【2021】香港カップの過去データと傾向・予想(香港国際競走)

香港カップの過去データと傾向・予想(香港国際競走)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年12月に香港カップ(ホンコンカップ)が開催されます。このページでは香港カップの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】香港カップのレース概要

シャティン競馬場コースイメージ

競馬場シャティン競馬場(沙田競馬場)
距離芝2000m
条件3歳以上・GI
斤量3歳以上57kg、牝馬は表記から-1.5kg
賞金賞金総額2,800万香港ドル

香港カップは、香港国際競走として12月に行われるレースの一つ。当日は「香港スプリント」「香港マイル」「香港カップ」「香港ヴァーズ」というスプリントから400m刻みの国際GIが4つ開催されている。高い賞金や欧州・アメリカのオフシーズンにあたるため好メンバーが集まるレースとして地位を確立している。またジョッキーは超一流どころが参戦することもあり道中の位置どりは厳しい傾向にあります。

このレースは地元・アジア・アメリカ・ヨーロッパから勝ち馬が出ているように、世界中の中距離路線から参戦馬が集まるのが特色です。

香港マイルの過去データと傾向・予想(香港国際競走)【2021】香港マイルの過去データと傾向・予想(香港国際競走) 香港ヴァーズの過去データと傾向・予想(香港国際競走)【2021】香港ヴァーズの過去データと傾向・予想(香港国際競走) 香港スプリントの過去データと傾向・予想(香港国際競走)【2021】香港スプリントの過去データと傾向・予想(香港国際競走)

香港カップの過去馬券傾向

馬連3連複3連単
2020年1,920円1,790円15,200円
2019年610円710円3,130円
2018年1,390円1,950円15,490円
2017年720円1,170円7,790円
2016年980円1,970円5,940円

香港カップは非常にレベルが高い一線であることから、馬券傾向は固めの傾向があります。

香港カップの性別傾向

性別成績勝率連対率複勝率
4-3-4-309.8%17.1%26.8%
1-2-1-314.3%42.9%57.1%

香港カップの性別傾向です。騸馬は牡にカウントしております。牝馬自体の参戦が少ないことですが率は非常に高く、牝馬ということで軽視するのは危険です。

香港カップの年齢別傾向

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-20.0%0.0%0.0%
4歳2-2-0-425.0%50.0%50.0%
5歳3-0-3-1117.6%17.6%35.3%
6歳上1-3-0-165.0%20.0%20.0%

年齢別傾向です。斤量面で3歳が特別有利ではない点以外は年齢はあまり意識しなくても良いかと思いますが、データ上は4歳が高い値となっております。

香港カップの前走傾向

勝ち馬前走
2021年
2020年ノームコアエリザベス女王杯 16着
2019年ウインブライト天皇賞・秋 8着
2018年グロリアスフォーエバージョッキークラブカップ 6着
2017年タイムワープジョッキークラブカップ 2着
2016年モーリス天皇賞・秋 1着

香港カップについては適性の差が大きいように思います。前走で大敗でも巻き返しているという歴史からも、コース適性の方を重要視すべきレースです。

香港カップの血統傾向

母父
20201着ハービンジャークロフネ
2着ステイゴールドアドマイヤコジーン
3着GalileoPivotal
20191着ステイゴールドアドマイヤコジーン
2着GalileoDansili
3着MyboycharlieArch
20181着ArchipenkoStormy Atlantic
2着ハービンジャースペシャルウィーク
3着ArchipenkoStormy Atlantic

日本馬が上位に来ていることから、日本に馴染みのある決闘が多く来ております。海外馬は比較的軽い馬場への適性がある馬が向いているようです。

香港カップの過去レース映像(動画)

動画・映像
2020年香港カップ(YouTube)
2019年香港カップ(YouTube)
2018年香港カップ(YouTube)
2017年香港カップ(YouTube)
2016年香港カップ(YouTube)

