【2023年】オパールステークスの過去傾向データと馬券予想

オパールステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年10月に夕刊フジ杯オパールステークス(オパールS)が開催されます。このページではオパールステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】オパールステークスの概要と馬券のポイント

【京都】芝1200mコースイメージ

名称オパールステークス(オパールS)
格付けリステッド
コース京都 芝1200m阪神芝1200m
条件サラ系3歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
賞金1着 2,500万円

オパールステークスは阪神芝1200mで行われるリステッド競走です。京都競馬場の改修に伴いまして阪神1200mに開催が変更となっておりますので注意が必要です。
【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 阪神競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝1200mの傾向データと特徴[2022年版]

オパールステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 上位人気の成績は微妙
  2. 内枠が優勢
  3. 若い馬が有利

オパールステークスのコース解説

京都芝1200mのスタート地点は向こう正面の中間点。スタートから3コーナーまで上り坂であることや、3コーナーまでの距離も短いため、序盤のポジション取りは厳しめのコースです。コースは内回りを使用し、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約328mと比較的短くなっております。

京都芝1200mの詳細データはこちら

オパールステークスの配当傾向

単勝3連複3連単
2022580円20,890円95,430円
20211,000円31,820円219,710円
2020730円27,870円118,150円
20191,070円16,030円105,840円
20181,890円11,750円117,880円
2017230円5,880円
30,360円
24,710円
93,250円
20167,110円52,420円577,580円
2015170円12,240円45,290円
20149,480円31,350円380,490円
2013460円26,200円103,990円
平均2,272円24,255円171,120円

10年で見ると3連系はやや波乱傾向でしょうか。上位人気の活躍はかなり良いので、どちらかというと紐が難解だったりします。

京都競馬場の配当傾向

オパールステークスが行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】オパールステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022トウシンマカオ牡31:08.6
2021サヴォワールエメ牝51:08.2
2020リバティハイツ牝51:08.6
2019アウィルアウェイ牝31:09.2
2018アンヴァル牝31:08.2
2017ソルヴェイグ牝41:07.5
2016ラインスピリット牡51:08.4
2015ビッグアーサー牡41:06.7
2014ヘニーハウンド牡61:06.7
2013エピセアローム牝41:07.9

過去10年の勝馬です。2015年以前は別定戦です。2016年からハンデ戦に変更となりましたので現在と施行条件が異なります。オープンクラスの1200mと言う点では変わりませんので今回は近10年分の状況を見ていきます。

【2023年】オパールステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-3-1-420%50%60%
2番人気1-1-1-710%20%30%
3番人気3-0-0-730%30%30%

オパールステークスの過去3年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気があまり信用できないレースになりそうです。

【2023年】オパールステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳3-2-1-920%33%40%
4歳3-2-2-279%15%21%
5歳3-3-5-416%12%21%
6歳1-3-1-293%12%15%
7歳0-0-0-170%0%0%
8歳0-0-1-20%0%33%
9歳~0-0-0-10%0%0%

馬齢別で見ると若い馬ほど強い傾向にあります。ハンデ戦になってからは牝馬が強いと言う点も覚えておきましょう。

【2023年】オパールステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-3-0-1212%29%29%
2枠 2-0-2-1312%12%24%
3枠 0-1-0-160%6%6%
4枠 2-2-3-1211%21%37%
5枠 2-1-0-1710%15%15%
6枠 0-0-1-190%0%5%
7枠 1-2-2-184%13%22%
8枠 1-1-2-194%9%17%

枠順別のデータです。総論としてはインコースの方が良いように見えます。

【2023年】オパールステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.0秒
2F10.7秒
3F10.9秒
4F11.3秒
5F11.3秒
6F11.8秒

オパールステークスのラップ傾向です。コースが変わりますので参考程度に。

【2023年】オパールステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内の頭数
〜51.9キロ5頭
52.0~52.5キロ2頭
53.0~53.5キロ3頭
54.0~54.5キロ9頭
55.0~55.5キロ7頭
56.0~56.5キロ3頭
57.0~57.5キロ1頭
58キロ〜0頭

ハンデ戦ですが、幅広い斤量から馬券になっているのであまり気にする必要はなさそうです。

【2023年】オパールステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20221着ビッグアーサースペシャルウィーク
2着ダイワメジャージャングルポケット
3着アドマイヤムーンメジロライアン
20211着ダイワメジャーPivotal
2着ゴールドアリュールブライアンズタイム
3着ロードカナロアブライアンズタイム
20201着キングカメハメハDubawi
2着ダイワメジャーElusive Quality
3着ヨハネスブルグサクラバクシンオー
20191着ジャスタウェイキングカメハメハ
2着ロードカナロアHigh Chaparral
3着ローエングリンアグネスタキオン

過去4年で馬券内に入った馬の血統です。ミスプロ系が優勢ですがコース替わりを含んでいますので参考程度に。

【2023年】オパールステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
京都競馬場|芝1200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)京都芝1200mの傾向データと特徴[2023年版/改修後] グリーンチャンネルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】グリーンチャンネルカップの過去傾向データと馬券予想 毎日王冠の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】毎日王冠の過去傾向データと馬券予想 京都大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】京都大賞典の過去傾向データと馬券予想 サウジアラビアロイヤルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】サウジアラビアロイヤルカップの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です