【2021年】中日新聞杯の過去傾向データと馬券予想

中日新聞杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年12月11日に中日新聞杯が開催されます。このページでは中日新聞杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】中日新聞杯の概要と馬券のポイント

【中京】芝2000コースイメージ

レース名中日新聞杯(ちゅうにちしんぶんはい)
格付けGIII
コース中京 芝2000m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金4,100万円

中日新聞杯は中京芝2000mで行われるハンデ戦です。

ココが馬券のポイント!
  1. 上位人気の信頼度はそこそこ・・・
  2. 若い馬が強い傾向
  3. 8枠がやや不利

【2021年】中日新聞杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020ボッケリーニ牡42:00.1
2019サトノガーネット牝41:59.2
2018ギベオン牡31:59.3
2017メートルダール牡41:59.3
2016サトノノブレス牡62:01.3
2015ディサイファ牡62:01.2
2014マーティンボロ牡52:01.5
2013サトノアポロ牡51:59.6
2012スマートギア牡72:02.2
2011コスモファントム牡41:59.6

中日新聞杯の過去10年の勝ち馬です。近3年は暮れのレースでハンデ戦と言うこともあり2000mの時計としてはあまり早くありません。そのこともあってか、波乱のレースも。

【2021年】中日新聞杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-2-2-420%40%60%
2番人気2-1-2-520%30%50%
3番人気0-2-1-70%20%30%

中日新聞杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。条件や施行時期が違うのでなんとも言えませんが、1番人気は安定している傾向にあります。

【2021年】中日新聞杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳1-1-1-513%25%38%
4歳4-4-5-329%18%29%
5歳2-0-2-365%5%10%
6歳2-1-2-335%8%13%
7歳1-4-0-214%19%19%
8歳0-0-0-70%0%0%
9歳~0-0-0-70%0%0%

馬齢別で見ると率では3〜4歳馬が優勢。若い馬に有利なレースです。まずは年齢の若い馬(特に3歳)の取捨選択から考えるレースです。

【2021年】中日新聞杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-1-1611%11%16%
2枠1-1-1-156%11%17%
3枠1-1-0-175%11%11%
4枠0-2-1-170%10%15%
5枠1-3-1-155%20%25%
6枠2-1-1-1610%15%20%
7枠2-2-4-197%15%30%
8枠1-0-1-264%4%7%

枠順別のデータを見ると8枠が不利ですね。ただし小倉時代・春開催時代も含んでしまっていますので本当に参考程度に(それでも近年の暮れ開催でも8枠は不利ですが)。

【2021年】中日新聞杯のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ0頭
53.0~53.5キロ1頭
54.0~54.5キロ6頭
55.0~55.5キロ9頭
56.0~56.5キロ9頭
57.0~57.5キロ7頭
58キロ〜1頭

ハンデ戦ですが、ハンデを背負っている馬の方が来ていますね。

【2021年】中日新聞杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.1秒
3F12.5秒
4F12.5秒
5F12.2秒
6F12.1秒
7F12.0秒
8F11.8秒
9F11.4秒
10F12.1秒

中日新聞杯のラップ傾向です。このレベルでは珍しく後傾ラップの傾向が出ておりますので後半に脚をつかるタイプを狙いましょう。

【2021年】中日新聞杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20201着キングカメハメハダンスインザダーク
2着ダイワメジャーHigh Chaparral
3着ジャスタウェイMonsun
20191着ディープインパクトVictoryNote
2着ノヴェリストディープインパクト
3着ストーミングホームRedRansom
20181着ディープインパクトGhostzapper
2着ステイゴールドサクラバクシンオー
3着RegalRansomTiznow

過去3年で馬券内に入った馬の血統です。特に強い傾向は感じません。

【2021年】中日新聞杯の注目馬

調査中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です