香港カップに出走した日本馬の成績一覧・結果

馬名着順
1993年ナリタチカラ(牡5)[武豊]7着
1994年フジヤマケンザン(牡6)[蛯名正義]4着
1995年フジヤマケンザン(牡7)[蛯名正義]1着
1996年シーズグレイス(牝3)[福永祐一]9着
1997年サイレンススズカ(牡3)[武豊]5着
1998年ミッドナイトベット(牡4)[河内洋]1着
2001年アグネスデジタル(牡4)[四位洋文]1着
2002年エイシンプレストン(牡5)[福永祐一]5着
2003年エイシンプレストン(牡6)[福永祐一]7着
2003年マグナーテン(セ7)[K・デザーモ]13着
2004年ダンスインザムード(牝3)[O・ペリエ]13着
2006年アドマイヤムーン(牡3)[武豊]2着
2006年ディアデラノビア(牝4)[福永祐一]7着
2007年シャドウゲイト(牡5)[田中勝春]5着
2009年クイーンスプマンテ(牝5)[田中博康]10着
2013年トウケイヘイロー(牡4)[武豊]2着
2014年アルキメデス(牡5)[岩田康誠]7着
2015年エイシンヒカリ(牡4)[武豊]1着
2015年ヌーヴォレコルト(牝4)[R・ムーア]2着
2015年ステファノス(牡4)[戸崎圭太]10着
2015年サトノアラジン(牡4)[J・マクドナルド]11着
2016年モーリス (牡5)[R・ムーア]1着
2016年ステファノス(牡5)[C・スミヨン]3着
2016年ラブリーデイ(牡6)[H・ボウマン]4着
2016年クイーンズリング(牝4)[M・デムーロ]9着
2016年エイシンヒカリ(牡5)[武豊]10着
2017年ネオリアリズム(牡6)[J・モレイラ]3着
2017年ステファノス(牡6)[H・ボウマン]4着
2017年スマートレイアー(牝7)[武豊]5着
2018年ディアドラ(牝4)[C・ルメール]2着
2018年サングレーザー(牡4)[J・モレイラ]4着
2018年ステファノス(牡7)[W・ビュイック]9着
2019年ウインブライト(牡5)[松岡正海]1着
2020年ノームコア(牝5)[Z・パートン]1着
2020年ウインブライト(牡6)[松岡正海]2着
2020年ダノンプレミアム(牡5)[W・ビュイック]9着

日本馬が上位に好走しているレースです。特に中山巧者・阪神内回り巧者・札幌巧者などがリンクしています。過去10年は参戦馬も増えています。海外の有力騎手も日本馬に騎乗していることからも相対的に日本馬優位のレースと言えます。

