【2023年】京都新聞杯の過去傾向データと馬券予想

京都新聞杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年5月に京都新聞杯が開催されます。このページでは京都新聞杯の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】京都新聞杯の概要と馬券のポイント

【京都】芝2200mコースイメージ

名称京都新聞杯(きょうとしんぶんはい)
格付けGII
コース京都 芝2200m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・馬齢
賞金1着 5,400万円

京都新聞杯は京都芝2200mで行われるGIIの重賞競走です。今年は開催が中京競馬場に変わっております。施行条件が変わることにより傾向が変わる可能性がありますので注意が必要です。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 中京競馬場|芝2200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)中京芝2200mの傾向データと特徴[2022年版]

京都新聞杯の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は良いとは言えない
  • 内枠優勢
  • ラップは厳しめで距離不安の馬には厳しい

京都新聞杯のコース解説

京都芝2200mのスタート地点はスタンド前右手の直線入り口付近。スタートして1コーナーまでの距離はおよそ400mあります。ポジション取りはしやすいコース。向こう正面中間地点あたりから3コーナーにかけて上り坂で、3コーナーを頂点に直線まで下り坂。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝2200mの詳細データはこちら

【2023年】京都新聞杯の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022アスクワイルドモア牡32:09.5
2021レッドジェネシス牡32:11.2
2020ディープボンド牡32:11.7
2019レッドジェニアル牡32:11.9
2018ステイフーリッシュ牡32:11.0
2017プラチナムバレット牡32:15.2
2016スマートオーディン牡32:12.6
2015サトノラーゼン牡32:11.0
2014ハギノハイブリッド牡32:11.0
2013キズナ牡32:12.3

京都新聞杯の過去10年の勝ち馬です。勝ち馬や馬券内に絡んだ馬からダービー馬が出ています。これは同じようにダービーのステップレースとして使われる青葉賞と異なる傾向です。特に関西圏の馬には輸送がないことや東京2400mよりも消耗が少ない条件なのが良いのでしょう。中京2200mに変わってその消耗度合いは気になります。

※2021年・2022年は中京開催

【2023年】京都新聞杯の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-3-0-520%50%50%
2番人気2-1-2-520%30%50%
3番人気2-1-0-720%30%30%

京都新聞杯の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気人気の馬券内の信頼度はそれなりに高いと言えます。まずは上位人気の取捨を検討しましょう。

京都新聞杯の配当傾向

単勝3連複3連単
20221,780円19,830円155,470円
2021430円640円4,100円
20201,070円4,540円39,450円
20193,460円25,360円214,830円
20181,280円42,640円269,100円
2017420円3,690円15,190円
2016200円7,230円33,810円
2015460円2,860円13,160円
2014710円9,240円55,130円
2013140円16,100円52,030円
平均995円13,213円85,227円

10年で見ると平均すればやや順当な傾向と言っていいでしょう。ただし、荒れる年と固い年とそうでない年がはっきりしている傾向です。

京都競馬場の配当傾向

京都新聞杯が行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】京都新聞杯の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2023年】京都新聞杯の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠0-1-0-130%7%7%
2枠 3-0-1-1021%21%29%
3枠 2-2-1-1113%25%31%
4枠 0-3-1-130%18%24%
5枠 1-0-0-185%5%5%
6枠 0-1-2-170%5%15%
7枠 2-2-3-1310%20%35%
8枠 2-1-2-179%14%23%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると10年で1~4枠の内枠が14頭、5~8枠の外枠が16頭とイーブンです。ただこれは中京2200mに変わることで傾向が変わる可能性があります。

なお、中京2200mでは外枠が優勢です。

【2023年】京都新聞杯のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.5秒
2F10.7秒
3F11.9秒
4F12.1秒
5F12.3秒
6F12.5秒
7F12.4秒
8F12.0秒
9F11.9秒
10F11.6秒
11F12.0秒

京都新聞杯のラップ傾向です。テンの1〜2F目はスタート後に平坦〜微妙に下りということで早めに進みます。その後に坂でややラップが落ち始め平均的なラップを刻みます。

【2023年】京都新聞杯の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着キズナゼンノロブロイ
2着エピファネイアゼンノロブロイ
3着スクリーンヒーローLayman
20211着ディープインパクトStorm Cat
2着モーリススペシャルウィーク
3着ゴールドシップDarshaan
20201着キズナキングヘイロー
2着ルーラーシップSunday Silence
3着ディープインパクトHawk Wing

京都新聞杯の近3年の傾向です。ディープインパクト系とキンカメ系に注目したいレースです。

【2023年】京都新聞杯の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
プリンシパルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】プリンシパルステークスの過去傾向データと馬券予想 メトロポリタンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】メトロポリタンステークスの過去傾向データと馬券予想 NHKマイルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】NHKマイルカップの過去傾向データと馬券予想 橘ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】橘ステークスの過去傾向データと馬券予想 新潟大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】新潟大賞典の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です