【2023年】天皇賞・春の過去傾向データと馬券予想

天皇賞・春の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2023年5月に天皇賞・春が開催されます。このページでは天皇賞・春の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。
京都開催の改修に伴い、阪神3200mという異例の条件で開催となります。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2023年】天皇賞・春の概要と馬券のポイント

【京都】芝3200mコースイメージ

名称天皇賞・春(てんのうしょう・はる/天皇賞春/春天)
格付けGII
コース京都 芝3200m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 20,000万円

天皇賞・春は京都芝3200mで行われるGI競走です。今年は京都競馬場代替開催に伴い、阪神3200mで行われます。この阪神3200mというコースは施行回数がとにかく少ないコース(2021年以前は開催なし)ですので、馬券データを提供していて矛盾したことをいいますが、参考になるデータとあまりデータが出てくるかもしれません。

【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 阪神競馬場|芝3200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝3200mの傾向データと特徴[2022年版]

天皇賞・春の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度はそこそこ・・・
  • 血統傾向は偏りあり。トニービン内包を。
  • 枠は内枠優勢

天皇賞・春のコース解説

京都芝3200mのスタート地点は向こう向こう正面の2コーナー付近。最初のコーナーまでおよそ400mと同じ京都の長距離の3000mに比べると序盤の距離は長め。スタート後3コーナーまで上り坂で、その後は直線あたりまで下り坂。コースを1周半回るレイアウトとなっています。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝3200mの詳細データはこちら

【2023年】天皇賞・春の過去10年の勝馬(結果)

勝馬(優勝馬)馬齢タイム
2022タイトルホルダー牡43:16.2
2021ワールドプレミア牡53:14.7
2020フィエールマン牡53:16.5
2019フィエールマン牡43:15.0
2018レインボーライン牡53:16.2
2017キタサンブラック牡53:12.5
2016キタサンブラック牡43:15.3
2015ゴールドシップ牡63:14.7
2014フェノーメノ牡53:15.1
2013フェノーメノ牡43:14.2

過去10年の勝ち馬です。近年は馬名を見ても順当の勝ち馬という感じでしょうか。タイムは道中のラップ次第で大きく動くレースです。

天皇賞(春)・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

天皇賞・春の過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2022タイトルホルダー牡43:16.2横山和生
2021ワールドプレミア牡53:14.7福永祐一
2020フィエールマン牡53:16.5C.ルメール
2019フィエールマン牡43:15.0C.ルメール
2018レインボーライン牡53:16.2岩田康誠
2017キタサンブラック牡53:12.5武豊
2016キタサンブラック牡43:15.3武豊
2015ゴールドシップ牡63:14.7横山典弘
2014フェノーメノ牡53:15.1蛯名正義
2013フェノーメノ牡43:14.2蛯名正義
2012ビートブラック牡53:13.8石橋脩
2011ヒルノダムール牡43:20.6藤田伸二
2010ジャガーメイル牡63:15.7C.ウィリアムズ
2009マイネルキッツ牡63:14.4松岡正海
2008アドマイヤジュピタ牡53:15.1岩田康誠
2007メイショウサムソン牡43:14.1石橋守
2006ディープインパクト牡43:13.4武豊
2005スズカマンボ牡43:16.5安藤勝己
2004イングランディーレ牡53:18.4横山典弘
2003ヒシミラクル牡43:17.0角田晃一
2002マンハッタンカフェ牡43:19.5蛯名正義
2001テイエムオペラオー牡53:16.2和田竜二
2000テイエムオペラオー牡43:17.6和田竜二
1999スペシャルウィーク牡43:15.3武豊
1998メジロブライト牡43:23.6河内洋
1997マヤノトップガン牡53:14.4田原成貴
1996サクラローレル牡53:17.8横山典弘
1995ライスシャワー牡63:19.9的場均
1994ビワハヤヒデ牡43:22.6岡部幸雄
1993ライスシャワー牡43:17.1的場均
1992メジロマックイーン牡53:20.0武豊
1991メジロマックイーン牡43:18.8武豊
1990スーパークリーク牡53:21.9武豊
1989イナリワン牡53:18.8武豊
1988タマモクロス牡43:21.8南井克巳
1987ミホシンザン牡53:20.4柴田政人
1986クシロキング牡43:25.4岡部幸雄
1985シンボリルドルフ牡43:20.4岡部幸雄
1984モンテファスト牡63:22.3吉永正人

【2023年】天皇賞・春の人気別勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-0-430%60%60%
2番人気5-0-1-450%50%60%
3番人気1-2-1-610%30%40%

天皇賞・春の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。10年で3番人気以内の馬券絡みは30頭中で15頭、5番人気まで広げても20頭と半分以上は4番人気以下、3分の1以上は6番人気以下が馬券に絡んでいますので、馬券に穴馬を仕込むと言う視点が必要なレースです。

