【2023年】きさらぎ賞の過去傾向データと馬券予想

きさらぎ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年2月にきさらぎ賞が開催されます。このページではきさらぎ賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】きさらぎ賞の概要と馬券のポイント

【京都】芝1800mコースイメージ

名称きさらぎ賞(きさらぎしょう)
格付けGIII
コース京都(外) 芝1800m → 中京 芝2000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 4,000万円

きさらぎ賞は京都の外回り芝1800mで行われる3歳限定の重賞(GIII競走)ですが、今年は京都競馬場の改修に伴い、中京芝2000mで行われます。近年ではクラシックのステップレースの1つとして、それなりにメンバーが集まるレースとなっています。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

きさらぎ賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は高いレース。
  2. 枠順の傾向はあまりない。
  3. 血統傾向は偏りが少ないレースか

きさらぎ賞のコース解説

京都芝1800mのスタート地点は正面左手の2コーナー付近ポケット地点。3コーナーまでの距離は900mほどあり、ポジション取りはしやすいコース。3コーナー手前から上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝1800mの詳細データはこちら

【2023年】きさらぎ賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022マテンロウレオ牡32:00.5
2021ラーゴム牡32:01.0
2020コルテジア牡31:48.3
2019ダノンチェイサー牡31:49.0
2018サトノフェイバー牡31:48.8
2017アメリカズカップ牡31:50.1
2016サトノダイヤモンド牡31:46.9
2015ルージュバック牝31:48.6
2014トーセンスターダム牡31:47.6
2013タマモベストプレイ牡31:48.9

きさらぎ賞の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見てもその後のクラシックで活躍している馬とそうでない馬に別れているように年によりレベルの差があるレースです。あくまでざっくりですがタイムを見ると良馬場で1分47秒以下ですとクラシック級と言えるでしょうか。

【2023年】きさらぎ賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-2-2-420%40%60%
2番人気2-3-2-320%50%70%
3番人気2-1-2-520%30%50%

きさらぎ賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1~3番人気が安定して馬券になっているので、まずは上位人気を馬券の検討対象にするレースです。

きさらぎ賞の配当傾向

単勝3連複3連単
2022400円6,820円26,860円
2021470円670円4,990円
20202,980円2,940円53,860円
2019540円23,670円141,960円
2018690円3,750円23,040円
20171,720円1,210円14,180円
2016120円430円1,570円
2015170円420円1,270円
2014250円1,200円3,310円
2013830円3,700円28,120円
平均817円4,481円29,916円

頭に少しイレギュラーが起こるか、紐に少しイレギュラーが起こるかというレースです。基本的には順当な決着に終始することが多く、無理な穴狙いというのは難しいレースです。

京都競馬場の配当傾向

きさらぎ賞が行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】きさらぎ賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別では世代限定戦のためありません。

【2023年】きさらぎ賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-2-0-620%40%40%
2枠 2-2-0-620%40%40%
3枠 3-2-2-330%50%70%
4枠 1-0-3-610%10%40%
5枠 0-2-0-80%20%20%
6枠 0-0-1-90%0%10%
7枠 1-2-2-88%23%38%
8枠 1-0-2-136%6%19%

枠順別のデータを見ると内枠が優勢です。ただし複勝率を見ても外枠がダメというわけではありませんので、優先順位が内枠というように考えておけばいいと思います。

【2023年】きさらぎ賞のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.9秒
2F11.5秒
3F11.9秒
4F12.4秒
5F12.5秒
6F12.1秒
7F11.7秒
8F11.5秒
9F11.8秒

きさらぎ賞のラップ傾向です。基本的に前半〜中盤がとても遅いレースです。歩いて最後に走るようなイメージでうす。その為、ある程度の位置につけておかないと前を差し切るというのは難しいレースです。
中京競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

【2023年】きさらぎ賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ハーツクライブライアンズタイム
2着キングカメハメハフレンチデピュティ
3着キズナキングカメハメハ
20211着オルヴェーヴルCandy Ride
2着ディープインパクトフレンチデピュティ
3着ディープインパクトDubawi
20201着シンボリクリスエスジャングルポケット
2着ディープインパクトフレンチデピュティ
3着ディープインパクトTiz Wonderful

きさらぎ賞の近3年の血統傾向です。クラシックへの登竜門の一つということで、リーディング上位の種牡馬の活躍が目立ちます。基本的にはクラシックに強い血統の馬を念頭に馬券を組み立てたいですね。

【2023年】きさらぎ賞の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    3
    5
    強い
エルフィンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】エルフィンステークスの過去傾向データと馬券予想 東京新聞杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】東京新聞杯の過去傾向データと馬券予想 中京競馬場|芝2000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝2000mの傾向データと特徴[2022年版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です