【2022年】青葉賞の過去傾向データと馬券予想

青葉賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年4月30日にテレビ東京杯青葉賞が開催されます。このページでは青葉賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】青葉賞の概要と馬券のポイント

【東京】芝2400mコースイメージ

名称青葉賞(あおばしょう)/ダービートライアル
格付けGII
コース東京 芝2400m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・馬齢
賞金1着 5,400万円

青葉賞は東京芝2400mで行われるGIIの重賞競走です。ダービートライアルということでダービーに出走したい馬が集まるレースです(2着までにダービーの優先出走権があります)。ただ競馬ファンには周知の事実ですが、青葉賞からダービー馬が出ていないので、そういった意味でも注目のレースです。

青葉賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  • 上位人気の信頼度は良いとは言えない
  • 内枠優勢
  • ラップは厳しめで力無い馬には厳しいレース

青葉賞のコース解説

青葉賞をはじめとする東京の大舞台で使われる東京芝2400mのスタート地点はスタンド前中間点。最初のコーナーまでおよそ350mと序盤のポジション取りは東京芝コースとしてはやや厳しめ。コースをほぼ1周する形態となっています。コース的にはやや前有利ですが、差し・追込み馬の勝率・連対率・複勝率も他のコースより高く出ています。

東京芝2400mの詳細データはこちら

【2022年】青葉賞の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝500円430円1,050円
馬連1,080円2,640円2,120円
馬単2,230円4,160円5,400円
3連複5,270円2,190円5,490円
3連単22,870円14,870円42,980円

3年で見るとやや波乱傾向と言っていいでしょう。ダービーの前哨戦としての位置付けから力のない馬には簡単ではないレースですが、輸送や2400mという距離が影響していると思われます。

【2022年】青葉賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ワンダフルタウン牡32:25.2
2020オーソリティ牡32:23.0
2019リオンリオン牡32:25.0
2018ゴーフォザサミット牡32:24.4
2017アドミラブル牡32:23.6
2016ヴァンキッシュラン牡32:24.2
2015レーヴミストラル牡32:26.9
2014ショウナンラグーン牡32:26.5
2013ヒラボクディープ牡32:26.2
2012フェノーメノ牡32:25.7

青葉賞の過去10年の勝ち馬です。青葉賞からダービー馬が出ていないのは周知の通りですが、青葉賞やダービー後に順調でない馬の名前も多いので、3歳の若駒に東京2400mを2回走るというのは大変なのだろうなと思います。

【2022年】青葉賞の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気3-3-3-130%60%90%
2番人気0-0-1-90%0%10%
3番人気2-0-1-720%20%30%

青葉賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気の馬券内の信頼度が高いですが、2~3番人気はよくないですね。基本的に人気薄が紛れてくるレースと考えておいた方がいいでしょう。

【2022年】青葉賞の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

3歳の世代限定戦のため、馬齢別データはありません。

【2022年】青葉賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-1-1-1411%17%22%
2枠1-3-0-146%22%22%
3枠1-0-2-156%6%17%
4枠2-2-2-1311%21%32%
5枠2-1-3-1410%15%30%
6枠1-1-0-185%10%10%
7枠1-2-1-224%12%15%
8枠0-0-1-260%0%4%

枠順別のデータを見ると馬券内で考えると10年で1~4枠の内枠が16頭、5~8枠の外枠が14頭とやや内枠〜イーブンぐらいですかね。一応、内枠から馬券検討を開始しましょう。

【2022年】青葉賞のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.6秒
2F11.0秒
3F12.1秒
4F12.6秒
5F12.6秒
6F12.5秒
7F12.5秒
8F12.2秒
9F12.0秒
10F11.6秒
11F11.4秒
12F12.0秒

青葉賞のラップ傾向です。テンの1F目はスタート後にすぐコーナーということもありラップは上がりません。ただその後はそれなりに流れます。最後の1Fの時計が落ちているようにこの時期の牝馬には厳しいレースです。

【2022年】青葉賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ルーラーシップディープインパクト
2着ドゥラメンテフォーティーナイナー
3着ワールドエースシンボリクリスエス
20201着オルフェーヴルシンボリクリスエス
2着ノヴェリストダンスインザダーク
3着ディープインパクトRossini
20191着ルーラーシップクロフネ
2着キングカメハメハディープインパクト
3着ジャングルポケットアグネスデジタル

青葉賞の近3年の傾向です。ダービーで好走した馬の産駒やトニービンを内包している馬が好調です。

【2022年】青葉賞の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
東京競馬場|芝2400mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝2400mの傾向データと特徴[2022年版] スイートピーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】スイートピーステークスの過去傾向データと馬券予想 天皇賞・春の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】天皇賞・春の過去傾向データと馬券予想 ブリリアントステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ブリリアントステークスの過去傾向データと馬券予想 谷川岳ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】谷川岳ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です