【2022年】メトロポリタンステークスの過去傾向データと馬券予想

メトロポリタンステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年5月にメトロポリタンステークス(メトロポリタンS)が開催されます。このページではメトロポリタンステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】メトロポリタンステークスの概要と馬券のポイント

【東京】芝2400mコースイメージ

レース名メトロポリタンステークス(メトロポリタンS)
格付けリステッド
コース東京 芝2400m
条件サラ系4歳上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金2,600万円

メトロポリタンステークスは東京芝2400mで行われるリステッド競走になります。どちらかというとこの位の長さの重賞が少ないので、距離を求めて出走してくる馬が多い印象です。

【2022年】メトロポリタンステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年(中止)
単勝1,480円1,250円-円
馬連1,620円7,990円-円
馬単4,980円14,710円-円
3連複2,840円16,090円-円
3連単26,480円111,840円-円

3年で見ると波乱傾向と言っていいでしょう。直後に目黒記念もあり重賞級の馬ですと、どちらが狙いなのか読みにくい傾向にあります。

【2022年】メトロポリタンステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気は信頼度高め
  • 枠は外枠が優勢
  • 強い傾向は感じないが中距離で強い種牡馬に注意

【2022年】メトロポリタンステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ゴールドギア牡62:24.5
2020ウラヌスチャーム牝52:25.8
2019中止
2018ベストアプローチ牡42:24.8
2017ヴォルシェーブ牡62:24.1
2016モンドインテロ牡42:26.2
2015ムスカテール牡72:24.8
2014ラブリーディ牡42:25.2
2013カフナ牡52:24.3
2012スマートロビン牡42:27.1

メトロポリタンステークス過去10年の勝ち馬です。勝ち馬を見てもその後に重賞で好走しているようなレベルの馬が並んでいるようにリステッドとしては比較的レベルの高い一戦と言えます。また勝ち馬からGI馬も生まれていますね。

【2022年】メトロポリタンステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-1-1-350%60%70%
2番人気1-0-1-810%10%20%
3番人気1-2-2-510%30%50%

メトロポリタンステークスの過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。上位人気の頭の信頼度はそれなりに高そうですが2~3着は紛れていることが多いようです。これは適性などで人気と見合っていない馬が存在することを意味しているのかなと。そういった妙味のある馬を狙いたいレースです。

【2022年】メトロポリタンステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳5-3-2-1223%36%45%
5歳2-3-5-139%22%43%
6歳2-3-1-247%17%20%
7歳1-0-2-234%4%12%
8歳0-1-0-70%13%13%
9歳~0-0-0-20%0%0%

馬齢別データです。4~5歳馬が優勢です。一方で高齢馬もそれなりに馬券絡みしている点は頭に入れておきたいですね。

【2022年】メトロポリタンステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-2-2-510%30%50%
2枠1-0-2-710%10%30%
3枠0-2-1-80%18%27%
4枠0-0-1-110%0%8%
5枠1-1-2-98%15%31%
6枠3-2-0-1416%26%26%
7枠2-2-1-1311%22%28%
8枠2-2-1-1311%22%28%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると外枠の方が馬券に絡んでいます。まずは外枠優勢という点を念頭に馬券を考慮したいレースです。

【2022年】メトロポリタンステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.8秒
2F11.5秒
3F12.3秒
4F12.5秒
5F12.2秒
6F12.3秒
7F12.7秒
8F12.2秒
9F12.0秒
10F11.4秒
11F11.5秒
12F12.0秒

メトロポリタンステークスのラップ傾向です。10F目と11F目にかなりスピードを要求されます。これは序盤のペースが遅い流れになる年が多く中盤もそこまでペースが上がらないことからです。全体傾向としてはここが勝負のポイントになっていますので4角から坂を駆け上がるあたりで勝負できるポジションにいることが重要です。

【2022年】メトロポリタンステークスのハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ1頭
53.0~53.5キロ1頭
54.0~54.5キロ5頭
55.0~55.5キロ4頭
56.0~56.5キロ17頭
57.0~57.5キロ2頭
58キロ〜0頭

メトロポリタンステークスのハンデ傾向です。軽量馬もきていますが56キロくらいの斤量が良いですね。この辺りの斤量を意識したいレースです。

【2022年】メトロポリタンステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ロードカナロアゼンノロブロイ
2着ワークフォースアドマイヤべガ
3着オルフェーヴルデヒア
20201着ルーラーシップフジキセキ
2着ステイゴールドクロフネ
3着ハーツクライシンボリクリスエス
20191着NewApproachEfisio
2着ジャングルポケットSilverHawk
3着ディープインパクトCongrats

メトロポリタンステークスの近3年の血統傾向です。あまり強い傾向は感じません。トニービンの血を持つ馬が狙い馬の血統表にいたら少し嬉しいかな、程度でしょうか。基本的には中距離路線で結果を出している種牡馬の方が優勢です。

【2022年】メトロポリタンステークスの注目馬

調査中

東京競馬場|芝2400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝2400mの傾向データと特徴[2021年版] プリンシパルステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】プリンシパルステークスの過去傾向データと馬券予想 京都新聞杯の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】京都新聞杯の過去傾向データと馬券予想 谷川岳ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】谷川岳ステークスの過去傾向データと馬券予想 ブリリアントステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ブリリアントステークスの過去傾向データと馬券予想 NHKマイルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】NHKマイルカップの過去傾向データと馬券予想 橘ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】橘ステークスの過去傾向データと馬券予想 新潟大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】新潟大賞典の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です