【2022年】東京新聞杯の過去傾向データと馬券予想

東京新聞杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年2月に東京新聞杯が開催されます。このページでは東京新聞杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】東京新聞杯の概要と馬券のポイント

【東京】芝1600mのコースイメージ

レース名東京新聞杯(とうきょうしんぶんはい)
格付けGIII
コース東京 芝1600m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
1着賞金3,900万円

東京新聞杯は東京芝1600mで行われる別定戦です。春の大一番に向けて賞金を加算しておきたいタイプの馬が集まりやすいレースです。

【2022年】東京新聞杯の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝1,160円780円270円
馬連26,740円7,270円1,840円
馬単43,140円12,920円2,840円
3連複45,560円19,730円4,300円
3連単267,610円125,560円18,190円

単勝は比較的順当ですが、紐荒れの傾向が続いていますね。

【2022年】東京新聞杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の信頼度は低い。波乱決着の警戒を
  2. 前半のラップは遅く最期の直線の脚比べになりやすい
  3. 頭の候補は内枠の馬から選択を

【2022年】東京新聞杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2020プリモシーン牝51:33.0
2019インディチャンプ牡41:31.9
2018リスグラシュー牝41:34.1
2017ブラックスピネル牡41:34.9
2016スマートレイヤー牝61:34.1
2015ヴァンセンヌ牡61:35.7
2014ホエールキャプチャ牝61:33.2
2013クラレント牡41:32.9
2012ガルボ牡51:32.8
2011スマイルジャック牡61:32.5

東京新聞杯の過去10年の勝ち馬です。タイムはクラス・レベル・時期を考えると妥当な水準でしょうか。(インディチャンプの年だけイレギュラーかもしれません)

東京の長い直線で強いタイプの馬が結果を残していますので、いい脚を長く使える馬を選びたいレースです。

【2022年】東京新聞杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-0-2-710%10%30%
2番人気1-0-1-810%10%20%
3番人気3-1-1-530%40%50%

東京新聞杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気は不振と言っていいでしょう。過去10年で馬券内に入った30頭のうち1~3番人気は10頭で複勝率33%です。思い切って人気が無い馬を馬券の軸にしても面白いレースです。

【2022年】東京新聞杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-4-3-2511%22%31%
5歳3-4-6-307%16%30%
6歳3-1-0-289%13%13%
7歳0-1-1-240%4%8%
8歳0-0-0-100%0%0%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別で見ると率では4歳馬が優勢ですが、6歳馬の健闘しています。一方、7歳以上はガクッと成績が落ちますので、まずは4~6歳馬から馬券検討を始めるレースです。

【2022年】東京新聞杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-146%12%18%
2枠2-2-0-1312%24%24%
3枠3-2-0-1416%26%26%
4枠3-1-2-1316%21%32%
5枠1-1-1-165%11%16%
6枠0-2-3-140%11%26%
7枠0-1-2-160%5%16%
8枠0-0-1-180%0%5%

枠順別のデータを見ると内枠が優勢。外枠は頭を取るには厳しいレースです。

【2022年】東京新聞杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F11.2秒
3F11.7秒
4F12.0秒
5F12.0秒
6F11.3秒
7F11.3秒
8F11.7秒

東京新聞杯のラップ傾向です。他の東京のマイル重賞と比べると前半が遅くて最後の直線の脚比べになりやすいレースです。

東京競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1600mの傾向データと特徴[2021年版]

【2022年】東京新聞杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着トゥザグローリーフレンチデピュティ
2着ハーツクライRock of Gibraltar
3着ハーツクライDansili
20201着ディープインパクトFastnet Rock
2着ハーツクライDansili
3着スクリーンヒーローディアブロ
20191着ステイゴールドキングカメハメハ
2着ディープインパクトダンシングブレーヴ
3着ディープインパクトDanehill

東京新聞杯の近3年の傾向です。ディープ・キンカメ・ハーツ・ステイゴールドと言った種付け料で上位・リーディング上位の種牡馬が並びます。東京マイルという紛れが少ないコースですので力比べになりやすいことが要因でしょうか。

【2022年】東京新聞杯の想定からの注目馬

※当週に想定を元に更新いたします。

エルフィンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】エルフィンステークスの過去傾向データと馬券予想 きさらぎ賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】きさらぎ賞の過去傾向データと馬券予想 東京競馬場|芝1600mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1600mの傾向データと特徴[2021年版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です