がかなり優勢です。特に外枠の逃げ・先行馬はポジション取りが苦しいコースです。

中京ダート1800m騎手傾向データ

騎手勝率連対率複勝率
吉田隼人25%25%30%
和田竜二19%33%38%
武豊36%45%64%
ルメール67%83%83%
川田将雅21%43%64%
丸田恭介20%40%47%
北村友一19%38%44%
古川吉洋21%21%29%

中京ダート1800mの勝利数が多い騎手一覧です。吉田隼人騎手がトップです。珍しい傾向だと思いますので覚えておくと妙味があるかもしれません。

中京ダート1800m血統傾向データ

種牡馬勝率連対率複勝率
キングカメハメハ12%20%27%
マンハッタンカフェ21%25%38%
ルーラーシップ11%23%31%
ジャスタウェイ25%38%44%
ステイゴールド18%35%47%
クロフネ10%13%33%
ハーツクライ12%12%23%
カネヒキリ18%18%29%

中京ダート1800mで勝ち星が多い種牡馬です。ダート種牡馬と言うよりも芝の中距離馬の台頭が目立ちますね。

中京ダート1800mラップ傾向データ(平均タイム)

クラス前半ラップ中盤ラップ後半ラップ平均タイム
2歳OP・重賞
1勝クラス37.738.637.71:54.0
2勝クラス37.137.337.81:52.2
準OP・OP37.136.637.11:50.8
重賞36.535.737.91:50.1

クラス別のラップの傾向です。前半・後半はほぼイーブンラップ。中盤も緩まない傾向にあります。重賞クラスになると少し傾向が変わりまして前傾ラップになりますので、ご注意ください。。

中京ダート1800m傾向データまとめ

最初のコーナーまでの距離が短く外枠の逃げ・先行馬は辛いコースです。ただしコース全体としては逃げ・先行馬が有利ですので脚質と枠順を踏まえて馬券検討する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です