【2022年】小倉大賞典の過去傾向データと馬券予想

小倉大賞典の馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)

どうも、スダケイバtwitterです。

2022年2月に小倉大賞典が開催されます。このページでは小倉大賞典の傾向について、過去のデータから予想の根拠となるポイントを分析していきます。

※データについてはJRAが発表する主催者情報を元に個人で独自に統計データとして集計し引用しております。馬券購入は利用者様ご自身の自己責任でお願いいたします。免責事項はこちら

【2022年】小倉大賞典の概要と馬券のポイント

【小倉】芝1800mコースイメージ

レース名小倉大賞典(こくらだいしょうてん)
格付けGIII
コース小倉 芝1800m
条件サラ系4歳以上(国際)(特指)・ハンデ戦
1着賞金4,100万円

小倉大賞典は小倉芝1800mで行われるハンデ戦です。ちょっと上のレベルでは足りない馬と冬にクラスを上げてきた馬の対決となるレースで個人的には馬券検討が面白いレースです。

【2022年】小倉大賞典の配当傾向

券種2021年2020年2019年
単勝2,380円1,810円600円
馬連3,150円22,460円1,840円
馬単9,920円53,960円3,540円
3連複32,190円35,750円79,120円
3連単231,750円323,980円379,540円

3年で見ると波乱傾向です。まともに馬券は組み立てにくいレースです。

【2022年】小倉大賞典の馬券のポイント(買いデータ・消しデータ)

  1. 人気の信頼度は低いレース
  2. ディープインパクトを狙いたい
  3. ハンデはあまり気にしなくて良いレース

【2022年】小倉大賞典の過去10年の勝馬(結果)

勝馬馬齢タイム
2021テリトーリアル牡71:45.5
2020カデナ牡61:48.3
2019スティッフェリオ牡51:46.7
2018トリオンフセ41:46.1
2017マルターズアポジー牡51:45.8
2016アルバートドック牡41:46.7
2014カレンブラックヒル牡61:48.3
2013ラストインパクト牡41:45.3
2012ヒットザターゲット牡51:46.4
2011エーシンジーライン牡61:46.3

小倉大賞典の過去10年の勝ち馬です。タイムは良馬場であれば1分45秒後半から46秒後半で見ておけばいいでしょう。

【2022年】小倉大賞典の過去10年の人気馬の勝率・連対率・複勝率

人気成績勝率連対率複勝率
1番人気2-2-1-520%40%50%
2番人気1-1-1-710%20%30%
3番人気2-0-0-820%20%20%

小倉大賞典の過去10年の上位人気の人気別勝率・連対率・複勝率です。人気馬の成績はあまり良くありません。この点からも人気馬だけに固執することなく、フラットに馬券検討をしたいですね。

【2022年】小倉大賞典の過去10年の馬齢別の勝率・連対率・複勝率

馬齢成績勝率連対率複勝率
4歳3-1-1-2311%14%18%
5歳3-2-6-298%13%28%
6歳2-2-0-316%11%11%
7歳2-3-2-188%20%28%
8歳0-2-0-130%13%13%
9歳~0-0-1-90%0%10%

馬齢別の成績です。4歳が馬券に多く絡んでいますね。また高齢馬も他の重賞競走と比べると馬券に絡んでいる印象です。ハンデ戦ということもあり、紛れが生じるとレースと捉えておいた方が良いでしょう。

【2022年】小倉大賞典の枠順別の勝率・連対率・複勝率

枠番成績勝率連対率複勝率
1枠1-4-3-96%29%47%
2枠3-1-0-1219%25%25%
3枠2-1-1-1610%15%20%
4枠2-0-0-1810%10%10%
5枠0-0-1-180%0%5%
6枠0-0-3-160%0%16%
7枠2-2-0-1610%20%20%
8枠0-2-2-160%10%20%

枠順別のデータを見るとやや内枠が優勢でしょうか。外枠も悪くはありませんので内枠がやや優勢ということは念頭に起きつつも、外枠を嫌う必要はありません。

小倉競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)小倉芝1800mの傾向データと特徴[2021年版]

【2022年】小倉大賞典のラップ傾向

 

ハロンタイム
1F12.3秒
2F11.3秒
3F12.0秒
4F11.8秒
5F11.7秒
6F11.8秒
7F11.7秒
8F11.8秒
9F12.3秒

小倉大賞典のラップ傾向です。他の重賞レースではこのコース形態を使用していませんので準OP・OPクラスとの比較です。ラップとしてはかなりイーブンラップになります。息の入りにくいレースと言えるでしょう。

【2022年】小倉大賞典のハンデ傾向

ハンデ馬券内に入った頭数
〜51.9キロ0頭
52.0~52.5キロ1頭
53.0~53.5キロ3頭
54.0~54.5キロ2頭
55.0~55.5キロ6頭
56.0~56.5キロ6頭
57.0~57.5キロ10頭
58キロ〜2頭

小倉大賞典のハンデ傾向です。重たい斤量の馬の成績が悪くありませんので基本的に斤量は気にしなくて良いレースかと思います。

【2022年】小倉大賞典の血統・種牡馬の傾向

母父
20211着TeofiloStreet Cry
2着キングカメハメハダンスインザダーク
3着ルーラーシップスペシャルウィーク
20201着ディープインパクトFrench Deputy
2着ディープインパクトコマンダインチーフ
3着ディープインパクトキングカメハメハ
20191着ステイゴールドMtoto
2着FrankelTanino Gimlet
3着ブラックタイドタニノギムレット

小倉大賞典の近3年の傾向です。ディープインパクトが一昨年1~3着を独占したようにディープインパクトがとても高パフォーマンスです。GIで足りない感じのディープインパクトが狙い目です。

【2022年】小倉大賞典の注目馬

想定が出次第更新予定です。
小倉競馬場|芝1800mの傾向データ(血統・枠・騎手・タイム・人気・脚質)小倉芝1800mの傾向データと特徴[2021年版] フェブラリーステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】フェブラリーステークスの過去傾向データと馬券予想 ダイヤモンドステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ダイヤモンドステークスの過去傾向データと馬券予想 京都牝馬ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】京都牝馬ステークスの過去傾向データと馬券予想 ヒヤシンスステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】ヒヤシンスステークスの過去傾向データと馬券予想 大和ステークスの馬券予想の根拠データと分析(過去10年の傾向と対策)【2022年】大和ステークスの過去傾向データと馬券予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です