これは近年長距離レースのレース体系の整備が不十分であることや、実力のある有力所がマイル〜2400mぐらいまでのレースしか出なくなっていることが要因に挙げられると思います。

天皇賞・春の配当傾向

単勝3連複3連単
2022490円1,580円6,970円
2021520円2,040円11,490円
2020200円13,500円55,200円
2019280円16,410円49,110円
2018600円2,060円11,650円
2017220円610円3,780円
2016450円32,350円242,730円
2015460円57,160円236,300円
20141,150円38,790円211,180円
2013620円21,880円111,830円
平均499円18,638円94,024円

10年で見ると3連系は少し付いていますが、全体感としては順当傾向と言っていいでしょう。波乱をイメージしますが、近年は順当傾向ですね。ただ1~3番人気の信頼度は普通くらいです。

京都競馬場の配当傾向

天皇賞・春が行われる京都競馬場は過去の配当傾向を見ると他の競馬場より「やや荒れにくい」競馬場です。競馬場毎に距離別・馬券別の平均配当を別記事でまとめておりますので、参考になればと思います。

▶︎競馬場別の平均配当を見る

【2023年】天皇賞・春の過去の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳4-2-4-2811%16%26%
5歳5-4-1-4110%18%20%
6歳1-3-2-313%11%16%
7歳0-0-3-180%0%14%
8歳0-1-0-130%7%7%
9歳~0-0-0-60%0%0%

馬齢別で見ると4歳馬もしくは5歳馬優勢です。まずは4歳馬と5歳馬の取捨から検討を始めましょう。また過去を見ると連覇もしくは連続馬券内と言う馬も目立つレースです。リピーターの資格を有する馬については馬齢を意識する必要はないでしょう。(例:シュヴァルグランは4歳・5歳・6歳と3年連続で馬券内)

【2023年】天皇賞・春の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠3-1-1-1317%22%28%
2枠 1-1-1-156%11%17%
3枠 1-1-1-165%11%16%
4枠 1-1-4-145%10%30%
5枠 0-1-0-190%5%5%
6枠 1-3-1-155%20%25%
7枠 1-1-1-204%9%13%
8枠 2-1-1-237%11%15%

枠順別のデータで見ると内枠が有利です。これはコースが変わっても長距離ということで何度もコーナーを周りますので傾向としては変わらないとみています。

【2023年】天皇賞・春で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
阪神大賞典10頭
日経賞9頭
大阪杯3頭
京都記念2頭
ダイヤモンドステークス2頭
ジャパンカップ1頭
有馬記念1頭
日経新春杯1頭
AJCC1頭

過去10年で馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。やはり一番多いのは前走・阪神大賞典組。2021年の開催は阪神開催ということもあり、この傾向は強くなるかもしれません。

・前走がGIや阪神大賞典などのステップレースの場合、前走の着順は問わない
・前走が1~2月の重賞競走の場合は、馬券内もしくは掲示板が望ましい
・前走GII未満の組は不振

ポイントは上記のようなポイントです。まず前走GIやステップレース(阪神大賞典・日経賞)の場合は着順不問です。前走のパフォーマンスに囚われず、ここで通用するかを見極めましょう。

前走が非GI組で間隔が空いている場合は前走のパフォーマンスは重要です。

【2023年】天皇賞・春のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.9秒
2F11.7秒
3F11.8秒
4F12.0秒
5F12.2秒
6F12.0秒
7F11.8秒
8F12.8秒
9F12.7秒
10F12.6秒
11F12.6秒
12F12.4秒
13F12.0秒
14F11.8秒
15F11.6秒
16F12.3秒

天皇賞・春のラップ傾向です。このラップは京都時代のものです。後半1,000mから早いラップになります。

【2023年】天皇賞・春の血統・種牡馬の傾向

母父
20221着タイトルホルダーMotivator
2着キズナキングヘイロー
3着リオンディーズマンハッタンカフェ
20211着ディープインパクトAcatenango
2着キズナキングヘイロー
3着ディープインパクトScat Daddy
20201着ディープインパクトGreenTune
2着ステイゴールドMtoto
3着トーセンホマレボシジャングルポケット

天皇賞・春の近3年の傾向です。ハーツクライも含めてトニービン内包の馬が近年馬券絡みしています。またブライアンズタイムの血も注意です。

【2023年】天皇賞・春の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
阪神競馬場|芝3200mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝3200mの傾向データと特徴[2022年版] スイートピーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】スイートピーステークスの過去傾向データと馬券予想 青葉賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】青葉賞の過去傾向データと馬券予想 ブリリアントステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】ブリリアントステークスの過去傾向データと馬券予想 谷川岳ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2023年】谷川岳ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です