【2021年】CBC賞の過去傾向データと馬券予想

CBC賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年)

どうも、スダケイバtwitterです。

2021年7月4日にCBC賞が開催されます。このページではCBC賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2021年】CBC賞の概要と馬券のポイント

【中京】芝1200mのコースイメージ

レース名CBC賞(しーびーしーしょう)
格付けGIII
コース中京 芝1200m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金3,900万円

CBC賞は中京芝1200mで行われるGIIIの重賞競走です。春の大一番に向けて賞金を加算しておきたいタイプの馬が集まりやすいレースです。

ココが馬券のポイント!
  1. 上位人気の信頼度はそれなりに高い。
  2. 斤量の軽い馬の重い馬も満遍なく馬券絡みする
  3. 5歳馬の成績が良いレース

【2021年】CBC賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020ラブカンプー牝51:08.7
2019レッドアンシェル牡51:09.8
2018アレスバローズ牡51:07.0
2017シャイニングレイ牡51:08.0
2016レッドファルクス牡51:07.2
2015ウリウリ牝51:09.1
2014トーセンアマポーラ牝51:08.6
2013マジンプロスパー牡51:08.0
2012ダッシャーゴーゴー牡41:08.7
2011ヘッドライナーセ61:08.1

CBC賞については、2019年のの不良馬場をイレギュラーとすると、基本的に早い時計での決着になります。また牝馬も10年で3勝しております。(馬券内に入った牝馬は8/30頭)

早い時計に対応できるならば性別にこだわる必要のないレースと捉えておけばいいでしょう。

【2021年】CBC賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-1-1-530%40%50%
2番人気3-1-2-430%40%60%
3番人気1-1-3-510%20%60%

CBC賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気はすべて複勝率50%超と高い複勝率を誇っていますので、基本的には人気馬信頼のレースです。

ただし、この近3年で1~3番人気が馬券になったのは全9頭中で3頭となっており、だんだん人気馬の信頼度が落ちてきている点は頭の片隅に入れておきましょう。

【2021年】CBC賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-150%0%0%
4歳1-1-2-146%11%22%
5歳6-4-4-3113%22%31%
6歳3-2-4-416%10%18%
7歳0-2-0-140%13%13%
8歳0-0-0-100%0%0%
9歳~0-0-0-60%0%0%

馬齢別で見ると5歳馬が圧倒的に優勢です。3歳馬のこの時期にいきなり重賞に通用するならNHKマイルなどGI路線で戦っていたでしょうから、そういうレベルでなければ3歳はオミットでも良さそう。

【2021年】CBC賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-2-150%0%12%
2枠1-1-1-146%12%18%
3枠1-1-2-146%11%22%
4枠2-3-1-1410%25%30%
5枠0-2-1-170%10%15%
6枠3-0-1-1615%15%20%
7枠1-2-1-194%13%17%
8枠2-1-1-199%13%17%

枠順別のデータを見ると1枠が鬼門です。過去のレース映像を見る限り、道中〜直線で馬場の良いところを選びやすいというのが要因に見えます。

1枠だけ嫌ですが、それ以外は枠で嫌う必要はないでしょう。

【2021年】CBC賞のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ2頭
52.0~52.5キロ1頭
53.0~53.5キロ1頭
54.0~54.5キロ3頭
55.0~55.5キロ5頭
56.0~56.5キロ8頭
57.0~57.5キロ6頭
58キロ〜4頭

ハンデ戦らしく満遍なく馬券に絡んでいます。データを扱っていてオカルトの話で恐縮ですが、いわゆる点5(57.5とか58.5とか)がよく馬券に絡んでいます。(出走全8頭中6頭が馬券内です。)

【2021年】CBC賞のラップ傾向

CBC賞ラップ傾向

ハロンタイム
1F12.1秒
2F10.7秒
3F11.0秒
4F11.2秒
5F11.4秒
6F12.2秒

CBC賞のラップ傾向です。阪神開催の平均値を取っています。とにかく2~3ハロン目が非常に早くなります。だからと言って後ろ有利かというとそうでもなく、阪神開催では行ききった逃げ馬は残りやすいので難しいレースです。

【2021年】CBC賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20201着ショウナンカンプマイネルラヴ
2着ロードカナロアフレンチデピュティ
3着マンハッタンカフェStorme Cat
20191着マンハッタンカフェStorme Cat
2着ディープインパクトトニービン
3着アドマイヤムーンCapote
20181着ディープインパクトトニービン
2着ダンスインザダークロックオブジブラルタル
3着トワイニングサンデーサイレンス

CBC賞の近3年の傾向です。近年はリピーターが入線していますので、ディープ・マンハッタンカフェが優勢。以前はサクラバクシンオーの産駒が強いレースでした。2020年のショウナンカンプは同馬の子供です。しかし2020年は中京→阪神開催だったので、サンプルに入れるかどうかは悩むところ。一応今後も警戒が必要でしょうか。

【2021年】CBC賞の注目馬

調査中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です