【2022年】菊花賞の過去傾向データと馬券予想

菊花賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年10月23日に菊花賞(きっかしょう)が開催されます。このページでは菊花賞の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】菊花賞の概要と馬券のポイント

【京都】芝3000mコースイメージ

名称菊花賞(きっかしょう)
格付けGI
コース京都 芝3000m → 阪神芝3000m
条件サラ系3歳(国際)(特指)・馬齢戦
賞金1着 15,000万円

菊花賞は京都芝3000mで行われるGIIの重賞競走です。京都競馬場の改修に伴いまして阪神3000mに開催が変更となっておりますので注意が必要です。
【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と振替の影響【2020〜】JRA京都競馬場はいつから改修?改修日程(期間)と開催振替の影響 阪神競馬場|芝3000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝3000mの傾向データと特徴[2022年版]

菊花賞の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 1番人気が強い
  2. 内枠優勢
  3. ディープインパクト優勢だがコース替りで?

菊花賞のコース解説

京都芝3000mのスタート地点は向こう向こう正面の3コーナー付近。スタートしてから3コーナーまでおよそ200mしかなく、序盤のポジション取りはかなり厳しめ。スタート後3コーナーまで上り坂で、その後は直線あたりまで下り坂。コースを1周半回るレイアウトとなっています。

最後の直線は平坦で、約403mとなっております。

京都芝3000mの詳細データはこちら

【2022年】菊花賞の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝800円110円650円
馬連2,420円910円4,680円
馬単5,220円1,010円7,640円
3連複14,610円3,810円3,070円
3連単79,560円8,740円23,510円

3年で見ると3連単は頭数は考えると難しい傾向と言えます。馬券の組み合わせが難しく、上位人気の信頼度は高いとまでは言えないので、紐も含め難解だったりします。

【2022年】菊花賞の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021タイトルホルダー牡33:04.6
2020コントレイル牡33:05.5
2019ワールドプレミア牡33:06.0
2018フィエールマン牡33:06.1
2017キセキ牡33:18.9
2016サトノダイヤモンド牡33:03.3
2015キタサンブラック牡33:03.9
2014トーホウジャッカル牡33:01.0
2013エピファネイア牡33:05.2
2012ゴールドシップ牡33:02.9

過去10年で勝ちタイムにここまで差が出るGIは珍しい。馬場悪化や道中のペースに差が生まれやすいことも一因だが、3000mとなると3歳のこの時期では全馬が未経験。長距離の巧拙がいきなり出るレースということもあるか。

菊花賞・過去20年・過去30年の勝馬(結果)

菊花賞Sの過去20年、30年の勝馬を確認したい場合は以下を開いてください。

勝馬馬齢タイム騎手
2021タイトルホルダー牡33:04.6横山武
2020コントレイル牡33:05.5福永祐一
2019ワールドプレミア牡33:06.0武豊
2018フィエールマン牡33:06.1Cルメール
2017キセキ牡33:18.9Mデムーロ
2016サトノダイヤモンド牡33:03.3Cルメール
2015キタサンブラック牡33:03.9北村宏司
2014トーホウジャッカル牡33:01.0酒井学
2013エピファネイア牡33:05.2福永祐一
2012ゴールドシップ牡33:02.9内田博幸
2011オルフェーヴル牡33:02.8池添謙一
2010ビックウィーク牡33:06.1川田将雅
2009スリーロールス牡33:03.5浜中俊
2008オウケンブルースリ牡33:05.7内田博幸
2007アサクサキングス牡33:05.1四位洋文
2006ソングオブウインド牡33:02.7武幸四郎
2005ディープインパクト牡33:04.7武豊
2004デルタブルース牡33:05.7岩田康誠
2003ザッツザプレンティ牡33:04.8安藤勝己
2002ヒシミラクル牡33:05.9角田晃一
2001マンハッタンカフェ牡33:07.2蛯名正義
2000エアシャカール牡33:04.7武豊
1999ナリタトップロード牡33:07.6渡辺薫彦
1998セイウンスカイ牡33:03.2横山典弘
1997マチカネフクキタル牡33:07.7南井克巳
1996ダンスインザダーク牡33:05.1武豊
1995マヤノトップガン牡33:04.4田原成貴
1994ナリタブライアン牡33:04.6南井克巳
1993ビワハヤヒデ牡33:04.7岡部幸雄
1992ライスシャワー牡33:05.0的場均
1991レオダーバン牡33:09.5岡部幸雄
1990メジロマックイーン牡33:06.2内田浩一
1989バンブービギン牡33:07.7南井克巳
1988スーパークリーク牡33:07.3武豊
1987サクラスターオー牡33:08.0東信二
1986メジロデュレン牡33:09.2村本善之
1985ミホシンザン牡33:08.1柴田政人
1984シンボリルドルフ牡33:06.8岡部幸雄

【2022年】菊花賞の人気別勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気5-0-2-350%50%70%
2番人気0-2-0-80%20%20%
3番人気2-1-1-620%30%40%

菊花賞の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。1番人気が勝率5割と高い勝率を誇っていますので3連複や3連単の相手としては外しにくいです。

一方で2~3番人気は平均程度ということで、人気薄の台頭を期待してもいいレースです。

【2022年】菊花賞の過去の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
3歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別は世代限定戦のためありません。

【2022年】菊花賞の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-1810%10%10%
2枠5-2-0-1325%35%35%
3枠1-0-0-195%5%5%
4枠0-0-1-190%0%5%
5枠0-2-3-150%10%25%
6枠1-2-1-165%15%20%
7枠2-2-3-237%13%23%
8枠0-2-1-270%7%10%

枠順別のデータで見るとインコースはやはり有利です。長距離を走るということでコーナーのたびにロスが生じる外枠よりは内枠の方を狙うべきでしょう。

【2022年】菊花賞で馬券になった馬の前走

前走馬券内の頭数
神戸新聞杯17頭
セントライト記念7頭
その他9頭

過去10年で馬券内に入った馬の前走を調べて見ました。神戸新聞杯組にかなり顕著な数字が出ていますが、次点でセントライト記念組と順当にトライアル経由の馬が馬券になっています。合わせて古馬とのレースで勝ち上がってきた馬は特注です。

・トライアルで好走
・古馬とのレースで好成績を残している

【2022年】菊花賞のラップ傾向

ハロンタイム
1F12.9秒
2F11.9秒
3F11.9秒
4F12.5秒
5F12.3秒
6F12.4秒
7F13.2秒
8F13.1秒
9F12.6秒
10F12.6秒
11F12.5秒
12F12.1秒
13F12.0秒
14F11.7秒
15F12.2秒

菊花賞のラップ傾向です。コースが変わりますので参考程度に。

【2022年】菊花賞の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ドゥラメンテMotivator
2着エピファネイアディープインパクト
3着エピファネイアディープインパクト
20201着ディープインパクトUnbridled’s Song
2着エピファネイアディープインパクト
3着ディープインパクトNot For Sale
20191着ディープインパクトAcatenango
2着ディープインパクトSadler’s Wells
3着ジャスタウェイMonsun

過去10年で馬券内に入った馬の血統です。赤文字で示したディープインパクトにはまず注目したいところです。またエピファネイアは産駒の傾向から中長距離でより強いのでこのレース向きです。

【2022年】菊花賞の馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
ブラジルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ブラジルカップの過去傾向データと馬券予想 アイビーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】アイビーステークスの過去傾向データと馬券予想 富士ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】富士ステークスの過去傾向データと馬券予想 阪神競馬場|芝3000mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)阪神芝3000mの傾向データと特徴[2022年版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です