【2022年】プロキオンステークスの過去傾向データと馬券予想

プロキオンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年7月にプロキオンステークス(プロキオンS)が開催されます。このページではプロキオンステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】プロキオンステークスの概要と馬券のポイント

【中京】ダート1400mコースイメージ

レース名プロキオンステークス(プロキオンS)
格付けGIII
コース中京 ダート1400m → 小倉ダート1700m
条件サラ系3歳上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,600万円

プロキオンステークスは中京ダート1400mで行われるGIIIの重賞競走です。秋に向けて賞金を加算したい馬が近年は多く集める傾向にあります。今年はオリンピックによる開催の変更により小倉ダート1700mにて開催されます。

【2022年】プロキオンステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝1,980円1,100円650円
馬連53,680円22,160円1,930円
馬単95,600円41,200円3,720円
3連複338,400円140,380円3,530円
3連単1,944,100円826,670円19,210円

3年で見ると順当と意外と3連系は波乱要素を含んでいる印象を持っています。

【2022年】プロキオンステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の複勝圏内率は高いが頭は?
  • 枠は3枠だけ異常に高いので念のため注意
  • 高齢馬の活躍が目立つレース

【2022年】プロキオンステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021メイショウカズサ牡41:40.9
2020サンライズノヴァ牡61:21.8
2019アルクトス牡41:21.2
2018マテラスカイ牡41:20.3
2017キングズガード牡61:22.9
2016ノボバカラ牡41:22.1
2015ベストウォーリア牡51:22.5
2014ベストウォーリア牡41:22.6
2013アドマイヤロイヤル牡61:21.9
2012トシキャンディ牝61:22.6

プロキオンステークスの過去10年の勝馬です。馬場によるタイム差を除けば、1400mという距離の関係で厳しいラップになりやすく、例年同じような数字で決着しますので、そもそも決着タイムで走れるか、当日の馬場状態が最初のポイントになります。

※2021年は小倉開催

【2022年】プロキオンステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-2-3-320%40%70%
2番人気2-2-2-420%40%60%
3番人気0-3-0-70%30%30%

プロキオンステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気が力を発揮しやすいレースので、基本的には固い決着のレースが多いのですが、決着タイムが1分22秒を超えてくると人気薄も絡む余地があります。

【2022年】プロキオンステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-20%0%0%
4歳4-2-0-1916%24%24%
5歳2-4-4-325%14%24%
6歳4-1-2-2513%16%22%
7歳0-2-3-270%6%16%
8歳0-1-1-150%6%12%
9歳~0-0-0-50%0%0%

馬齢別で見ると4歳馬が優勢ですね。5歳馬は頭数は多いのですが確率で見ると、あまり良くありません。基本は4歳馬を中心に検討を進めるのが良いでしょう。

【2022年】プロキオンステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-3-107%13%33%
2枠0-1-0-180%5%5%
3枠5-1-2-1225%30%40%
4枠0-1-0-190%5%5%
5枠0-1-2-170%5%15%
6枠1-2-0-175%15%15%
7枠1-3-1-155%20%25%
8枠2-0-2-1610%10%20%

枠順別のデータを見ると極端に3枠と8枠が良いですね。複勝率は1枠がよく出ています。基本的に枠順による有利不利はあまりないと見ていいでしょう。

【2022年】プロキオンステークスのラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.1秒
2F10.8秒
3F11.1秒
4F11.6秒
5F11.9秒
6F11.8秒
7F12.7秒

プロキオンステークスのラップ傾向です。前傾ラップになりやすくラスト1Fの落差が大きいレースです。前に行く馬はそれなりに苦しいレースですので、前々の決着イメージというよりは前と後ろを意識したイメージを持って馬券を組み立てたいレースです。

【2022年】プロキオンステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着コロラドズクエストカジノドライヴ
2着バゴテイエムオペラオー
3着ロードカナロアフジキセキ
20201着ゴールドアリュールサンダーガルチ
2着キングカメハメハサンデーサイレンス
3着シニスターミニスターサンデーサイレンス
20191着アドマイヤオーラシンボリクリスエス
2着ロードカナロアファルブラヴ
3着カジノドライヴスペシャルウィーク

プロキオンステークスの近3年の傾向です。シニスターミニスターが連対。あとは父サンデー系じゃない方がいいレースです。

【2022年】プロキオンステークスの注目馬

調査中です。

小倉競馬場|ダート1700mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)小倉ダート1700mの傾向データと特徴[2021年版] 七夕賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年)【2022年】七夕賞の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です