【2022年】アイビーステークスの過去傾向データと馬券予想

アイビーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年10月23日にアイビーステークス(アイビーS)が開催されます。このページではアイビーステークスの傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】アイビーステークスの概要と馬券のポイント

【東京】芝1800mコースイメージ

名称アイビーステークス(アイビーS)
格付けリステッド
コース東京 芝1800m
条件サラ系2歳(国際)(特指)・別定戦
賞金1着 1,700万円

アイビーステークスは東京の芝1800mで行われリステッド競走です。近年はリステッドとして中距離の格の高いレースとして整備されたことにより有力馬が集まりやすいレースとなってます。

アイビーステークスの馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 人気に現れない能力の見極めが重要
  2. サンプル少ないが外枠優勢
  3. キズナ・クロフネは要注目

アイビーステークスのコース解説

東京芝1800mのスタート地点は1~2コーナー付近のポケット地点。ポケット地点からコースに合流する2コーナーまでは150mほどしかなく序盤のポジション取りはタイト。その影響からか、逃げ馬の勝率が他のコースよりも悪いのが特徴。

東京芝1800mの詳細データはこちら

【2022年】アイビーステークスの配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝380円350円130円
馬連1,650円1,770円340円
馬単2,570円3,050円400円
3連複730円2,960円370円
3連単5,640円14,890円970円

3年で見ると3連単は頭数は考えると難しい傾向と言えます。馬券の組み合わせが難しく、上位人気の信頼度は高いとまでは言えないので、紐も含め難解だったりします。

【2022年】アイビーステークスの過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021ドゥデュース牡21:49.3
2020オーソクレース牡21:48.1
2019ワーケア牡21:48.1
2018クロノジェネシス牝21:48.6
2017コスモイグナーツ牡21:51.4
2016ソウルスターリング牝21:48.9
2015マイネルラフレシア牡21:48.4
2014コスモナインボール牡21:47.1

過去8年の勝馬です。以前は1400mのレースでした。近年はクラシックでも活躍できる馬の台頭が目立つので1800mに条件が変わった後の傾向を確認しましょう。2017年が不良馬場ですのでその年をイレギュラーとすると、馬のキャラクター的には速い上がりを使える馬が優勢です。

【2022年】アイビーステークスの過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気1-1-2-413%25%50%
2番人気3-0-2-338%38%63%
3番人気1-0-1-613%13%25%

アイビーステークスの過去7年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。サンプルが少ないのですが後から振り返ると「この馬強かったよね」と言える馬達です。つまり浅いキャリアで能力の全容が見えていないタイミングですので能力の見極めが重要です。

【2022年】アイビーステークスの過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
2歳0-0-0-00%0%0%

馬齢別は世代限定戦なのでありません。

【2022年】アイビーステークスの枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-1-0-613%25%25%
2枠0-1-1-60%13%25%
3枠1-0-1-613%13%25%
4枠3-0-0-538%38%38%
5枠0-0-1-70%0%13%
6枠0-2-2-50%22%44%
7枠3-1-1-530%40%50%
8枠0-3-2-50%30%50%

枠順別のデータを見るとまだ数が溜まっていませんが外が有利な傾向になっています。

【2022年】アイビーステークスのラップ傾向

ハロンタイム
1F12.9秒
2F11.4秒
3F11.9秒
4F12.6秒
5F12.7秒
6F12.7秒
7F11.6秒
8F11.2秒
9F11.9秒

アイビーステークスのラップ傾向です。この時期の2歳戦ということもあり、道中で12秒後半になってもラスト1Fがかなり落ちる傾向です。ゴール前の逆転も想定した馬券構築が必要です。

【2022年】アイビーステークスの血統・種牡馬の傾向

母父
20211着ハーツクライVindication
2着ハーツクライZoffany
3着ディープインパクトRainbow Quest
20201着エピファネイアディープインパクト
2着オルフェーヴルCandy Ride
3着キズナTeofilo
20191着ハーツクライOratorio
2着キズナクロフネ
3着ダイワメジャーCountry Reel

過去3年で馬券内に入った馬の血統です。主だった傾向は感じませんが、キズナエピファネイアが今後注目でしょうか。

【2022年】アイビーステークスの馬券傾向まとめ

  • 人気傾向
    人気薄
    1
    2
    3
    4
    5
    人気馬
  • 枠順傾向
    内枠
    1
    2
    3
    4
    5
    外枠
  • 血統傾向
    弱い
    1
    2
    3
    4
    5
    強い
東京競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)東京芝1800mの傾向データと特徴[2022年版] ブラジルカップの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ブラジルカップの過去傾向データと馬券予想 富士ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】富士ステークスの過去傾向データと馬券予想 菊花賞の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】菊花賞の過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です