香港カップ・歴代優勝馬

年/回タイム勝ち馬(騎手/調教師/調教国)
2021年
(第35回)
-/-(-)
(-/-/-)
2020年
(第34回)
2:00.50ノームコア/Normcore(牝5)
(Z・パートン/萩原清/日本)
2019年
(第33回)
2:00.52ウインブライト/Win Bright(牡5)
(松岡正海/畠山吉宏/日本)
2018年
(第32回)
2:01.71グロリアスフォーエバー/Glorious Forever(セ4)
(S・デソウサ/F・ロー/香港)
2017年
(第31回)
2.01.63タイムワープ/Time Warp(セ4)
(Z・パートン/A・クルーズ/香港)
2016年
(第30回)
2:00.95モーリス /Maurice(牡5)
(R・ムーア/堀宣行/日本)
2015年
(第29回)
2:00.60エイシンヒカリ/A Shin Hikari(牡4)
(武豊/坂口正則/日本)
2014年
(第28回)
2.01.96デザインズオンドローム/Designs on Rome(セ4)
(J・モレイラ/J・ムーア/香港)
2013年
(第27回)
2.01.96アキードモフィート/Akeed Mofeed(牡4)
(D・ホワイト/R・ギブソン/香港)
2012年
(第26回)
2.03.09カリフォルニアメモリー/California Memory(セ6)
(M・チャドウィック/A・クルーズ/香港)
2011年
(第25回)
2.04.57カリフォルニアメモリー/California Memory(セ5)
(M・チャドウィック/A・クルーズ/香港)
2010年
(第24回)
2:02.96スノーフェアリー/Snow Fairy(牝3)
(R・ムーア/E・ダンロップ/イギリス)
2009年
(第23回)
2:01.86ヴィジョンデタ/Vision d’Etat(牡4)
(O・ペリエ/E・リボー/フランス)
2008年
(第22回)
2:00.92イーグルマウンテン/Eagle Mountain(牡4)
(K・シェイ/M・デコック/南アフリカ)
2007年
(第21回)
2:02.8ラモンティ/Ramonti(牡5)
(L・デットーリ/S・ピン・スルール/UAE)
2006年
(第20回)
2:01.6プライド/Pride(牝6)
(C・ルメール/A・ド・ロワイエ=デュプレ/フランス)
2005年
(第19回)
2:04.5ヴェンジェンスオブレイン/Vengeance of Rain(セ5)
(A・デルぺッチ/D・フェラーリス/香港)
2004年
(第18回)
2:03.3アレクサンダーゴールドラン/Alexander Goldrun(牝3)
(K・マニング/J・ボルジャー/アイルランド)
2003年
(第17回)
2:00.9ファルブラヴ/Falbrav(牡5)
(L・デットーリ/L・クマーニ/イギリス)
2002年
(第16回)
2:07.1プレシジョン/Precision(セ4)
(M・キネーン/D・オートン/香港)
2001年
(第15回)
2:02.8アグネスデジタル/Agnes Digital(牡4)
(四位洋文/白井寿昭/日本)
2000年
(第14回)
2:02.2ファンタスティックライト/Fantastic Light(牡4)
(L・デットーリ/S・ピン・スルール/UAE)
1999年
(第13回)
2:01.4ジムアンドトニック/Jim and Tonic(牡4)
(G・モッセ/F・ドゥーメン/フランス)
1998年
(第12回)
1:46.9ミッドナイトベット/Midnight Bet(牡4)
(河内洋/長浜博之/日本)
1997年
(第11回)
1:47.2ヴァルズプリンス/Val’s Prince(セ5)
(C・アスムッセン/J・ピコー/アメリカ)
1996年
(第10回)
1:48.2ファーストアイランド/First Island(牡4)
(M・ヒルズ/G・ラッグ/イギリス)
1995年
(第9回)
1:47.0フジヤマケンザン/Fujiyama Kenzan(牡7)
(蛯名正義/森秀行/日本)
1994年
(第8回)
1:48.4ステートタジ/State Taj(セ5)
(D・オリヴァー/J・ライリー/香港)
1993年
(第7回)
1:49.2モチベーション/Motivation(セ6)
(J・マーシャル/J・ムーア/香港)
1993年
(第6回)
1:48.2ロマネコンティ/Romanee Conti(牝4)
(G・チャイルズ/L・ラクソン/香港)
1991年
(第5回)
1:49.8リヴァーヴァードン/River Verdon(セ4)
(G・モッセ/D・ヒル/香港)
1990年
(第4回)
1:48.4ケッセム/Kessem(牡5)
(K・モーゼス/B・スミス/香港)
1989年
(第3回)
1:48.0グレインヴェイダー/Grey Invader(牝4)
(G・スチュワート/A・クラーク/香港)
1989年
(第2回)
1:49.3コロニアルチーフ/Colonial Chief(セ4)
(A・クルーズ/I・アラン/シンガポール)
1988年
(第1回)
1:48.6フライングダンサー/Flying Dancer(セ5)
(B・レイシャー/P・カン/香港)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です